フーゴ・ヴォルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フーゴ・ヴォルフ
Hugo Wolf
}
基本情報
出生 1860年3月13日
出身地 オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国
シュタイアーマルク州
ヴィンディッシュグレーツ
死没 1903年2月22日(満42歳没)
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国ウィーン
学歴 ウィーン音楽院退学
ジャンル クラシック音楽
職業 作曲家
音楽評論家

フーゴー・ヴォルフHugo Wolf1860年3月13日 - 1903年2月22日)はオーストリアシュタイアーマルク州ヴィンディッシュグレーツ( Windischgrätz 現在のスロベニアスロヴェニ・グラデツ[1]で生まれた作曲家音楽評論家である。

生涯[編集]

両親ともスロヴェニア人で、家名はもともとヴォウク(Vouk)と綴った。父親は皮商人(皮細工職人)で、熱心な音楽愛好家であった。その父親からフーゴーはピアノヴァイオリンを学んだ。学校時代は音楽以外の才能がありそうでもなく、楽しい学校生活ではなかった。結局1875年ウィーン音楽院に入学した。彼はここでごく僅かしか勉強せず、1877年、多分いたずらから校長宛に脅迫状を書き、退学処分となった。17歳のときから音楽を自習した。ピアノのレッスンと父親から時折ある財政的援助のお蔭で、数年ウィーンで生活する事が出来た。しかし生活は厳しくなり、極度の貧困から健康を害し、彼の誇る繊細さと神経質な性格がかなり衰えていた。

1884年、ヴォルフはウィーンの並木通りに(出没する)「サロンブラット(社交誌)」の音楽評論家になった。妥協のない辛らつな表現によって、すこしばかりの名声を得た。熱烈なワーグナーへの賛美は、厳しいブラームス拒否へと結びついていき、彼はブラームスを生涯見下していた。

ヴォルフがブラームスを見下すようになったのは1879年頃の両者の出会いのことだった。ヴォルフが自分の作品を携えてブラームスを訪ねた時に、もっと音楽の世界を広げた方がよいという助言をもらった。また、ベートーヴェンの作品を研究していたグスタフ・ノッテボームの下で、対位法に習熟するためのレッスンを受けるべきとも言われた。それがヴォルフには自分への批判のように聞こえたため、ワーグナー派とブラームス派との対立に便乗する形となった。

1887年、この年、ヴォルフは12の歌曲を発表、サロンブラットでの地位を断り、なお一層作曲に没頭した。その後の9年間作曲家として名声を得た。時の経過と共に、やがて集中的創造力の時期のあと、精神的及び肉体的な衰弱を感じ、時には音楽を聴くことすら我慢できない状況にあった。

1891年の終りには、すでにヴォルフは名声を博した最高傑作を生み出していた。これらはメーリケの詩集から43編、20のアイヒェンドルフ の詩から20編、ゲーテの51の詩集、ガイベル(Emanuel von Geibel, 1815 - 1884)とパウル・フォン・ハイゼ(Paul Heyse, 1830 - 1914)のスペイン詩集から44編、ハイゼのイタリア詩集から22篇である。

1895年には24の別の歌曲を作曲した。更に他の著作者によるテキストから13篇、イプセンの3幕の劇『ソールハウグの宴』の舞台音楽、幾つかの合唱曲と器楽作品、1896年マンハイムで初演され成功を収めた5幕のオペラ『お代官さま』、最後に1897年3月、『ミケランジェロの3つの詩』を作曲した。

1897年の9月、梅毒の影響が現れた。それは18歳の時に招いたものであった。その結果、精神病院へ強制的に入れられ、4ヶ月後の1898年1月に退院した。その1ヵ月のちトラウン湖[2]自殺(未遂)を図り、連れ戻された。その後自分の意志で施設に戻り、狂気のまま5年を過ごし、1903年2月22日に悩み多きヴォルフは満43歳直前に逝去した。

音楽[編集]

作品と悲劇的な最期を別にすれば、ヴォルフの人生は、熱意があっても成功しなかった他の音楽家と大差無かった。感受性に富み、気難しい性格が職業上の成功の妨げになった。収入のほとんどは、批評家達や彼の歌曲を紹介してくれる歌手達といった小さな友人グループの粘り強い努力と、ウィーン・アカデミーのワーグナー協会や1887年にウィーンで設立されたフーゴー・ヴォルフ協会の支援であった。1891年に出版社ショットがヴォルフの歌曲の出版に着手したものの、財政上の成果としては、5年間でわずか85マルク35ペーニッヒであった。彼は質素な安宿で生活していた。1896年に心の広い友人達の特別の計らいにより住処が提供されたが、そこに住むことができたのは1年間だけだった。

