カジヒデキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カジヒデキ
Hideki Kaji
基本情報
出生名 加地 秀基
別名 カジ君、ミスター・スウェーデン
出生 1967年5月8日(47歳)
出身地 日本の旗 日本 千葉県富津市
血液型 AB型
ジャンル J-POP
ギターポップ
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
音楽プロデューサー
担当楽器 ボーカル
ギター
ベース
キーボード
活動期間 1989年 -
レーベル トラットリア
Felicity
BLUE BOYS CLUB
公式サイト http://hidekikaji.net/

カジ ヒデキ(本名:加地 秀基1967年5月8日 - )は、日本ミュージシャン音楽プロデューサー

経歴[編集]

千葉県富津市出身。Neurotic Dollのベーシストとしての活動を経て1987年11月ロリポップ・ソニック(後のフリッパーズ・ギター)のライブを見て彼らに影響を受け、1989年にブリッジを結成。トラットリアから数枚のCDを発表後、1995年に解散。

ブリッジ解散後、同じくトラットリアから1996年に「マスカット E.P」でカジヒデキとしてソロデビュー。1997年に発表したファースト・ソロ・アルバム『ミニ・スカート』はオリコンチャート4位を記録。ネオアコギターポップを基調とした爽やかで軽快な音楽性とキャラクター、ファッションやライフスタイルなどで注目を集める存在となる。

ソロ活動以外にもCM曲の作曲、Chocolat加藤紀子HIROMIXフェイ・ウォンなどの他アーティストへの楽曲提供やプロデュースなどを行っている。

かつては、FM802DJスペースシャワーTVVJを担当していた。 大のサッカーフリークで、チェルシーFCのシーズンチケットを保有していたこともある。2001-02シーズンより『Foot!』(J SPORTS)のテーマソングを年1曲のペースで提供している。

2008年7月より原宿アストロホールにて自らの主催するイベント"BLUE BOYS CLUB"をスタート。また、2008年の映画『デトロイト・メタル・シティ』でエンディングテーマ曲である「甘い恋人」のプロデュースや、出演(ストリートライブや根岸役の松山ケンイチの唄パートの当て振り)するなどした。

2009年8月にはサマーソニックに出演。10月には英国、スウェーデン、日本の多数のミュージシャンが参加したフル・アルバム『STRAWBERRIES AND CREAM』をリリースした。

2010年にはフジロックフェスティバルに出演するなどライヴ・ツアーを行う。9月8日にはriddim saunterと「カジヒデキとリディムサウンター」という名義で7インチレコード「亜熱帯ガール/ HAPPY TALK」をリリース。また同名義で11月3日にアルバム『TEENS FILM』をリリースした[1]

2012年に主催イベントと同名の自主レーベルBLUE BOYS CLUBを設立。第1弾作品としてアルバム『BLUE HEART』を5月16日にリリースした。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

ミニアルバム[編集]

その他[編集]

映像作品[編集]

関連項目[編集]

  • ブリッジ - カジが在籍していたバンド。
  • 渋谷系 - 1990年代に日本で起こった音楽ムーブメント、ジャンル。カジも「渋谷系」にカテゴライズされていた。
  • トラットリア - 以前所属していた小山田圭吾主宰のレコードレーベル。
  • デトロイト・メタル・シティ - 映画に出演、楽曲提供、またカジをモチーフとしたキャラクターが登場している。
  • 千葉県立袖ヶ浦高等学校 - 母校。
  • Foot! - テーマ・ソングを担当。プロデューサーの田口賢司をフットボール(サッカー)の心の師のひとり(もうひとりはFelicty主宰の櫻木景)と仰ぐ。

脚注[編集]

  1. ^ カジヒデキとリディムサウンターが強力タッグを結成、11月にアルバムをリリース!」 CDJournal.comニュース、2010年10月5日。

外部リンク[編集]