ニッパー (犬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランシスが最初に描いた絵では、ニッパーはフォノグラフ(円筒型蓄音機)を覗いていた。

ニッパー (Nipper) は、絵画『His Master's Voice』のモデルとなったイヌ蓄音機に耳を傾けるニッパーを描いたその絵画は、日本ビクター(現・JVCケンウッド)やHMVRCAなどの企業のトレードマークとして知られる。

生い立ち[編集]

ニッパーの最初の飼い主は、イギリスの風景画家マーク・ヘンリー・バロウドであった。

1884年イギリスブリストルに生まれる。いつも客の脚を噛もうとする事から"Nipper"(nip=噛む、はさむ)と名づけられる。

ニッパーはフォックス・テリア系の犬(BBCによればジャック・ラッセル・テリア[1])であったがブル・テリアの血も少し入っていた。『His Master's Voice』での様子に反しやんちゃな犬で、ニッパー自身からは喧嘩を吹っかけたりしないものの襲ってきた犬には立ち向かいそしていつも勝っていたという。[2]

1887年、マークが病死したためニッパーを引き取った弟の画家フランシス・バラウドが、亡き飼い主マークの声が聞こえる蓄音機を不思議そうにのぞき込むニッパーの姿を描いた。

ニッパーは1895年に息を引き取り、テムズ川ほとりの桑の木の下に葬られたという。しかし1950年にその場所が掘り起こされたものの、ニッパーとみられるイヌの骨は見つからなかった。[2]

商標までの経緯[編集]

グラモフォン(円盤型蓄音機)を覗いている姿に修正されたニッパーの絵。

ニッパーの死から3年後の1898年、フランシスはエジソン・ベル社のゼンマイ式フォノグラフ(円筒型蓄音機)を熱心に聴くニッパーの絵を描いた。1899年2月11日、フランシスは自分の絵 "Dog Looking At and Listening to a Phonograph"(フォノグラフを見つめ聴いている犬)の商標を出願した[3]。フランシスはエジソン・ベル社にこれを提示したが、"Dogs don't listen to phonographs."(犬はフォノグラフを聴いたりしない)と言われ破談してしまう[4]

1899年5月31日、フランシスはベルリーナ・グラモフォン社のオフィスを訪れていた。グラモフォン(円盤型蓄音機)のブラスホーンを借りて、絵に描いた黒いホーンと置き換えようと考えていたのだ。しかし社長のウィリアム・オーウェンは、もし蓄音機全体をグラモフォンに置き換えるなら、社としてこの絵を買おうと提案してきた。こうして修正された絵はベルリーナ・グラモフォン社の商標として、1900年6月10日に登録された[5]

商標の現在[編集]

量販店としての HMV は当初グラモフォンの小売部門のブランドであったため、“His Master's Voice”を略した“HMV”を店名とした。現在の HMV は EMI と資本関係には無いが、HMVブランドは継続して使用されている。

なお、このマークは日本では日本ビクターが、北米ではRCAが使用し、RCAでは1991年からニッパーの他にチッパーと呼ばれる仔犬も加わっている。

注釈[編集]

  1. ^ BBC News | ENTERTAINMENT | HMV seeks budding Nipper
  2. ^ a b ニッパー物語 - Nipper愛好会
  3. ^ Edge, Ruth & Petts, Leonard. (1997). A Collectors Guide to “His Master’s Voice” Nipper Souvenirs. EMI Group Archive Trust, plc London. ISBN 0950929328
  4. ^ The History of Nipper and His Master's Voice
  5. ^ Vaclav Smil, Creating the Twentieth Century: Technical Innovations of 1867-1914 and Their Lasting Impact (Oxford University Press, 2005), p240

関連項目[編集]

外部リンク[編集]