エリーザベト・シュヴァルツコップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エリーザベト・シュヴァルツコップ(Olga Maria Elisabeth Frederike Schwarzkopf, 1915年12月9日 - 2006年8月3日)は、ドイツソプラノ歌手で、ドイツのオペラ歌曲における優れた歌唱で知られる。シュワルツコップシュヴァルツコプフエリザベート・シュワルツコフとも書かれる。湾岸戦争時の米中央軍司令官ノーマン・シュワルツコフ陸軍大将は彼女の甥と言われているが、エリーザベトに兄弟姉妹はないので、これは都市伝説である。

経歴[編集]

プロイセン王国ポーゼン州(現ポーランドヴィエルコポルスカ県)のヤロチン:Jarotschin, Jarocin - ロック・フェスティヴァルで有名)で生まれ、ベルリン音楽大学で学んだ。最初はコントラルトであったが、後に歌手で名教師のマリア・イーヴォギュンに師事し、ソプラノに転向した。1938年ベルリン・ドイツ・オペラで『パルジファル』の花の乙女を歌い、デビューした。1943年に当時ウィーン国立歌劇場の総監督だったカール・ベームに認められたため、同歌劇場と契約し、コロラトゥーラ・ソプラノとして活躍を始めた。

第二次世界大戦後、後に夫となるHMV/EMI/英コロムビアレコードの名プロデューサー、ウォルター・レッグと出会った。レッグは『セビリアの理髪師』のロジーナを歌うエリーザベトを聴き、即座にレコード録音の契約を申し出た。しかし、当時から完全主義者だった彼女がきちんとオーディションをするよう望むと、レッグは厳しいオーディションを行った。ヴォルフの『誰がお前を呼んだのか』(Wer rief dich denn?:『イタリア歌曲集』中の1曲)を繰り返し様々な表情で歌わせるというもので、これを1時間以上も続けたという。居合わせた指揮者カラヤンはあまりの執拗さに、レッグに対し「あなたは余りにもサディスティックだ」と言い置いて立ち去った。しかし、シュヴァルツコップはレッグの要求以上の才能を見せ、2人はその夜EMIへの専属録音契約を交わした。それ以来レッグは彼女のマネージャーと音楽上のパートナーを務め、1953年に2人は結婚した。

当初は彼女の声質により、ブロントヒェン(『後宮からの誘拐』)やツェルビネッタ(『ナクソス島のアリアドネ』)などコロラトゥーラの役を歌っていたが、レッグの勧めもあって、次第にリリックなレパートリー、すなわちアガーテ(『魔弾の射手』)や伯爵夫人(『フィガロの結婚』)などに移行していった。 バイロイト音楽祭ザルツブルク音楽祭にも出演し、ベーム以外にもカラヤンやフルトヴェングラーともしばしば共演した。1947年にはイギリスコヴェント・ガーデン王立歌劇場に、1948年にはミラノスカラ座に、1964年にはニューヨークメトロポリタン歌劇場にデビューし、そのほか各地の歌劇場で歌い、あるいは歌曲のリサイタルを行った。 1952年には元帥夫人(『ばらの騎士』)をスカラ座においてカラヤンの指揮で歌い、成功を収めた。以来、この役は彼女を代表する役柄として知られるようになった。1960年には映画(ライブ録音をもとに映像を別途フィルム撮影したもの)も制作され、今なお名作としてDVDなどで親しまれている。

オペレッタの録音にも非常に熱心で、オットー・アッカーマンとカラヤン(「こうもり」のみ)の指揮のもと、全曲録音6点とアリア集を残し、EMIの名物シリーズの礎を築いた。「メリー・ウィドー」はマタチッチ指揮でステレオ再録音も行った。

R.シュトラウスやヴォルフの歌曲録音は高く評価された。

他人を誉める事は少ない。しかしながら、フィッシャー=ディースカウを「神のような存在」、白井光子ハルトムート・ヘルのリート・デュオを「世界最高の音楽家夫婦」と賛辞を送っている。フィッシャー=ディースカウとは理知的な歌唱、技術の高さ、広範なレパートリーでドイツ声楽界をリードした業績などが男女の双璧といわれるが、ドイツ語に強い誇りとこだわりを持つ点も共通している。言葉のニュアンスをじゅうぶん理解せずに歌う行為を嫌い、自身も外国語の歌唱には比較的慎重である。

シュヴァルツコップは1976年に歌劇場での現役を退くとともに、歌曲リサイタル(1979年引退)と後進の指導に力をいれた。1992年、イギリス女王エリザベス2世は、シュヴァルツコップにDBE(Dame Commander of the Most Excellent Order of the British Empire)の称号(ナイト爵に相当し、女性に与えられる)を授与した。

2006年8月3日、オーストリア西部のフォアアールベルク州シュルンスの自宅で死去。死因は不明。90歳だった。

代表的なレパートリー[編集]

オペラ[編集]

歌曲[編集]

(作曲者名のみ)

など

参考文献[編集]

  • 『レッグ&シュヴァルツコップ回想録 レコードうら・おもて』(原題 : On and Off the Records )シュヴァルツコップ著、河村錠一郎訳、1986年 音楽之友社 ISB4-276-20352-X C1073 \2800E 他