THE STREET BEATS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
THE STREET BEATS
基本情報
出身地 日本の旗 日本 広島県
ジャンル パンク・ロック
活動期間 1984年-
レーベル ビクターインビテーション1988年-1997年
キティ1999年-2001年
ビクターインビテーション(2004年-)
メンバー
ØKI(v,g)
SEIZI(g,v)
山根英晴(b)
牟田昌広(d)
旧メンバー
伊藤ツヨシ
島田健二
市川勝也
小川昌司
上田ケンジ
エンリケ
長野裕治
谷元敦

THE STREET BEATS(ザ・ストリート・ビーツ)は広島県出身のパンク・ロックバンドである。1984年5月結成。1988年ビクターエンタテインメントビクターインビテーションレーベルよりメジャーデビュー。

メンバー[編集]

元メンバー[編集]

市川、小川は広島時代のオリジナル・メンバー。一度脱退したがメジャーデビュー後に再加入した。

バイオグラフィー[編集]

ØKIとSEIZI(兄弟)を中心に1984年、広島にて結成。1988年にメジャーデビュー。 結成当初より幾度かのメンバーチェンジを経て、2011年より現在のメンバーになった。

1994年前後にアコースティックなサウンドに接近したことはあったものの、ほぼ一貫してセックス・ピストルズザ・クラッシュ(SEIZIのボーカルで「ステイ・オア・ゴー」をカバーしている)といったバンドを念頭に置いたパンク・ロックロックンロールにこだわった活動を展開している。

メジャー・シーンでのレコードリリースから遠ざかった時期でも活動を停止することなく、毎年のように春・秋と精力的に全国ツアーを行っており、新宿LOFT広島NAMIKI JUNKTIONといったライブハウスを本拠地にしている。毎年夏に行われるイベント「BEATSMANIA」では、通常のライブの中ではあまり演奏されない楽曲を中心にセットリストを組むなど、長い歴史を生かした活動も行っている。 ファンクラブ名は「BEATBOX」。1999年には、彼ら自身のオリジナルレーベル「NEO VISION」を立ち上げた。

2007年、2009年には映画「クローズZERO」シリーズに楽曲を提供。彼ら自身も映画のオープニング、エンディングのライヴシーンに出演している。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. サンクチュアリ (1989年11月21日)
    1stシングル。
    サンクチュアリ/NAKED HEART (Naked Mix)/星降る夜に (Bright Mix)
  2. BARRIER CRASH (1990年11月21日)
    BARRIER CRASH/彼女はアイドル
  3. STANDING STANDING (1991年3月21日)
    STANDING STANDING/SHOULD I STAY OR SHOULD I GO?
  4. 青の季節 (1994年1月21日)
    M-2はOVA「クローズ」に楽曲提供された。
    青の季節/突然、夏の嵐のように
  5. 約束できない(バラッドヴァージョン) (1994年10月21日)
    M-3は映画「クローズZERO」シリーズに楽曲提供された。
    約束できない(バラッドヴァージョン)/おなじ瞳をしていた/I WANNA CHANGE
  6. 街の灯 (1995年4月5日)
    M-3は大阪のボクシング番組のエンディング曲。
    街の灯/青春の光と影/ファイティングポーズ
  7. Sing a Song ~くちびるに歌を~ (1995年7月21日)
    Sing a Song ~くちびるに歌を~/悪魔と踊れ
  8. ONE NIGHT STAND (1995年12月9日)
    ONE NIGHT STAND/GIMMIE LOVE,GIMMIE TRUTH
  9. GOOD HEART,BIG HEART (1996年3月9日)
    盟友「横道坊主」とのイベント「GET TOUGH」と同タイトルの楽曲を共作。
    GOOD HEART,BIG HEART/親愛なる者/GET TOUGH!(with 横道坊主
  10. SECRET MISSION (1998年4月19日)
    ライブ会場・通販限定アイテム。M-3は、現在もLIVE ver.のみしか発表されていない。
    YOU CALL MY NAME/LET ME GO!/誰もが悲しすぎる(LIVE)/BEAT PARTY(LIVE)
  11. GO FOR IT! (1999年9月15日)
    ライブ会場・通販限定アイテム。M-3は、「THIS IS TOKYO JAP.」の`99バージョン。
    GO FOR IT/GET UP,VOICE UP/TOKYO JAP `99(LIVE)/TWO BLACK GUITARS(LIVE)
  12. SPIRIT OF COMBAT (2003年5月24日)
    ライブ会場・通販限定アイテム。ジョー・ストラマー追悼作品。
    SPIRIT OF COMBAT/CLASH CITY ROCKERS(THE CLASHカバー)/つながった空の下
  13. RIDE ON MY JET (2007年3月17日)
    ライブ会場・通販限定アイテム。M-3は、初期のバラード曲をスタジオ初音源化。
    RIDE ON MY JET/COME ALONG,SING ALONG/GIRL
  14. POWER TO YOU (2011年3月19日)
    ライブ会場・通販限定アイテム。M-1は、2011年以降のライブの中核を担う人気曲。
    POWER TO YOU/BAD NEWS SHOW/HOPE IN MY HEART
  15. BRAVE FIST (2011年10月2日)
    ライブ会場・通販限定アイテム。M-2は、東日本大震災の被災地支援活動を通じて生まれた楽曲。
    BRAVE FIST/瓦礫の町で/GREEN DAYS GREEN