後期ロマン派の作曲家としての立場は、美と形式での伝統的な規則を必ずしも放棄せねばならないわけではなかったが、それらが劇的・感情的な表現をより厳密に、あるいはより生き生きと描くことと対立するならば、特に挑戦的で独創的な作曲手法と顕著な独創性をもつ個性とにおいて、ヴォルフは特別な位置についていた。それはむしろ極度に深い詩の読み込みと想像力を持つことの直接の結果であった。彼は幻想という、天才と単なる才能とを区別する、あの天賦の才を持っていたのである。

彼の歌曲のよくあるスタイルは、伴奏の中の単一の音楽フレーズ―ライトモティーフのような―から構築され、人を惑わすような表現が操作される。こういった彼の作品は歌曲のワーグナー的な原則に基づく書き換え以外の何ものでもない。実際的には、彼の歌曲の構成は彼の作曲した詩の構成にしたがって、同じ広がりの中で変容される。 同じように、旋律法の中で注目すべきは、ヴォルフのマスターした音楽表現様式の幅の広さである。しかし、ひどく窮屈に詩の理念に拘束されていたのに、ヴォルフが形式と表現にそれを表し、テキストの分析に左右されなかった。

偉大な歌曲作曲家に連なる彼の立場は、率直さの故であり、作品の独自性とそれを伴う活力ある内的緊張を示している。こうした結論は、彼のなみ外れた音楽的才能の結果からだけではなく、なみ外れた批評家の観点からの抒情詩の理解からも得られる。 他の作曲家で自分の作曲した詩にこれほどまでに良心的に畏敬の念を表現する者はいない。 ひとつの間違ったアクセントでも、理念の誤った解釈、或いは、テキストの中の重要な暗示の見落としと同様に彼にとっては嫌悪すべきこと、聖なるものへの冒涜であった。

デクラマチオーン(劇的朗読法)において緻密である点で、ヴォルフの歌曲以外に、これほど高い段階に届くものはない。彼の精神の、客観的で劇的な姿勢もまた、強調されなければならない。 彼はそれを、独特の個性表現をめざした芸術の代わりに、詩の代弁者に自ら育て上げ、それゆえに著者のない詩(民謡)にも作曲している。それを彼は侮蔑を込めて《私は詩人》と名付けた。 彼の歌曲には個性的な男女が描かれているため、聞き手は生き生きとした肖像画の画廊を見るかのようである。これはなるほど一人の手による作業であるのは明らかであるが、しかしそれなのにすべてに彼独自の個性を示している。 こうした主張は、一瞥すると彼の歌が分かり易く旋律的であり、また一見すると極端な複雑さと苦難の存在がある。前者は、メーリケの『捨てられた乙女』と『庭師』、アイヒェンドルフの『秘められた恋』『旅音楽師』、ゲーテの『アナクレオンの墓』、『スペイン歌曲集』の『心よ、すべては眠りにつく』、『イタリア歌曲集』の1番から4番までと分かるかもしれない。後者は、メーリケによる『エオリアンハープに寄せて』と『火の騎士』とゲーテによる『ガニメート』と『プロメテウス』の場合である。

彼の歌曲に見られる大胆な転調、開始調で終止しない、などの調感覚は、彼の生きた後期ロマン派の時代の19世紀末の様式をよく反映している。


代表作[編集]

歌曲[編集]

器楽曲[編集]

外部リンクと情報[編集]

  1. ^ ウィーンから約280Kmほど南南西に位置する。
  2. ^ バート・イシュルの北東、ザルツブルクの東約50Km、ザルツカンマーグートに近い。ウィーンの西約235Kmに位置する風光明媚な所である。

参考文献[編集]

  • 渡辺護『ウィーン音楽文化史』(上・下) 1998年
    エピソードとしてフーゴー・ヴォルフの精神病院入院の経緯が詳しく興味深い。音楽院で同級のグスタフ・マーラーやブラームスとの関係も詳しい
  • ブラームス作曲「交響曲 第3番 ヘ長調作品90」(解説:西原稔) 音楽之友社 OGT2113