onちゃんの仲間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

onちゃんの仲間とは、北海道テレビ放送(HTB)のマスコットキャラクターであるonちゃんと同じパレード星人を意味する。

概要[編集]

1997年にonちゃんが誕生した頃、onちゃん以外のキャラクターは作られていなかった。しかし、『水曜どうでしょう』の企画である「十勝二十番勝負」の3回目に、オンネトーの風呂場に入れたonちゃん人形の「o」と「n」を付け替えて遊んでいたことがきっかけで他のキャラクターが誕生した(これは大泉洋の発言による)。また同回でミスターが「o」とnを反対にした「u」を組み合わせたouちゃんもこの回がきっかけとされている。

以下のキャラクターの容姿や概要は、『ユメミル、アニメ「onちゃん」』の映像と下記の外部リンクを参照。

onちゃんとその家族[編集]

on(オン)ちゃん
右目が「o」、左目が「n」で、体は黄色い。好奇心がいっぱいでとても前向き。好きな食べ物はチーズ、牛乳、トウマラカス(トウモロコシマラカスが合体したような架空の食べ物)。
ぐち
onちゃんのペット。薄いオレンジ色の体で細長く、四足で歩く。パレード星にいた時からずっと一緒に付いている。
onママ
onちゃんの母親。赤みのあるベージュ色の卵型の体で、黄色の髪と白のエプロンが特徴。料理が得意で、趣味はガーデニング。
onパパ
onちゃんの父親。ベージュ色の卵型の体で、薄い赤色の帽子、ちょびひげ、腹巻が特徴。趣味は隕石を集めること。職業がパレード星の外交官であるためか、宇宙を忙しく飛び回っている。

noちゃんの仲間[編集]

no(ノー)ちゃん
右目が「n」、左目が「o」(onちゃんとは目の文字が反対。onちゃんたちへ強い憎しみや企みを持った時は、半月状の鋭い目になることがある)で口が左に若干つり上がっており体は真っ黒、初登場時には「ブラックnoちゃん」の呼び名もあったが現在では「noちゃん」に統一されている。手足はonちゃん及び他のパレード星人と違い、尖っている。一人称は「俺様」で、時たま槍を持っている。辛い、苦い、焦げた食べ物が好きで、何事も反対に考える。onちゃん同様、「キャタゴン」というペットを飼っている。将来の夢は海賊と世界征服。
幼い頃、onちゃんにかくれんぼで見つけてもらえなかったため、意地悪とライバル視をするようになった。唯一、onちゃんを「on」と呼び捨てにしている。ただ、okちゃんには好意を寄せている可能性がある。
自身が(時々ouちゃんと手を組んで)行う意地悪は、逆に善意と取られるか、自らがドジを踏む。
『水曜どうでしょう』では、TEAM NACS音尾琢真が、着ぐるみの中に入って演じている(詳細は水曜どうでしょう#onちゃんの活躍を参照)。こちらのnoちゃんは『ユメミル、アニメ「onちゃん」』の時と違って腰が低い性格である。
なお『鈴井の巣』のトーク時に、onちゃんのぬいぐるみの目の部分をnoに改造したぬいぐるみが使用されていたが、noちゃんとは一切関係ない物である。
キャタゴン
noちゃんのペットで、建設機械や戦車に使われる無限軌道が胴体で、鋭い目と歯が頭部となる。全身はnoちゃんと同じく真っ黒。設定では直進しかできないことになっているが、10周年記念アニメでは器用に体を反ったり、曲げたりしている。
野良だった時にnoちゃんに拾われて育てられた恩があるため、 noちゃんにしか懐かない。理由は不明だが、onちゃんのペットである「ぐち」をライバル視している。なお「ぐち」と違って、言葉を発することがあり、noちゃんのことを「先輩」と呼んでいる。
ou(オウ)ちゃん
薄い紫色で、ナスビに似た体をしている。noちゃんとは仲がよく、良き理解者でもある。noちゃんのことは「兄貴」と呼んでいる。何かと「オウ!オウ!」といちゃもんを付けることがあるが、その割には気が弱い。絵がとても上手。

okちゃんとその家族[編集]

