木之内みどり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木之内 みどり
基本情報
出生名
出生 1957年6月10日(56歳)
血液型 O型
学歴 明治大学附属中野高等学校 卒業
出身地 日本の旗 日本北海道
ジャンル アイドル歌謡曲
職業 歌手女優
活動期間 1974年 - 1978年
レーベル NAVレコード
事務所 浅井企画
共同作業者 松本隆吉田拓郎財津和夫

木之内 みどり(きのうち みどり、1957年6月10日 - )は、北海道出身の日本の元アイドル歌手、元女優である。1976年時点の公称サイズは、身長163 cm、体重42 kg、 B 78 cm、W 57 cm、H 84 cm[1]

来歴・人物[編集]

北海道小樽市に生まれる。9人兄妹の末っ子。15歳中学3年生のときに、日本テレビの「ミス・ティーン・コンテスト」に応募するが準優勝、望みは叶わず[2]

「家を建てたい」と16歳の8月、小樽から上京する、歌謡番組のマスコットガールで芸能界入りのきっかけを掴んだ[3]1974年5月10日、16歳のときに「めざめ」で歌手としてデビュー、キュートな顔立ちと愛らしい歌声で人気を集めた。本業の歌手としてはレコードの売り上げが伸びないのにもかかわらず、ブロマイドが飛ぶように売れる怪現象を起こした。1976年(昭和51年)ヘアートリートメントのCMに出演し、お茶の間にも知名度を上げたが、歌手としてはなかなか成功できず、映画『野球狂の詩』(1977年)、テレビドラマ『刑事犬カール』(1977年 - 1978年)などに出演[4]、女優として活躍した。またグラビアアイドルとしても人気が高く、篠山紀信撮影で知られる『GORO』(小学館)の表紙を6回も飾った。そのうち1978年には3回を占め、ラストは引退後の1978年10月12日号であった[5]

1977年10月25日発売の『刑事犬カール』の主題歌「走れ風のように」や1978年2月25日発売の「横浜いれぶん」がようやくヒットしたが、1978年1月19日に放送開始した『ザ・ベストテン』にはランクインせず、『夜のヒットスタジオ』にも出演を果たせなかった[6]

1978年9月、新曲「一匹狼 (ローン・ウルフ)」発表直後にベーシスト後藤次利との交際が発覚し、米国ロサンゼルスでレコーディング中の後藤のもとに、すべてのスケジュールをキャンセルして逃避行した。後藤は当時、元シモンズの玉井タエと婚姻関係にあった。同年9月11日、帰国ともに記者会見を開き、木之内は21歳で引退した。「子どものできるようなことはしていません」のセリフを残す。人気絶頂期の突然の引退に、芸能界のみならず一般でも一時期騒然となった。新曲は記者会見の10日後の発売であった。5年後の1983年、木之内は後藤と結婚したが、4年後の1987年に離婚した。

1990年、俳優の竹中直人と再婚した。竹中との間に2人(1女、1男)の子供がいる。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  1. めざめ、1974年5月10日 - デビュー曲
    (c/w) 月夜の出来事
  2. あした悪魔になあれ、1974年9月10日
    (c/w) その目がこわい
  3. ほほ染めて、1975年1月25日
    (c/w) 誰かが見つめてる
  4. おやすみなさい、1975年7月25日
    (c/w) いかないで
  5. 学生通り、1976年2月25日
  6. グッドフィーリング、1976年7月25日
  7. 東京メルヘン、1976年11月25日 →1984年に松尾久美子がカバー。
  8. ジュ・テーム、1977年4月25日
  9. イマージュ、1977年8月10日
  10. 走れ風のように、1977年10月25日
  11. 横浜いれぶん、1978年2月25日
  12. 無鉄砲、1978年6月25日
  13. 一匹狼 (ローン・ウルフ)、1978年9月21日

アルバム[編集]

