ウォルター・パラット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウォルター・パラット
Walter Parratt
基本情報
出生 1841年2月10日
イングランドの旗 イングランドハダースフィールド
死没 1924年3月27日(満83歳没)
ジャンル クラシック
職業 オルガニスト作曲家

サー・ウォルター・パラット(Sir Walter Parratt KCVO 1841年2月10日 - 1924年3月27日)は、イングランドオルガニスト作曲家[1]

生涯[編集]

経歴[編集]

パラットはハダースフィールドに生まれた。父がオルガニストであったので幼少期からパイプオルガンを演奏するようになり、まだ子供であった時期にオルガニストの職に就いた。神童であったパラットはわずか10歳のある時、バッハの「平均律クラヴィーア曲集」全曲を何も見ずに暗譜で演奏した[2]

パラットは1854年から1861年にかけてジョン・ステイナーの跡を継いで故郷の町のセント・ポール教会のオルガニストを務め、1872年に就任したオックスフォード大学モードリン・カレッジ英語版のオルガニストにはその後10年にわたって在職した。1882年からはウィンザー城のセント・ジョージ・チャペル[注 1]のオルガニストとなっている。1908年にはヒューバート・パリーの後任として、オックスフォード大学の音楽科教授になった。ちなみに彼は王立オルガニスト大学の学長も歴任している。

パラットは同時代のオルガン教育の第一人者となり、弟子の多くがイギリス国内の重要な役職に就いた。

また、パラットはチェスプレーヤーとしても名の知れた存在であり、複雑なオルガン曲を初見で演奏しながらチェスの対戦をすることができたという[3]。彼はオックスフォード大学のチェスクラブの部長を数か月務め、2年間にわたってケンブリッジ大学との対抗戦に出場する8人の選抜選手のキャプテンであった[4]

名誉[編集]

パラットは1892年ナイトに叙されると、1893年からはヴィクトリア女王音楽師範に任命され、続いてエドワード7世[5]ジョージ5世にも音楽の指導を行った。

その後にパラットが得た称号としては、ロイヤル・ヴィクトリア勲章のメンバー(MVO 1901年)、コマンダー(CVO 1917年)、ナイト・コマンダー(KVCO 1921年)が挙げられる。

1924年にパラットがこの世を去ると、彼の記念碑がハダースフィールド教区教会の敷地に建立された。ウィンザー城のセント・ジョージ・チャペルにもパラットの記念碑が建っており、それはジョージ6世が埋葬されているジョージ6世メモリアル・チャペルの入り口の隣に位置している。

職歴[編集]

脚注[編集]

注釈

  1. ^ 訳注:ウィンザー城内に位置するイングランド国教会の教会。ガーター勲章の授与はここで行われる。(St George's Chapel

出典

  1. ^ “Obituary: WALTER PARRATT”. Musical Times. (May 1, 1924). http://www.jstor.org/stable/913981. 
  2. ^ ニューグローヴ世界音楽大事典 第5版, 1954, Vol. 6, p. 559
  3. ^ Pearson, Arthur (June 1903). “Famous Yorkshire Musicians”. The Non-Conformist Musical Journal 186: 73, 88–90. http://books.google.com/books?id=RecqAAAAYAAJ&dq=Walter%20Parratt&pg=RA3-PA89#v=onepage&q=Walter%20Parratt&f=false 2010年3月24日閲覧。. 
  4. ^ “PARRATT, Sir Walter”. Who's Who, 59: p. 1359. (1907). http://books.google.com/books?id=yEcuAAAAYAAJ&pg=PA1359. 
  5. ^ London Gazette: no. 27363, p. 6569, 1901年10月8日

参考文献[編集]

宮廷職
先代:
Sir William Cusins
国王の音楽師範
1893年 - 1924年
次代:
サー・エドワード・エルガー