アン・マレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Anne Murray
アン・マレー
アン・マレー}
アン・マレー
基本情報
出生名 モーナ・アン・マレー(Morna Anne Murray)
出生 1945年6月20日(69歳)
出身地 カナダ
ジャンル ポップ
職業 シンガー
担当楽器 ボーカル
活動期間 1970年
公式サイト Annemurray.com

{{{Influences}}}

アン・マレーAnne Murray、本名:Morna Anne Murray、1945年6月20日 - )は、カナダ出身の女性歌手

来歴[編集]

  • デビューする前は高校で体育教師をしていた[1]
  • 1970年、初のヒット「スノーバード」が米ビルボード誌HOT100で8位まで上昇。代表曲の「ラブ・ソング」はケニー・ロギンズの作曲。ケニー・ロギンズは、アンの73年の「ダニーの歌」も提供している。74年度にはグラミー賞の最優秀カントリー女性歌手賞を受賞。74年には「ユー・ウォント・シー・ミー」もヒット。「辛い別れ」(ランディ・グッドラム作)で78年度グラミー賞の最優秀ポップ女性歌手賞を受賞。
  • 「辛い別れ」(ユー・ニーデッド・ミー)は米ビルボード誌HOT100で第1位を記録した。これはカナダ出身の女性ソロ・シンガーとしては史上初の快挙である。これ以降も「思い出にさようなら」(カーペンターズと競作。全米12位)、「月影のふたり」(全米25位)、79年の「愛の残り火」(全米12位。ヒューマン・リーグのものとは同名異曲)、80年の「デイドリーム・ビリーバー」(モンキーズのカバー。全米12位)、「踊りましょう」(映画『アーバン・カウボーイ』挿入歌)など、バラードを中心にヒット曲を連発した。
  • 2007年にはセリーヌ・ディオンサラ・ブライトマンら豪華なゲスト陣を迎えたアルバム“Duets - Friends & Legends”を発表。現在もカナダをベースとして現役で活動中である。
  • オリジナル楽曲のほか、ビートルズ(「ユー・ウォント・シー・ミー」「デイ・トリッパー」「すてきなダンス」)、モンキーズ、エヴァリー・ブラザーズ(“Walk Right Back”。アンのバージョンの邦題は「淋しい日々」)などの往年のヒット曲を数多く取り上げている。また、逆に彼女のデビュー・ヒット「スノーバード」はエルヴィス・プレスリーによってカバーされている。

備考[編集]

  • 「辛い別れ」(原題:"You Needed Me")は1980年、TBS金曜ドラマ『幸福』(脚本:向田邦子)の主題歌に採用された。そのため「辛い別れ」の日本盤シングル・ジャケットには、アン・マレーのアーティスト写真のみを使用した通常のものと、『幸福』の出演者である岸恵子竹脇無我岸本加世子中田喜子の写真をコラージュしたもの(アン・マレーの写真も小さく掲載)の2種類が存在する。

ディスコグラフィ[編集]

  • LP:一番大切なもの 日本 1974 CAPITOL/東芝EMI ECS-80094
  • LP:トゥゲザー 日本 1975 CAPITOL/東芝EMI ECS-80356
  • LP:愛のゆりかご 日本 1977 CAPITOL/東芝EMI ECS-81213
  • LP:愛の残り火 日本 1979 CAPITOL/東芝EMI ECS-81272
  • LP:倖わせの岸辺 日本 1980 CAPITOL/東芝EMI ECS-81319
  • LP:夢を求めて 日本 1981 CAPITOL/東芝EMI ECS-91020
  • LP:AN MURRAY'S GREATEST HITS USA 1980 CAPITOL SOO-12110

ほか、多数

出典[編集]

  1. ^ ローリングストーンレコードガイド262ページ 講談社1982年3月20日発行

外部リンク[編集]