ブラックホール (1979年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブラックホール
The Black Hole
監督 ゲイリー・ネルソン
脚本 ゲイリー・デイ
ジェブ・ローズブルック
原案 ジェブ・ローズブルック
ボブ・バーバッシュ
リチャード・H・ランドー
製作 E・カードン・ウォーカー
製作総指揮 ドン・B・テータム
音楽 ジョン・バリー
撮影 フランク・フィリップス
編集 グレッグ・マクローリン
配給 アメリカ合衆国の旗 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1979年12月21日
日本の旗 1980年12月20日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $35,841,901[2]
テンプレートを表示

ブラックホール』(原題: The Black Hole)は、1979年アメリカSF映画

1980年アカデミー撮影賞視覚効果賞ノミネート作品。日本公開時のキャッチコピーは「もうすぐ宇宙は発狂する。」

ストーリー[編集]

NASAの宇宙探索船パロミノ号は地球への帰還途中、史上最大級のブラックホールに遭遇した。

調査を進める乗組員たちはブラックホールのすぐ近くに、20年前に消息を絶ったアメリカの超大型宇宙船シグナス号を発見する。シグナス号は巨大な引力を持つブラックホールの間近にいながらも、それに引き込まれずに宇宙空間を平然と漂っていた。

シグナス号に乗り移ったパロミノ号一行を待っていたのは、銀色の仮面と黒装束に身を包んだヒューマノイド達と、シグナス号を管理する不気味なロボット・マクシミリアン。そして天才科学者にしてシグナス号の唯一の生き残り、ラインハート博士だった。

登場キャラクター[編集]

ハンス・ラインハート博士
天才的な科学者で、人類史上最大の宇宙船・シグナス号の艦長。ブラックホールの重力を遮断するシステムと、ブラックホールにも吸い込まれないほどの出力を持つ動力源“シグニウム炉”を開発。ブラックホールの秘密を解き明かそうとしている。
アレックス・デュラント博士
天体物理学者。ラインハート博士の考えに共感するが、20年前に起きた真実を知り…。
ダン・ホランド
パロミノ号の船長。
ハリー・ブース
ジャーナリスト。シグナス号から1人でパロミノ号で脱出しようとする。
チャールズ・パイザー中尉
宇宙船一等航海士。
ケイト・マックレイ博士
天体地球物理学者。V.I.N.CENTとテレパシーで会話ができる。ラインハート博士に捕らわれる。
V.I.N.CENT
感情を持った小型ロボット。形式番号396。身長92cm、重量47kg。
作業用マニピュレータ4基、レーザーガン2基、ドリル・アーム1基を内蔵。反重力ホバリング装置で宙に浮いて移動する。音声認識装置で地球上のほとんどの言語を話すことができ、テレパシー能力も持っている。
名前は"Vital Information Necessary CENTerized(必要関連情報集中装置)"の略。
B.O.B
倉庫で発見されたボロボロの小型ロボット。修理されること無く各所が破損しており、片方の反重力ホバリング装置が無くなっている。オールドボブとも呼ばれ、アメリカ南部訛りで喋る。
名前は"BiO-sanitation Battalion"の略。
マクシミリアン
シグナス号の管理やラインハート博士の護衛、ロボット達の指揮をする真紅のロボット。身長193cm、重量115Kg。
レーザーやドリルの付いた6本の腕やロケットブースター、対レーザー装甲を持つ。ラインハート博士の開発した小型シグニウム炉を動力源としている。V.I.N.CENTと同様に反重力装置で宙を移動する。言葉は発しないが意思や感情を持っている。
キャプテンS.T.A.R
レーザーで武装した警備用ロボットの隊長格。おんぼろロボットのB.O.Bを馬鹿にしている。訓練中にV.I.N.CENTと射撃対決をするが、V.I.N.CENTの放ったレーザーが胸に当たり行動不能に。
名前は"Special Troops/Arms Regiment"の略。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ハンス・ラインハート博士 マクシミリアン・シェル 横内正
アレックス・デュラント博士 アンソニー・パーキンス 野沢那智
ダン・ホランド ロバート・フォスター 金内吉男
ハリー・ブース アーネスト・ボーグナイン 富田耕生
チャールズ・パイザー中尉 ジョセフ・ボトムズ 津嘉山正種
ケイト・マックレイ博士 イヴェット・ミミュー 野際陽子
キャプテンS.T.A.R トミー・マクローリン
V.I.N.CENTの声 ロディ・マクドウォール 鈴置洋孝
B.O.Bの声 スリム・パーキンス 竹中直人

フジテレビ1984年4月14日『ゴールデン洋画劇場』にて放送。

ソフト化[編集]

日本ではVHSLDで発売され、現在DVD化はされていない。LD版およびVHS版、共に画面左右両端をトリミング・カットした4:3画面で収録されている(劇場公開されたオリジナルフィルムは、16:9ビスタサイズ)。ちなみにアメリカではDVD化されている。

リメイク[編集]

2009年11月に、本作のリメイク企画が進行中であることが発表された。ジョセフ・コシンスキー監督、ショーン・ベイリープロデューサーに迎え、ウォルト・ディズニー配給2012年公開予定。2011年現在、ヘイデン・パネッティーアの出演が決定している。

脚注[編集]

外部リンク[編集]