セヴァーン組曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セヴァーン組曲またはセヴァーン川組曲The Severn Suite作品87は、エドワード・エルガーが晩年の1930年に作曲したブラス・バンドのための作品。オーケストラ用にも編曲された。ジョージ・バーナード・ショーに献呈されている。セヴァーン川とは、ウェールズからエルガーの故郷であるイングランド西部にかけて流れる、イギリス最長の川である。

概要[編集]

クリスタル・パレスで行われたナショナル・ブラス・バンド・チャンピオンシップの課題曲として委嘱され作曲された。習作時代に書き留めていた主題を用いて作曲されており、1870年代に作曲した木管五重奏のための小品も転用されている。なお、エルガーが書いたのはピアノ・スコアまでで、ブラス・バンドのためのスコアはヘンリー・ギール(Henry Geehl)によって完成された。このブラス・バンド版は1930年9月にクリスタル・パレスで初演された。

その後エルガーは、この作品を自らオーケストラのために編曲した。この編曲でブラス・バンド版の変ロ長調からピアノ・スコアどおりのハ長調に変更された。このオーケストラ版は1933年ウスター音楽祭でエルガー自身の指揮によって公的な初演が行われたが、前年の1932年3月にエルガーの指揮でレコーディングされている。

ピアノ・スコアは長く行方不明となっていたが、1980年に発見された。また、1995年にはエルガーの自筆によるブラス・バンド版のフル・スコアも世に出ることになった。

楽器編成[編集]

ブラスバンド版
英国式ブラスバンド」を参照
管弦楽版
ピッコロフルート2、オーボエ2、コーラングレ、B♭クラリネット2、バス・クラリネットバスーン2、コントラバスーン、Fホルン4、B♭トランペット3、トロンボーン3、チューバティンパニ打楽器サイドドラムシンバルバスドラム)、弦五部

曲の構成[編集]

全曲で約20分である。各曲の標題はオーケストラ編曲の際につけられた。エルガーは1929年から故郷の近くの都市ウスターに移り住んでいたが、これらの標題はウスターの建築物や歴史にちなんでいる。

  1. ウスター城(序奏) Worcester Castle (Introduction)
  2. 槍試合(トッカータ) Tournament (Toccata)
  3. 大聖堂(フーガ) The Cathedral (Fugue)
  4. 騎士領にて(メヌエット) In the Commandery (Menuet)
  5. 終曲 Coda

編曲[編集]

オリジナルのブラス・バンド版とオーケストラ版の他に、次の編曲がある。

  • 吹奏楽 - ヘンリー・ギールが1931年に編曲したもの、およびアルフレッド・リードが1981年に2つの版を基に編曲したものがある。
  • オルガン - エルガーの存命中に友人アイヴァー・アトキンズが編曲し、「オルガン・ソナタ第2番」と名付けられた。

外部リンク[編集]