アルバム[編集]

  1. NAKED HEART (1988年11月21日)全12曲
    デビューアルバム。BEATSの代名詞的曲である「BOYS BE A HERO」を収録。
  2. VOICE (1989年7月5日)全12曲
    「CHAOS」、「ひとりぼっちのワルツ」など、インディーズ時代からの代表曲を多数収録。
  3. MANIFESTO (1990年3月7日)全12曲
    アルバムラスト曲は、壮大な「ワンダフルライフ」を収録。初回盤には写真集付き。
  4. STANDING STANDING (1991年5月21日)全12曲
    ビーツ史上最もパンク色の強いアルバム。
  5. BEATNIK ROCKER (1991年12月16日)全18曲
    初のベストアルバム。デビュー前に太陽レコードからリリースされた同名のLPをCD化し、その上今までの楽曲からのベストセレクション・新曲を加えた。
  6. 風の街の天使 (1992年12月16日)全5曲
    新曲3曲とLIVE ver.2曲を収録したミニアルバム。2009年に発売となったCD-BOX「PREMIUM BOX-EARLY TIMES-」に収録された本作には、13曲ものボーナストラックが収録されている。
  7. ワイルドサイドの友へ (1994年2月23日)全13曲
    これまでとは変わり、『青の季節』に代表されるアコースティックサウンドを前面に押し出した作品。このアルバムから正式メンバーはØKIとSEIZIの二人に。
    収録曲「バード」「突然、夏の嵐のように」はOVA「高校武闘伝クローズ」の挿入歌として提供された。
  8. SPIRITUAL LIFE (1995年4月21日)全12曲
    横道坊主の今井秀明(g,v)・ARBのキース(d)など親交が深いゲストが参加したアルバム。
    ライブ終了後に会場にて流れる「旅人の詩」収録。
  9. LOVE,LIFE,ALIVE (1996年3月23日)全12曲
    前作とは、アルバムジャケットが対照的に表現されている。ビクターから発売されたシングル「街の灯」「Sing a song」「ONE NIGHT STAND」「GOOD HEART,BIG HEART」に収録されたほとんどのナンバーが収録されている(但し、「Sing a song」はアルバムver.として再レコーディング。「GOOD HEART,BIG HEART」に収録された「GET TOUGH!(横道坊主とのコラボ曲)」は2004年リリースの「REBEL SONG」に収録。)
  10. BEST MINDS (1996年12月18日)DISC1 全4曲・DISC2 全14曲
    DISC1には新作を収録。DISC2は92~96年までの楽曲を集めたベスト盤。DISC1には今も人気の高い「十代の衝動」を収録。このアルバムでのみ、「約束できない(BALLAD VERSION)」を聴く事ができる。
  11. LIVE! BEATS-ISM (1997年11月21日)全16曲
    初の公式ライブアルバム。
  12. LIFE GOES ON (1999年3月26日)全11曲
    このアルバムよりこれまでのサポートメンバーを正式に迎え、4人でのビーツに。
    01年10月に発売された同タイトルのアルバム(キティMME)とは、収録曲に若干の違いあり。
    初期のナンバー「BEAT PARTY」を収録し、オリジナル盤にはキティMME盤では問題作としてカットされた「こんな時代の真ん中で」も収録されている。
  13. JUNK&PAIN (2000年1月26日)全10曲
    前作発売から10ヶ月という短いスパンで発表された作品。表題曲はPVも撮影されており、VHS「LIVE MY SOUL」、DVD「ETERNAL FILMS」に収録された。
  14. 魂が求めるもの (2000年9月20日)全11曲
    「魂が求めるもの」はライブでプレイされた際、ボーカルのØKIがイスに座って演奏するなど、新たな一面を見せた作品。「狂ったように叫ぶとき」はPVが撮影されており、「JUNK&PAIN」と同様のVHS、DVDに収録されている。
