ウィリアム・ティンダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
焚刑の際「神よ、イギリス国王の目を開きたまえ」と叫んだティンダル

ウィリアム・ティンダル(William Tyndale, 1494年あるいは1495年 - 1536年10月6日)は、聖書ギリシャ語ヘブライ語原典から初めて英語に翻訳した人物。宗教改革への弾圧によりヨーロッパを逃亡しながら聖書翻訳を続けるも、1536年逮捕され、焚刑に処された。その後出版された欽定訳聖書は、ティンダル訳聖書に大きく影響されており、それよりもむしろさらに優れた翻訳であると言われる。実際、新約聖書の欽定訳は、8割ほどがティンダル訳のままとされる。

すでにジョン・ウィクリフによって、最初の英語訳聖書が約100年前に出版されていたが、ティンダルはそれをさらに大きく押し進める形で、聖書の書簡の多くの書を英訳した。

関連項目[編集]

文献[編集]

  • デイヴィド・ダニエル(田川建三訳)『ウィリアム・ティンダル ある聖書翻訳者の生涯』勁草書房、2001年1月、ISBN 4326101326

外部リンク[編集]

田川訳の伝記に関するもの[編集]