ゲロンティアスの夢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゲロンティアスの夢』(The Dream of Gerontius作品38は、エドワード・エルガーが作曲したオラトリオ。『ジェロンティアスの夢』と表記されることもあるが、Gerontius は「ゲロンティアス」と読む(作曲者のエルガー本人は「ゲロンティアス」と発音していたので、こちらの表記のほうが相応しいと思われる)。

概要[編集]

1889年、エルガーは32歳の時にキャロライン・アリス・ロバーツと結婚した。彼女はエルガーのヴァイオリンの教え子で、エルガーより8歳4ヶ月年上だったが、愛情によって結ばれた。ウスターのナイト神父が結婚の祝いにエルガーに贈ったのが、ジョン・ヘンリー・ニューマン枢機卿の長編詩『ゲロンティアスの夢』だった。カトリック教徒であったエルガーはこの詩に感銘を受け、「少なくとも8年間もの間に、この詩は私の心の中にあったが、著者の思想を私自身の音楽的な刺激の中へ徐々に同化していった。」と説明している。自筆のスコアには「1900年の夏、バーチウッドにて」記録されているが、その年43歳の誕生日を迎えた4日後の6月6日にようやく完成を見た。

初演は1900年10月3日、バーミンガム音楽祭において、ハンス・リヒターの指揮によって行なわれた。当時の聴衆はヘンデル風のオラトリオを期待していたが、エルガーの新しいアプローチに戸惑いを隠せなかったという。しかし、バーナード・ショウを含む一部の批評家たちは『ゲロンティアスの夢』を傑作と認め、曲の神秘と詩情、効果的な合唱書法、鮮やかな音楽的心象、貴高い精神性などが賞賛された。

また、1901年12月19日、ユリウス・ブーツのドイツ語訳によるヨーロッパ大陸初演が、ブーツの指揮でデュッセルドルフにおいて行われた。ブーツは同年同地におけるニーダーライン音楽祭で5月19日に再演した。当時既に音楽界では著名な存在だったリヒャルト・シュトラウスがこの公演に出席した後、レセプション・パーティで「イギリスの最初の進歩的な作曲家マイスター・エルガーの成功と健康のために乾杯」と祝辞を述べた。これによって、エルガーの名はドイツでも一躍有名になった。イギリスでも『ゲロンティアスの夢』は聴衆から愛好されるようになり、以後ヘンデルの『メサイア』、メンデルスゾーンの『エリヤ』と並んで3大オラトリオとして親しまれている。

配役[編集]

楽器編成[編集]

フルート2(ピッコロ任意)、オーボエ2(コールアングレ持ち替え)、クラリネット2、バスクラリネットファゴット2、コントラファゴットホルン4、トランペット3、トロンボーン3、テューバティンパニ3、大太鼓シンバル他、鐘類(ベルグロッケンシュピールなど)、ハープオルガン弦5部

構成[編集]

全2部からなる。

  • 第1部(約30分)
  • 第2部(約55分)

あらすじ[編集]

第1部[編集]

作品中の様々なモチーフを用いて荘重な序曲が全体の青写真を描く。序曲が盛り上がりを見せ、冒頭の不安げなテーマに戻ったところで、瀕死のゲロンティアスは死期が迫った恐怖のあまり祈りを乞う。それに呼応して友人たちも一斉に祈りの声をあげる。中間、ゲロンティアスの歌う「Sanctus Fortis」で第1部の山場を形成する。第1部の全体を支配するのは「不安」「恐れ」「病」といった重苦しい空気である。そんな暗い道筋に微かな希望を抱かせるかのように登場するのが司祭である。司祭の導きによって、ゲロンティアスは一旦穏やかな心を取り戻すとともにこの世から旅立つ。

第2部[編集]

別世界へ旅立ったゲロンティアスはもはや肉体を持たない魂と化している。ここで彼は天使に出会う。天使の導きに不安を捨てきれないままゲロンティアスはついて行く。そこでは醜い呪いの言葉を投げかける悪魔たちが、ゲロンティアスを堕落させようと攻撃をしかけてくる。天使の導きにより、これをすり抜けると、今度は清らかな霊たちの歌声を聞く。この壮大で崇高な響きに触れたゲロンティアスから「恐れ」が消え去った。そして、苦しみの天使から祝福の言葉を受けたゲロンティアスは、いよいよ「その時」を迎える。ほんの一瞬ながら彼は神の姿を垣間見たのだ。その瞬間、彼の内なるもの全てが浄化された。導きの仕事を終えた天使が、清霊たちとともに清らかな告別の歌を歌い曲は感動的に終わる。

隠された12という数字[編集]

