スリム・ピケンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スリム・ピケンズ
Slim Pickens
スリム・ピケンズSlim Pickens
映画『博士の異常な愛情』のピケンズ。右の封筒を受け取っている人物。
本名 ルイス・バートン・リンドレイ・ジュニア(Louis Burton Lindley, Jr.)
生年月日 1919年6月29日
没年月日 1983年12月8日(満64歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州キングスバーグ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州モデスト
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 マーガレット・"マギー"・ピケンズ(Margaret "Maggie" Pickens)
主な作品
博士の異常な愛情

スリム・ピケンズ(Slim Pickens 1919年6月29日 - 1983年12月8日)、本名ルイス・バートン・リンドレイ・ジュニア(Louis Burton Lindley, Jr.)は、アメリカ俳優ロデオパフォーマー。しばしば「尊大でタフで皮肉屋なカウボーイ」というキャラクターを演じた。また『博士の異常な愛情』や『ブレージングサドル』などコメディ映画、テレビ映画などへの出演も多い。声優としてナレーションの吹き込みなども行なっている。

略歴[編集]

若年期[編集]

スリム・ピケンズことルイス・バートン・リンドレイ・ジュニアは、カリフォルニア州キングスバーグにて、母サリー・モーシャー(Sally Mosher)と父ルイス・バート・リンドレイ・シニア(Louis Bert Lindley, Sr)の間に生を受けた。彼は4歳の頃から乗馬を始め、12歳になる頃にはロデオを始める為に学校を退学した。周囲からはロデオを始めた事について「ほんの少しの金(slim pickings)」が欲しいのだろうと言われていたが、彼はやがて有名なロデオ・クラウン英語版となった。また、slim pickingsの語は後に彼が名乗る芸名の元となった。

20年以上ロデオ・サーキットで務めた後、俳優としてのオファーがあった。彼が話す独特な(カリフォルニア生まれであったにも関わらず)オクラホマ・テキサス訛りの英語や幅広の目、丸い輪郭などの特徴が好まれ、1950年にエロール・フリンが主演した西部劇『勇魂よ永遠に』(原題:Rocky Mountain)に出演した。彼はレックス・アレン英語版のように悪役や主人公側の相棒などの様々な役回りで多くの西部劇に出演した。

映画俳優として[編集]

水爆と共に投下されるコング少佐。『博士の異常な愛情』より

その後、ピケンズは西部劇やコメディを中心にいくつもの映画へ出演を果たす事になるが、最も注目されたのはスタンリー・キューブリックが監督したブラック・コメディ映画『博士の異常な愛情』でのB-52爆撃機の操縦士T・J・"キング"・コング少佐(T.J. "King" Kong)であろう。

ピケンズは後に、コング少佐こそが自らのキャリアにおけるターニングポイントであったと認めている。例えば撮影現場で以前は「おい、あんた」(Hey you)と呼ばれていたのに、『博士』出演後は「ピケンズさん」(Mr. Pickens)と呼ばれるようになったという。彼は「『博士』に出演してからというもの、役柄とか楽屋とか、とにかく何もかもが大きいものになった訳だ」と語っている。ピケンズはまた、キューブリックが手がける『博士』の撮影がそれまで出演した映画と大きく異なった事に驚いていたという[1]。実際、コング少佐が投下される水爆に跨ってロデオのように掛け声を上げてカウボーイハットを振り回す有名なシーンは100回以上撮り直されたという。

1970年代後半、ピケンズは映画『シャイニング』のディック・ハロラン料理長役のオファーを受けたが、ピケンズ側は自分の出演シーンの撮り直しを100回未満に抑えよという要求を上げた[2]。この点での同意が得られなかった為、ピケンズのエージェントはスキャットマン・クローザースのエージェントに台本を回した。結局、実際の撮影ではクローザースがハロラン役を演じた[3]

受賞[編集]

1982年、ピケンズはオクラホマシティのカウボーイ・アンド・ウェスタン・ヘリテージ博物館にて、ウェスタン・パフォーマーとして殿堂入りした。またコロラド・スプリングスのプロ・ロデオ・カウボーイ・ホールでは、ロデオ・クラウンとしての殿堂入りを果たしている。

私生活[編集]