  1. あした悪魔になあれ (1974年10月10日)
    1. あした悪魔になあれ
    2. 月夜の出来事
    3. みずいろの手紙
    4. その目がこわい
    5. ガラスの靴
    6. めざめ
    7. ロコモーション
    8. レモンのキッス
    9. 悲しき天使
    10. トップ・オブ・ザ・ワールド
    11. 悲しき16才
    12. ジャンバラヤ
  2. 十八歳の今 (1975年12月21日)
    1. おやすみなさい
    2. ひと月おくれのクリスマス
    3. ひまわりの小径
    4. 誰かが見つめてる
    5. いかないで
    6. お嫁に行けないの
    7. 雪の匂い
    8. 春の風が吹いていたら
    9. ほほ染めて
    10. 黄色いカナリア
    11. あの素晴らしい愛をもう一度
  3. 透明のスケッチ (1976年5月25日)
    1. 学生通り
    2. 涙が微笑みにかわるまで
    3. 別れの季節
    4. 何も言わないで
    5. 雨のひとりごと
    6. ひととき
    7. 帰れない私
    8. シェルブールの雨傘
    9. 昨日にさよなら
    10. 不思議な朝
    11. いじっぱりな私
    12. レモン色の午後
  4. グッド・フィーリング (1976年9月25日)
    1. 私は今…
    2. ふたりのキャンパス
    3. お話し中のあなたへ
    4. マロリーの歌
    5. グッド・フィーリング
    6. みどりの季節
    7. グッドバイ、18
    8. 氷イチゴの頃
    9. 秋の手紙
    10. 兄貴ごめんね
    11. さくら貝の秘密
  5. 硝子坂 (1977年2月25日)
    1. 東京メルヘン
    2. フルーツ
    3. ヨーヨー
    4. ゆめまくら
    5. シティー・ライト
    6. 五月雨
    7. ありったけさわやかに
    8. 明日からごめんね
    9. Good-bye
    10. 硝子坂
    11. サヨナラの後に…
  6. ジュ・テーム (1977年7月25日)
    1. エニータイム・サンシャイン
    2. ふっと幸せ…
    3. 日時計
    4. 色づく夜に
    5. 愛の子守唄
    6. ジュ・テーム
    7. スキャンダル・スカイ
    8. 青い鳥どこへ
    9. 悲しい夢
    10. 愛は風に乗って
    11. バラードの偽り
  7. 横浜いれぶん (1978年3月25日)
    1. Yellow & Blue
    2. 横浜いれぶん
    3. 独白(モノローグ)
    4. ビュッフェから
    5. さよならの理由(わけ)
    6. まだ手探りしている天使
    7. チャイナ・ドール
    8. ハーフ・ムーン
    9. 水かがみ
    10. 悪魔になれない
  8. 苦いルージュ (1978年7月25日)
    1. 漂いながら…
    2. MON AMOUR、I LOVE YOU
    3. サマー・フェスティバル
    4. 海の百合
    5. ひと夏の兄妹
    6. 渇いた都会
    7. NO、NO、NO
    8. 苦いルージュ
    9. 木曜にはきっと…
    10. 白い馬
  9. お元気ですか? 木之内みどり with Love (1982年9月21日)
    1. 硝子坂
    2. 学生通り
    3. グッド・フィーリング
    4. 東京メルヘン
    5. 横浜いれぶん
    6. 無鉄砲
    7. 嘆きの天使(未発表曲)
    8. さくら貝の秘密
その他、ピクチャーCDなど、レコード会社の企画でベスト盤が何度か出ている。

フィルモグラフィ[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

映画[編集]

[編集]

  1. ^ 週刊朝日』1976年5月21日号147頁。
  2. ^ 『週刊朝日』1976年5月21日号。
  3. ^ 『週刊朝日』1976年5月21日号。
  4. ^ 週刊アサヒ芸能 2012年6月28日特大号 俺たちが愛した美少女選抜BEST30 第1弾・70年代編
  5. ^ GORO』(小学館)の1975年10月23号、1976年5月13日号、1977年5月26日号、1978年2月23日号、同年6月22日号、同年10月12日号のそれぞれ表紙を参照。
  6. ^ ザ・ベストテン登場歌手一覧」、「夜のヒットスタジオ出演歌手一覧」の各項の記述を参照。