ボーイ・ジョージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボーイ・ジョージ
Boy George Here and Now Tour 2011 452 v3.jpg
2011年
基本情報
出生 1961年6月14日(54歳)
出身地 イングランドの旗 イングランドベクスリー・ロンドン特別区

ボーイ・ジョージ(Boy George、1961年6月14日 - )は、イギリスミュージシャン。本名はジョージ・アラン・オダウド(George Alan O'Dowd)。カルチャー・クラブヴォーカリストとして知られる。

略歴[編集]

1982年カルチャー・クラブのヴォーカリストとしてデビューする。奇抜なメイクと独特のハイトーンボイスを駆使した楽曲でヒット曲を連発。1980年代第2次ブリティッシュ・インヴェイジョンを牽引した。代表曲に「君は完璧さ」「カーマは気まぐれ」「ポイズン・マインド」「ミス・ミー・ブラインド」「戦争の歌」などがある。 1984年スーパー・チャリティ・プロジェクトのはしりとなるバンド・エイドにに当時の人気スターとして参加。 1986年ドラッグ所持で逮捕され、カルチャー・クラブは活動休止。ソロ活動を開始し、1987年にアルバム「Sold」をリリース。1990年には「Jesus Loves You」名義で活動(同名義ではアルバム「The Matir Mantra」一作のみリリース)。1992年に、アカデミー賞脚本賞を受賞した同名映画の主題歌となった「クライング・ゲーム」(プロデュースはペット・ショップ・ボーイズ)がヒット。

1995年カルチャー・クラブでの栄光と挫折を中心にえがいた自伝「Take it like a man」を発表(未邦訳)。のちにジョージの自伝とリー・バウリーの本を元にした、ミュージカル「Taboo」がロンドンとブロードウエイで上演された(ロンドン版とブロードウエイ版では、舞台の内容が多少異なっている)。また英国では自伝を脚色して、2010年にTVドラマ化(「Worried About the Boy」)もされている。

カルチャー・クラブは、1998年11月に活動を再開するが、翌1999年12月には再び活動を休止する。その後2014年活動を再開し、2015年には新譜が予定されている。

2014年1月、ソロの音楽活動を再開。アルバムと2曲のシングルを発表。またUKツアーとUSAツアーも行われた。

人物像[編集]

  • 親日家であり、「ミス・ミー・ブラインド」などのミュージック・ビデオでは漢字日本人女性が登場している。また、「戦争の歌」の一部で“戦争反対”と日本語で歌っている。
  • 普通に日本の音楽番組のスタジオで歌っていた。
  • イギリスのテレビ番組ではコメンテーターとしてよく登場し、歯に衣着せぬ切れ味鋭い発言をしている。
  • 日本の某テレビ番組でインタビューでは、日本語訳の字幕オネエ言葉になっていた。
  • 日本の某テレビ番組で『ひょうきん族』の明石家さんま扮するのパーデンネンの格好を見たとき"You crazy"と言った。
  • 音楽活動を再開するに伴い、近年ダイエットを敢行し、往年の体型を取り戻した。
  • 料理好きで、料理の写真やレシピがTwitterなどで紹介されている。
  • 断酒の星である。

事件[編集]

ディスコグラフィー[編集]

カルチャー・クラブでの活動は除く
タイトル 概要
1987 Sold オリジナルアルバム
1988 Tense Nervous Headache オリジナルアルバム
Live My Life オリジナルシングル
1989 Boyfriend オリジナルアルバム
High Hat ベスト盤
1991 The Martyr Mantras オリジナルアルバム
1992 Spin Dazzle – The Best of Boy George and Culture Club ベスト盤
The Crying Game サントラ・テーマ曲
1993 At Worst... The Best of Boy George and Culture Club ベスト?盤
More Than Likely P.M. Dawn提供曲
1994 Human Beings Gaurangi提供曲
The Devil in Sister George EP EP盤
1995 Cheapness and Beauty オリジナルアルバム
1996 Everything I Own ベスト盤
Love Is Leaving オリジナルシングル
1997 Police and Thieves Dubversive and Mica Paris提供曲
1998 The Unrecoupable One Man Bandit オリジナルアルバム
When Will You Learn オリジナルシングル
1999 Why Go? Faithless提供曲
Galaxy Mix DJ盤
2001 Essential Mix DJ盤
BoyGeorgeDj.com DJ盤
Lucky for Some DJ盤
2002 Classic Masters ベスト盤
Something Old, Something New – A More Protein Compilation DJ盤
A Night Out with Boy George – A DJ Mix DJ盤
A Night In with Boy George – A Chillout Mix DJ盤
U Can Never B2 Straight オリジナルアルバム
Taboo - Original London Cast サントラ
Run Sash!提供曲
Auto-Erotic Dark Globe提供曲
2003 Psychology of the Dreamer Eddie Lock提供曲
Out of Fashion Hi-Gate提供曲
2005 Straight EP盤
2006 You Are My Sister Antony and the Johnsons提供曲
2007 You're Not the One Loverush UK!提供曲
Time Machine Amanda Ghost提供曲
Atoms Dark Globe提供曲
2009 American Heart Bliss提供曲
White Xmas オリジナルシングル
2010 Ordinary Alien オリジナルアルバム
Someone Else's Eyes Amanda Lear and Deadstar提供曲
Take Us to the Disco Bylli Crayone提供曲
Somebody to Love Me Mark Ronson and Andrew Wyatt提供曲
2012 Happy DJ Yoda提供曲
King of Queens EP盤
2013 Coming Home Dharma Protocol提供曲
This Is What I Do オリジナルアルバム

CM[編集]

  • TAKARA 純
  • TAKARA CANチューハイ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]