晩年はカリフォルニア州トゥオルミ郡コロンビアにて妻とともに過ごした。彼は双発機の民間パイロットの資格を持っており、飛行の際には『博士』のコング少佐と同じく米空軍の飛行服とカウボーイハットを身に着けていたという。1983年12月8日、脳腫瘍の手術を受けた後に死去した。

なお、弟のサミュエル・T・リンドレイもイージー・ピケンズ英語版の芸名で俳優活動を行なっている。サム・ペキンパーが監督した『砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード』では、兄弟での共演を果たしている。

主な出演作[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1953 太陽は光り輝く
The Sun Shines Bright
スターリング
1954 西部の掟
The Boy from Oklahoma
ショーティー
1955 サンタフェへの道
Santa Fe Passage
サム・ビークマン
アラモの砦
The Last Command
エイブ
1956 機関車大追跡
The Great Locomotive Chase
ピート・ブラッケン
1958 縄張り
The Sheepman
保安官
1961 片目のジャック
One-Eyed Jacks
ロン・デリック
独立騎兵隊
A Thunder of Drums
Erschick
1964 博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか
Dr. Strangelove or: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb
キング・コング少佐
1965 ダンディー少佐
Major Dundee
ワイリー
危険な道
In Harm's Way
Culpepper
渚のたたかい
Up from the Beach
大佐
1966 駅馬車
Stagecoach
バック
復讐のガンファイター
An Eye for an Eye
アイク
1967 ジェリコ
Rough Night in Jericho
ヤーボロー
恋とペテンと青空と
The Flim-Flam Man
ジャーヴィス・ベイツ
1968 ウィル・ペニー
Will Penny
アイク
怪盗大旋風
Never a Dull Moment
カウボーイ・シェーファー
猛将カスター
The Legend of Custer
カリフォルニア・ジョー・ミルナー
1969 逆襲死の谷
The Desperate Mission
スリーフィンガー・ジャック テレビ映画
80歩大行進
80 Steps to Jonah
スコット
シシリー要塞異常なし
Rosolino Paternò, soldato...
マックスウェル将軍
1970 砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード
The Ballad of Cable Hogue
ベン・フェアチャイルド
1971 デザーター/特攻騎兵隊
The Deserter
タティンジャー
1972 11人のカウボーイ
The Cowboys
アンセ
ロデオに生命を賭けた男
The Honkers
クレート
ゲッタウェイ
The Getaway
トラックのカウボーイ
1973 ビリー・ザ・キッド/21才の生涯
Pat Garrett & Billy the Kid
ベイカー保安官
1974 ブレージングサドル
Blazing Saddles
タガート
1975 荒野にさすらう若者たち
Rancho Deluxe
ヘンリー・ベイジェ
チビッ子ギャング台風
The Apple Dumpling Gang
フランク・スティルウェル
爆走トラック'76
White Line Fever
デュエイン・ホーラー
愛のメダリスト
Babe
マコムズ監督 テレビ映画
1976 ハンプス
Hawmps!
タッカー
1977 Mr.ビリオン
Mr. Billion
ホーキンス
ホワイト・バッファロー
The White Buffalo
アベル
チカラ
The Shadow of Chikara
ヴァージル・ケイン
1978 スウォーム
The Swarm
ジャド・ホーキンス
1979 ポセイドン・アドベンチャー2
Beyond the Poseidon Adventure
テックス
1941
1941
ホリス・P・ウッド
ブラックホール
The Black Hole
B.O.B.
1980 白銀に賭ける恋
Swan Song
ジョージ テレビ映画
トム・ホーン
Tom Horn
サム・クリードモア
忍冬の花のように
Honeysuckle Rose
ガーランド・ラムゼイ
1981 ハウリング
The Howling
サム・ニューフィールド

脚注[編集]

  1. ^ スリム・ピケンズの経歴 - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  2. ^ Haskins, James; Crothers, Helen (1991). Scatman: An Authorized Biography of Scatman Crothers. W. Morrow. p. 178. ISBN 0688085210. 
  3. ^ Baxter, John (1997). [books.google.com/books?id=PKMZ4_i60LYC&pg=PA315 Stanley Kubrick: A Biography]. Basic Books. p. 315. ISBN 0786704853. books.google.com/books?id=PKMZ4_i60LYC&pg=PA315. 

外部リンク[編集]