  15. LIVE MY SOUL (2001年3月17日)全15曲
    14thアルバムの楽曲を中心に収録したライブアルバム。ライブ会場・通販限定盤。
  16. RED HOT BLOOD (2001年10月24日)全11曲
    現在のライブでは定番となった「叫ばなければ」を含む15thアルバム。
  17. こんな時代の真ん中で (2002年9月21日)全13曲
    現ベーシスト山根英晴が加わった初音源。ライブ会場・通販限定盤。アルバムタイトルは「NEOVISION」盤の「LIFE GOES ON」に収録されているもので、再発売のメジャー盤ではカットされた。
  18. REBEL SONGS (2004年3月10日)DISC1 全20曲・DISC2 全20曲
    結成20周年ベスト。これまでの曲のベストセレクションに加え、新曲・未発表音源・ライブ音源など収録している。ジャケットは漫画家高橋ヒロシが手がけたもの。
  19. BEATS IS OUR LIFE (2004年10月1日)全18曲
    これまで2章までしか発表されていなかった「LIFE GOES ON」のフルバージョン、結成初期に書かれた幻のナンバー「STREET BEAT」などを含む、アニバーサリーライブアルバム。ライブ会場・通販限定盤。
  20. ETERNAL ROCK (2005年3月16日)全13曲
    バンド結成20周年を経て生まれたロックアルバム。「ETERNAL ROCK'N'ROLL」は映画「クローズZERO」のエンディングテーマとして提供された。
  21. LIVE! FIST GO UP! (2006年3月8日)全20曲
    ライブ盤。コアなナンバーが多数、初ライヴ音源化された。ライヴ会場・通販限定盤。
  22. 凛として風の如く (2007年10月24日)全13曲
    映画「クローズZERO」への楽曲提供など、精力的な活動の中発表された18thアルバム。ジャケットや歌詞カード内の写真の一部は、「クローズZERO」の鈴蘭高校で撮影された。同作のOP・EDもボーナストラックとして収録。
  23. LOST TREASUES (2008年4月11日)全22曲
    「NEOVISION」からリリースされた4枚のシングルを完全収録し、レアなデモ音源やライヴ音源をボーナストラックに加えたコンピレーションアルバム。ライヴ会場・通販限定盤。
  24. 裸心凜風 (2008年11月19日)全22曲
    デビュー20周年記念ベスト。「熱い!泣ける!ぐっと来る!」をコンセプトに選曲。タイトルは1stアルバム「NAKED HEART(むき出しの心→裸の心)」と18thアルバム「凜として風の如く」を合わせたもの。
  25. さすらいの歌 (2009年4月1日)全11曲
    メジャー20枚目のアルバム。タイトルナンバーは映画「クローズZEROⅡ」にエンディングテーマとして提供されたもの。
  26. 軌跡(2009年9月30日)全22曲
    結成25周年ベスト。BEATS入門編をコンセプトに、様々な年代のナンバーを収録。
  27. GO!STRAIGHT!(2009年10月11日)全21曲
    結成25周年記念ライヴ「さすらいの歌」の東京公演1日目を、MCを含め完全収録したライヴアルバム。同名のライヴDVDが同時発売されたが、こちらは2日目が収録されている。ライヴ会場・通販限定盤。
  28. PREMIUM BOX -EARLY TIMES-(2009年12月23日)15CD+1DVD
    BEATS初のCD-BOX。1stアルバム「NAKED HEART」から15thアルバム「RED HOT BLOOD」までの15枚のアルバムに加え、13曲ものボーナストラック(DISC6「風の街の天使」に収録)や、全てが今回が初公開の秘蔵映像を収録したスペシャルDVDが収録されている。なお、「NEOVISION」の通販で12月7日までに予約した人には、通販特典として、メンバーの直筆サイン入りのポストカードが付けられた。