ok(オッケー)ちゃん
右目が「o」、左目が「k」で、体はピンク色。onちゃんとは幼なじみであり、ガールフレンドの関係である。趣味はショッピングと占いで、好きな食べ物はイチゴとケーキ。
okちゃんが生まれた1998年当時、『水曜どうでしょうのonちゃん』こと安田顕は「シェフ大泉 車内でクリスマスパーティー」にて「簡易onちゃん」の時に、藤村忠寿ディレクターからガールフレンドのokちゃんがいることを聞かされ、安田自身が酔っていた事もあり「売れてんですか?」「へぇ~ 素敵じゃないの」と、okちゃんの存在自体をどうでも良さそうにしていた。
okママ
okちゃんの母親。ピンク色の卵型の体で、薄いオレンジ色の髪と白のエプロンが特徴。菓子職人であるokパパを心から尊敬しており、天才パティシエである。
okパパ
okちゃんの父親。薄いピンク色の卵型の体で、薄いオレンジ色の髪とシェフの服装が特徴。頑固な菓子職人であるが、okママが思いついた菓子には頭が上がらない。
趣味は、娘の成長を秘密の日記に記録すること。

onちゃんの友達[編集]

てんこちゃん
薄いオレンジ色の体で、目は点。頭に花の飾り物がある。常に何かを食べているのが特徴。お菓子の銘柄は匂いで判別でき、おやつの時間は忘れない。
me(ミー)ちゃん
右目は「m」、左目は「e」。赤みの掛かったピンク色の卵型の体で、頭に途中でカールの掛かった長い髪の毛のようなものが1本付いている。特にokちゃん、てんこちゃんとは仲良し。三人組では長女のような関係。「ポンピコ町の情報通」と呼ばれていて、新しい情報が入ったら真っ先にonちゃんたちへ知らせる。情報収集のためにいつもペンとメモ帳を持ち歩いている。また流行にも敏感(ミーハー)で、おしゃべり。噂話が好きで、悪気が無くても余計なことを言う時がある。
トマルくん
目が「!」で、青緑色の角張った体に手があり、これとは別に足(クラゲのような触手?)が5本ある。音楽の演奏が得意。かなりの怖がりで、驚くと氷のようにすぐに固まる(水を飲ませると元に戻ることがある)。
なぞなモシー
目が「?」で、薄い紫色の体に、頭にクリーム色の帽子(?)を被っており、足がオレンジ色の何か(?)でできている(歩くというよりは飛び跳ねながら移動する)。博士には質問ばかりして困らせており、せかせかと動く。語尾に「モシ~」と付くことがある。一人称は「おいら」か「モシ(わし)」。

発明家コンビ[編集]

博士
目は「o」でメガネを掛けている(そのためか「@」マークに見える)。暗い水色の体に手が8本(?)ある。頭には触手(?)と白い髪の毛がある。近所で有名な発明家であるが、計画性はほぼ「0」に近い。これは思い立ったらすぐに行動する性格のためだと思われ、そのためか今まで発明したものはほとんどが失敗に終わっている。
助手
目は細長い線で、暗い黄緑色の体に手が8本(?)あり、頭の1本の触手(?)の先端にある電球は交換が可能。博士を尊敬しており、怪しい研究を手伝っている。

人情兄弟[編集]

an(アン)ちゃん
右目は「a」、左目は「n」で、半楕円形の青い体にクリーム色の髪がある。義理と人情には厚く、喧嘩の仲裁に入ることがある。anちゃん自身が作るお菓子はいつも塩辛い。
oh(オー)ちゃん
右目は「o」、左目は「h」で、赤みの掛かったオレンジ色に、かまぼこの断面のような形をした体をしている。兄はanちゃんで、普段は共に行動しているが、onちゃんたちと行動する際はohちゃんだけの時が多い。

その他のキャラクター[編集]

かしまし花
6枚の葉があり、真ん中に顔が付いている。ポンピコ星にある三角池に群生しているため、出くわすと話に付き合わされ、しつこくついてくることがある。過去に、noちゃんとokママを話に付き合わせた。ただ、噂好きなmeちゃんとはいつまでも話をしており、トマルくんとは自身が演奏する音楽に共感している。なお、葉の色は赤、オレンジ、ピンクの3種類が存在する。
ピピ
背中は薄い水色、腹は白色で、名付け親はokちゃん。可愛く「ピピ」と鳴くことから。親鳥からはぐれ、左の羽にけがをして飛べなくなっていた所をokちゃんに助けられ、けがが治るまで看病された後に空へと羽ばたいていった。好物はベリーベリーの実。
いじわるツリー
いじわる森に立つ木で、出題された問題を解かない限りその場を通さない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

onちゃんのページ ユメミル、アニメ「onちゃん」