この作品の魅力はパーセル、ヘンデルなどの声楽作品の流れを汲む充実した英国音楽の伝統的な合唱の響きである。特に聴き所は第2部で歌われる悪魔の合唱と清霊の合唱の対比。片や悪魔的かつ下品に歌うことが望ましく、片や天国的かつ清澄な響きで歌う必要があり、実に対照的な表現が求められている。演奏する立場としては、この2つの部分を同じ合唱団が歌っていると聴衆に感じさせてはならない。合唱団のセンスと実力が試される勝負所でもある。

更に第1部の終曲「汝ら神とキリストの名において進め」という司祭の言葉に臨終のゲロンティアスが導かれる個所も難易度が高く重要な部分である(75番)。ここで合唱は「12部」に分かれ、それが「12小節」続く。

この作品には「12」というキーナンバーが隠されている可能性がある。この作品の各ブロックの配置はとてもシンメトリックな構成となっている。まず第1部はゲロンティアスによって歌われる「Sanctus Fortis」が核心部分となり、その前に歌われるゲロンティアスと友人たちの「Rousu thee」「Be merciful」と、その後のゲロンティアスと友人たちの「I can no more」「Rescuer him」という対になる関係に挟まれ、更にその前後にゲロンティアスと友人、司祭による「Jesu, Maria」「Kyrie Eleison」と「Novissima hora est」「Proficisera anima」という対の関係に挟まれる形になる。核心部分を中心に置いてそれを対になる関係の曲が、あたかも十字架を描くように挟んで配置されている。第2部も同様に、悪魔の合唱と清霊の合唱が対となり、これを核心部分としてやはりそれぞれ対になる関係の曲がそれらを挟む形になる。そしてそのように分けられたブロックの数は第1部と第2部合わせて11となり、これに序曲をプラスすると12になる(下図参照)。

12という数字はキリストの使徒の数。エルガーの一連の宗教作品作曲のきっかけとなったのが、リトルトンハウス校の校長F・リーヴの「キリストの使徒たちは、君たちと何ら変らぬ普通の人たちであった」という言葉であった。以来エルガーはキリストの使徒たちにまつわる作品の作曲を心に決めていた。実際、当初バーミンガム音楽祭から委嘱を受けた時に、彼は12使徒に関する作品を作曲しようと試みている。この時は時間的制約もあり、この試みは実現せず、代わりに「ゲロンティアスの夢」という作品に姿を変えたが、その3年後に彼は「使徒たち」を作曲し、当初のプロジェクトを実行に移している。

これらの隠された「12」は、実現できなかった12使徒プロジェクトの痕跡ではないだろうか。


Part 1.

1.Prelude 2.Gerontius Jesu, Maria'

 Assistants Kyrie Eleison'

3.Gerontius Rouse thee, my fainting soul'

 Assistants Be merciful, be gracious'

4.Gerontius Sanctus Fortis' 5.Gerontius I can no more'

 Assistants Rescue him'

6.Gerontius Novissima hora est'

 Priest and Assistants
 Proficisere anima' 


Part 2

7.Soul of Gerontius I went to sleep'

 Angel My work is done'

8.Soul It is a member'

 Soul/Angel A presage falls upon thee'

9.Soul But harl'

 Demons Low born clods of brute'

10.Soul I see not'

  Angelicals Praise to the Holiest'

11.Angel Thy Judgement is now near'

  Angel of Agony Jesu by that shuddring dread'
  Soul I go before my judge'

12.Soul Take me away'

  Souls in Purgatory Lord, thou hast been our refuge'
  Angel Softly and Gently'


合唱の壮麗な響き、ドラマティックなソロ、秘められた数字の謎、オルガンなどが加わった壮大な管弦楽など、このように、この作品の魅力は語り尽くせないほどのものがある。しかし多分に個人的見解を込めてこの作品の最大の聴き所を一点に絞るならば、第2部の終結近く、魂となったゲロンティアスが遂に「神」の姿を一瞥する決定的瞬間を管弦楽で表現した部分(練習番号120番=ここにも12という数字が)であると、あえて断言する。ゲロンティアスの魂が「Take me away」と感極まって熱唱する直前で全曲中最大のクライマックスを迎える。この作品のスコア中、フォルテが3つついているのは、ここと清霊の合唱が最高潮に達する部分(74番)だけ。 まるで仏陀(ゲロンティアス)が煩悩に打ち勝ち「悟り」を開いた一瞬のような奇跡を描写しているかのよう。様々な経緯を経て、ここに到達した時の感動は比類のないものである。ここから終曲のコントラルトの歌う天使の告別まで感動の頂上歩き状態が続く。「この作品は私の最高傑作である。どうかこの中の一部でも心に留めて欲しい」とエルガーは、ラスキンの言葉を借りて語っているだけのことがあり、エルガー作品内にとどまらず英国音楽史においてもこの作品は極めて大きな存在となっている。