ステファン・グラッペリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステファン・グラッペリ
}
基本情報
出生 1908年1月26日
出身地 フランスの旗 フランスパリ
死没 1997年12月1日(満89歳没)
ジャンル スウィング・ジャズジプシー・スウィングフュージョン
職業 ジャズバイオリニスト
担当楽器 バイオリンピアノサックスアコーディオン
共同作業者 フランス・ホット・クラブ五重奏団
ジャンゴ・ラインハルト

ステファン・グラッペリStéphane Grappelli, 1908年1月26日 - 1997年12月1日)は、フランス生没のジャズヴァイオリニストジャズギタリストジャンゴ・ラインハルトの相方としても知られ、彼と共に「フランス・ホット・クラブ五重奏団 (the Quintette du Hot Club de France)」を結成し、第二次世界大戦前から晩年まで精力的な演奏活動を続けた。ジャズ・ヴァイオリニストの第一人者として、長年に渡って晩年まで第一線で活躍した。

彼は晩年、ジャズ以外の分野の演奏家とも共演し、特にクラシック分野ではユーディ・メニューインヨー・ヨー・マらとの共演が有名であり、いずれも高い評価を受けている。メニューインとは英国BBCテレビでの共演をきっかけに、数枚のアルバムを録音した。

また、映画音楽も手がけ、1973年フランス映画バルスーズ(原題 "Les Valseuses")」や、1989年のフランス映画「五月のミル(原題 "Milou En Mai")」の音楽を担当した。

意外なコラボレーションとしてはピンクフロイドとの共演が挙げられる。彼らの楽曲「Wish You Were Here」のフェードアウト部分には、ほとんど聴こえないものの、グラッペリのヴァイオリン・ソロが使われているという。これは両者がたまたま隣同士のスタジオで作業していたために実現したもので、後にピンクフロイドの伝記Pigs Might Fly: The Inside Story of Pink Floydで明かされた。

多数の録音と共に、いくつかの映像が発売されている。また、彼の人生をドキュメンタリーにまとめた「Life In The Jazz Century」がDVDとして発売されている。

生涯[編集]

パリにて、アラトリ出身のイタリア人である父エルネスト、サントメール出身の母アンナ=エミリーとの間に生まれた。母は彼が4歳の時に死去。12歳頃から、路上や庭でヴァイオリンを弾き、日銭を稼いで家計の足しにしていた。プロとして活動を始めたのは1923年、サイレント映画上演の際に演奏を行うヴァイオリニスト・ピアニストとしてであった。

代表作[編集]

  • Young Django