アンジェロ・マリアーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンジェロ・マリアーニ

アンジェロ・マリアーニAngelo Mariani, 1821年9月11日 - 1873年6月13日)は、ラヴェンナに生まれ、ジェノヴァに没したイタリア人指揮者。

略歴[編集]

生地の音楽院でヴァイオリンを学び、15歳のときヴァイオリニストとして音楽の道に入る。その後も和声作曲の勉強を続け、1843年マチェラータで正式にデビューした。作曲活動と音楽教師としての活動を続けながら、マチェラータ、ファエンツァナポリで転々と指揮活動をし、やがて、ジュゼッペ・ヴェルディジャコモ・マイアベーアジョアキーノ・ロッシーニリヒャルト・ワーグナーに絶賛されるなど指揮者として声価を確立した。ヴェルディ『アロルド』、フランコ・ファッチョアムレット』の初演、マイアベーア『アフリカの女』、ヴェルディ『ドン・カルロ』、ワーグナー『ローエングリン』のイタリア初演を手掛け、さらに1846年にミラノ・スカラ座音楽監督就任以降、ヴェルディ『二人のフォスカリ』『ナブッコ』の上演などで成功をおさめ、19世紀中葉のイタリアを代表する指揮者となる。1873年病没。スカラ座の後任にはかつてマリアーニが擁護したフランコ・ファッチョが就いた。

逸話[編集]

ソプラノ・ドラマティコプリマドンナテレーザ・シュトルツ1834年-1902年)はマリアーニの婚約者で、スカラ座初演のアイーダ役でもある。彼女はまもなくその利発さのためにヴェルディの心を捉え、1869年運命の力』の準備中二人は急速に親しくなる。激昂したマリアーニはシュトルツとの婚約を破棄、以後ヴェルディならびにヴェルディ作品と訣別しワーグナーの積極的な紹介者となった。

参考文献[編集]

  • Vincenzo, Ramon Bisogni (2009). Angelo Mariani. Tra Verdi e la Stolz. Varese: Zecchini Editore,. ISBN 978-88-87203-73-8. 


ポスト[編集]

19世紀のスカラ座