VHS/DVD[編集]

  1. NAKED HEART (1988年11月21日)VHS
  2. PROCESS (1989年5月21日)VHS
  3. STANDING STANDING (1991年3月21日)VHS
  4. BEST MIND (1996年12月8日)VHS
  5. LIVE MY SOUL (2001年3月17日)VHS
    初のライヴビデオ。ライヴ会場・通販限定盤。
  6. BEATS IS OUR LIFE (2004年10月1日)DVD
    初のライヴDVD。結成20周年記念ライブの東京公演に加え、デビュー前の映像など多数のレア映像を収録。ライヴ会場・通販限定盤。
  7. ETERNAL FILMS 1988-2005 (2005年3月16日)DVD
    「NAKED HEART」から「BEST MINDS」までのVHSを完全収録し、新作PV、未公開PVなどを加えたヒストリーDVD。17thアルバム「ETERNAL ROCK」と同時発売された。
  8. LIVE! FIST GO UP! (2006年3月8日)DVD
    ライヴ会場・通販限定盤。初のライブ映像化となるコアなナンバーを多数収録したライブDVD。
  9. GO!STRAIGHT!(2009年10月11日)DVD
    結成25周年記念ライヴ「さすらいの歌」の東京公演2日目を、MCを含め完全収録したライヴDVD。ライヴ会場・通販限定盤。
  10. BRAVE FIST FESTA(2011年11月18日)DVD
    2011年10月10日に行われた「岩手三陸復興支援LIVE in 宮古」を、MCを含め完全収録したライヴドキュメントDVD。ライヴ会場・通販限定盤。

備考[編集]

  • 初期のアルバムは、CDの他に、レコードやカセットでも同時発売されている。
  • 1stシングルのタイトルは、漫画『サンクチュアリ』から着想を得ている。
  • 広島出身であることから、ØKIは熱狂的な広島東洋カープファンである。
  • 同郷で同時期に活動していたバンドにユニコーンがいるが、練習している場所が別だったことと、音楽的志向が違うことからあまり交流はなかった。奥田民生は『世界一悲しい街』(『NAKED HEART』収録)に関して「同じように原爆を落とされたのに、広島より取り上げられない長崎のほうが本当に世界一悲しい街だ」と半ば揶揄的に発言するなど、ライバル関係であったことを窺わせている。
  • 漫画家高橋ヒロシとØKIは親交が深く、彼のコミックに2人の対談や、「魂が求めるもの」の歌詞が収録されることもあった。
  • ØKIは映画「クローズZERO」において、シリーズを通して予告編のナレーション、2作目ではエンディング前のナレーション(原作での坊屋春道の最初の名言)を務めた。
  • ØKIはBSドラマ「つながった世界」のvol.1「いのちの音」でメインキャストの1人として出演した。
  • ØKIはTV-CM「サントリー BLACK BOSS」「日産 JUKE」「日産 NOTE MEDALIST」「JRA G1プロモーション2012春」等のナレーションを務めた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 中国新聞、2008年11月30日8面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]