レオ・ボルヒャルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオ・ボルヒャルト
Leo Borchard
基本情報
出生名 レフ・リヴォヴィチ・ボルガルト
Лев Львович Боргард
出生 1899年3月31日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国 モスクワ
出身地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国 サンクトペテルブルク
死没 1945年8月23日(満46歳没)
ドイツの旗 ドイツ ベルリン
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者

レーオ・ボルヒャルト(Leo Borchard, 1899年3月31日1945年8月23日)は、ロシア出身のドイツ人指揮者ヘルマン・シェルヘンに師事し、短期間ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者に就任した。

略歴[編集]

生い立ち[編集]

ドイツ系の両親の許にモスクワに生まれる。本名はレフ・リヴォヴィチ・ボルガルトロシア語: Лев Львович Боргард)といった。サンクトペテルブルクにおいて音楽教育を受けるとともに、スタニスラフスキー劇場の常連客となった。ロシア革命を経て1920年ワイマール共和国亡命する。クレンペラーと契約し、ベルリンクロルオーパーの指揮者助手に任命される(クレンペラーは技術に自信がなかったため、ボルヒャルトが批評してくれることを期待していたのであった)[1]

反ナチス[編集]

1933年1月に初めてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮する。1935年ナチス政権によって政治的に信頼すべからざる人物として活動禁止の憂き目を見るが、自宅マンションで指導を続け、ボリス・ブラッヒャーアイネムらと親交を重ねた[2]第2次世界大戦中は「エーミールおじさん」グループの一員としてレジスタンス運動に携わり、アンドリーク・クラスノフの偽名でベルリンに滞在して、印刷技師ルートヴィヒ・リヒトヴィッツらと接触して反ナチスのビラ作りを地下出版で行なった。

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者[編集]

第三帝国無条件降伏から半月後の1945年5月26日に、ティタニア・パラスト映画館においてベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮して、メンデルスゾーン演奏会用序曲夏の夜の夢》とモーツァルトの《ヴァイオリン協奏曲イ長調》、チャイコフスキーの《交響曲 第4番》を上演し、聴衆の大絶賛を浴びた[3]。1週間後には、スイスに亡命中のヴィルヘルム・フルトヴェングラーの代役として、ソ連将校のニコライ・ベルサリンによってベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に抜擢された。反ナチ活動という実績と、流暢なロシア語のお蔭で、占領軍と密な関係を結ぶことができた[4]。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者としては、全部で22回の演奏会を指揮している。

その死[編集]

ボルヒャルトは、1945年8月23日に演奏会から自宅に戻る車中で射殺された。イギリス人運転手が、停車を求めるアメリカ人歩哨の手信号を誤解したため、アメリカ人歩哨が発砲したのであった[5]。イギリス人運転手と、ボルヒャルトの伴侶で女性ジャーナリストのルート・アンドレーアス=フリードリヒは難を逃れた。この出来事の結果、軍事的な検問所を明示することが定められ、手信号を使わないようになった[5]クラウディオ・アバドは、1995年9月5日6日にボルヒャルトの没後半世紀を記念して、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮してマーラーの《交響曲 第6番「悲劇的」》を上演した[2]

レパートリー[編集]

残された音源からは、ウェーバーの《オベロン序曲やチャイコフスキーの主要作品、ワーグナープッチーニのオペラの抜粋、スッペの序曲、ドリーブグラズノフバレエ音楽などをレパートリーに含めていたことが分かる。さらに、レビコフのような比較的無名の作曲家の作品や、ジャン・フランセの《ピアノ協奏曲》のような同時代の比較的新しい音楽も取り上げていた[6]

[編集]

  1. ^ Heyworth, Peter (1983). Otto Klemperer, His Life and Times: Volume 1, 1885-1933. Cambridge University Press. p. 385. ISBN 0-521-24488-9. http://books.google.com/books?id=WVTSGoGfmuMC&pg=PA385&vq=borchard&dq=%22Otto+Klemperer,+His+Life+and+Times%22&sig=VdSpmYgmDlf0c6v70Y30WuHSwos. 
  2. ^ a b Friedrich, Ruth-Andreas. Der Schattenmann – Tagebuch Aufzeichnungen 1938-1945. Surhrkamp Verlag, 1947; as quoted in notes by Myriam Scherchen and René Trémine for CD Tahra 520.
  3. ^ Patmore D. Review of Tahra CD 520. Classic Record Collector, August 2004.
  4. ^ Monod, David (2005). Settling Scores: German Music, Denazification, & the Americans, 1945-1953. University of North Carolina Press. p. 75. ISBN 0-8078-2944-7. http://books.google.com/books?id=Yx6UUD6M1LEC&pg=PA75&vq=borchard&dq=%22Settling+Scores:+German+Music,+Denazification,+%26+the+Americans%22&sig=wqGTW-nCvQ1z5D9xajUSTHZOwhQ. 
  5. ^ a b Stivers, William (2004), “Victors and Vanquished: Americans as Occupiers in Berlin. 1945-1949”, in Combat Studies Institute, Armed Diplomacy: Two Centuries of American Campaigning, Fort Leavenworth, KS: Combat Studies Institute Press, pp. 161, ISBN 1-4289-1650-4, http://books.google.com/books?id=p5agK7lACykC&pg=PA161&vq=borchard&dq=%22Armed+Diplomacy%22&sig=tt9fzhjhj10t-C3sIVYds75D20k 
  6. ^ Discographical details from Darrell R D. The Gramophone Shop Encyclopedia of Recorded Music. The Gramophone Shop Inc, New York, 1936, and the Classic Record Collector review.

参考資料・外部リンク[編集]