ウィリアム・ウォレス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ウォレス
William Wallace
William Wallace Statue , Aberdeen2.jpg
アバディーンにあるウォレスの像
生誕 1270年
スコットランドの旗 スコットランド
死没 1305年8月23日
イングランド王国の旗 イングランド王国ロンドン
軍歴 1297年 - 1305年
テンプレートを表示

ウィリアム・ウォレス英語: William Wallace1270年頃 - 1305年8月23日)は、スコットランドの騎士、軍事指導者。グラスゴー西部のレンフルー(w:Renfrew)の生まれ。前半生は不明な点が多く、出生地、生誕年については諸説ある。平民の出身ともジェントリ階級の三男とも言われる。イングランドエドワード1世(長脛王)によるスコットランド支配に抵抗した。

生涯[編集]

ウィリアム・ウォレスの出自について明らかでない。ウォレスという姓はWelshman、すなわちウェールズ人という意味である。のちの吟遊詩人ブラインド・ハリーは、ウィリアムの祖先は12世紀半ばの宮宰リチャード・ウォレスで、その曾孫マルコムはペイズリー近郊に領地を持っていたと伝える。ウィリアムはマルコムの子ということになっているが、これは伝承にすぎない。記録に出てくるなかでは、1296年8月にパースでWilliam le Waleysなる盗賊が現れたとあるが、これがウィリアムかどうかは確認されていない[1]

ウィリアム・ウォレスの名が歴史上に出てくる確かな年代は1297年で、イングランド人の州長官ヘッセルリグを殺害した事件がそれである。この殺害について、ウォレスの愛人マリオン・ブレイドフュートがヘッセルリグの息子を振って殺され、その復讐と言われてきたが、これも伝承とされる[2]。イングランド式の統治を進めたヘッセルリグのアサイズ(巡回裁判)に反発したスコットランド人の一団が、ヘッセルリグの殺害を計画・実行したのが実際のところで、この一団にウィリアムが関わっていた[3]

やがて、彼のもとに集まった民衆を指揮してゲリラ戦を行い、ラウドン・ヒル(w:Loudoun Hill)とエアで勝利を得、同年9月アンドリュー・マリー(Sir w:Andrew Moray)の指揮下スターリング・ブリッジの戦いでサリー伯の率いるイングランド軍と戦い、これを破った。この戦いの後、ロバート・ブルース(のちのスコットランド王ロバート1世)は彼をナイトに叙し、「スコットランド王国の守護者及び王国軍指揮官」の称号を与えた。が、平民出身の彼はスコットランド貴族から最後まで積極的な支持を得られなかった(称号を与えたロバート・ブルースさえもウォレスの旗色が悪くなり出すと、途端に支援を打ち切り距離を置いた)。1298年、フォルカークの戦いで敗れてからは、スコットランド貴族側で講和の機運が高まり、さらに支持者を失った。その後、一時はフランスに亡命し、帰還後の1303年2月24日のロスリンの戦い(The Battle of RoslinもしくはRosslyn)でイングランド軍に勝利するなど、7年間に渡ってゲリラ戦を続けてきたが、スコットランド貴族の裏切りにより、1305年、グラスゴー付近で生け捕りにされた。その後ロンドンに移送され、謀反人として残酷な方法(四つ裂き"hanging, drawing, and quartering")で処刑された。

関連項目[編集]


脚註[編集]

  1. ^ Andrew Fisher, Wallace, Sir William, Oxford Dictionary of National Biography, vol.56, Oxford University Press, 2004, p947.
  2. ^ Ibid.
  3. ^ Ibid.記録はほぼイングランド側のものであり、したがってウィリアムへの記述もThief(盗人)もしくはBrigand(山賊)などと書かれている。

外部リンク[編集]