海の絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

海の絵』(うみのえ、Sea Pictures作品37は、エドワード・エルガーが作曲したメゾソプラノ(またはコントラルト)と管弦楽のための連作歌曲集である。

概要[編集]

1899年6月19日に『エニグマ変奏曲』の初演が行われて大成功を収め、一躍名声を博したエルガーは、同年の夏に妻アリスと共に郷土モールヴァン丘陵近辺のストリッジにあるバーチウッド荘で過ごした。この歌曲集『海の絵』は同年7月にバーチウッド荘で書き上げられ、初演は同年10月5日ノリッジ・フェスティヴァルで、コントラルトのクララ・バットの独唱とエルガー自身の指揮により行われた。

エルガー唯一の管弦楽の伴奏が付いた連作歌曲であるが、同時に数少ないメゾソプラノのレパートリーとしてイギリスでは愛好されている。

構成[編集]

5曲からなり、演奏時間は約20分。

第1曲 海の眠りの歌 Sea Slumber Song
詞はローデン・ノーエルによる。
第2曲 港にて(カプリ) In Haven (Capri)
詞はアリス夫人による。「ヘイヴン」は「」のほかに「安息日、避難所」などの意味も兼ねている。
第3曲 海上での安息日の朝 Sabbath Morning at Sea
詞はロバート・ブラウニングの妻エリザベス・ブラウニングによる。
第4曲 珊瑚礁のあるところ Where Corals Lie
詞はリチャード・ガーネット(Richard Garnett)による。
第5曲 泳ぐ人 The Swimmer
詞はA. リンゼー・ゴードンによる。

外部リンク[編集]