エドゥアルト・メーリケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドゥアルト・フリードリヒ・メーリケ
Eduard Mörike.jpg
誕生 1804年9月8日
ルートヴィヒスブルク
死没 1875年6月4日(満70歳没)
シュトゥットガルト
職業 詩人
国籍 ドイツの旗 ドイツ
文学活動 ロマン派
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

エドゥアルト・フリードリヒ・メーリケ(Eduard Friedrich Mörike, 1804年9月8日 ルートヴィヒスブルク - 1875年6月4日 シュトゥットガルト)はドイツロマン主義詩人

生涯[編集]

ルートヴィヒスブルク生まれ。テュービンゲン大学神学を学んだ後、聖職者となり、ルーテル教会牧師となった。1834年ヴァインスベルク近郊のクレーファーズルツバッハの牧師に就任したが、その後、健康上の理由で辞職した。1851年、シュトゥットガルトのカタリーネンシュティフトでドイツ文学の教授になり、1866年まで勤めた。その後もシュトゥットガルトに住み、その地で亡くなった。

作品[編集]

メーリケは、ルートヴィヒ・ウーラント(en:Ludwig Uhland)を中心とした通称シュヴァーベン派のメンバーだった。メーリケの詩『Gedichte(詩)』(1838年。第22版1905年)はほとんどが抒情詩でユーモラスなものが多い。しかし表現はシンプルで自然な言葉を使っている。『lieder(歌集)』は形式において伝統的で、ゲーテのそれと比較された。さらにメーリケはいささかファンタスティックな『Idylle vom Bodensee, oder Fischer Martin und die Glockendiebe(ボーデン湖の牧歌、またはフィッシャー・マルティンと鐘泥棒』(1846年。第2版1856年)を書き、ギリシアローマの讃歌(hymn)、頌歌エレジーアイディル(牧歌)の選集『Klassische Blumenlese(古典詞華集)』(1840年)、さらに、人気のある教養小説『画家ノルテン(Maler Nolten)』(1832年。第6版1901年)など、いくつかの小説・物語も書いた。他の作品では、芸術と相容れない世界で芸術家が抱える問題をユーモラスに描いた中編小説『旅の日のモーツァルトプラークへの旅路のモーツァルト、Mozart auf der Reise nach Prag)』(1856年)がある。メーリケの詩には、フーゴ・ヴォルフが多数に曲をつけた他、ロベルト・シューマンヨハネス・ブラームスマックス・ブルッフアルバン・ベルクも曲をつけている。メーリケの『Gesammelte Schriften』は最初4巻で出版された。

日本語訳[編集]

  • 『メーリケ詩抄』江原綱一訳(悦志堂 1966)
  • 『メーリケ詩集』森孝明訳(三修社、1993)
  • 『旅の日のモーツァルト』
  • 『画家ノルテン』手塚富雄訳 筑摩書房、1948 
  • 『美はしき別離』川崎芳隆訳 蒼樹社 1949
  • 『宝の小筥』小野浩訳(羽田書店 1950)『宝の小箱』角川文庫 
  • 「シュツットガルトの皺くちゃ親爺」熊井一郎訳『世界文学大系』筑摩書房、1964 
  • 「シュトゥットガルトのしわくちゃこびと」小沢俊夫訳 「イェツェルテの手」鈴木潔訳『ドイツ・ロマン派全集 第7巻 ハウフ、メーリケ』(国書刊行会 1984)
  • 小男フッエルメンライン 独逸童話文学選集 - 訳:山崎省吾増進堂
  • 手塚富雄全訳詩集 2 ヘルダーリン、オーデ、エレギー、アイヒェンドルフ、メーリケ、レーナウ - 訳:手塚富雄(角川書店)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]