クリスティアン・シンディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスティアン・シンディング
Christian Sinding
Christian Sinding.jpeg
基本情報
出生 1856年1月11日
ノルウェーの旗 ノルウェーコングスベルグ
死没 1941年12月3日(満85歳没)
ノルウェーの旗 ノルウェーオスロ
ジャンル クラシック
職業 作曲家

{{{Influences}}}

クリスティアン・アウグスト・シンディングChristian August Sinding, 1856年1月11日 - 1941年12月3日)は、コングスベルグに生まれオスロに没したノルウェー作曲家グリーグ以降で最も重要なノルウェー・ロマン派の作曲家[1]といわれる。

人物[編集]

最初はヴァイオリニストを志し、オスロでグドブラン・ベーンノルウェー語(ブークモール)版にヴァイオリンを、ルドヴィク・マティアス・リンデマン英語版に音楽理論を学んだ。1874年からライプツィヒ音楽院でヘンリ・シュラディークにヴァイオリンを、カール・ライネッケザロモン・ヤーダスゾーンに音楽理論と作曲を学び、やがて作曲に才能があることがわかり作曲家に転向した[2]。初期の試みはあまりうまくいかなかったが(彼はのちにいくつもの初期の作品を破棄している)、1885年に初演されたピアノ五重奏曲ホ短調 op.5を皮切りに、変奏曲 op.2(1886年初演)やピアノ協奏曲変ニ長調 op.6(1889年初演)、交響曲第1番ニ短調 op.21(1890年初演)が国際的な好評を得たことにより、ノルウェーの音楽界における地位を確立した[2]

シンディングは40年近くもの長い間ドイツに住み、ドイツの音楽界と密接な繋がりがあったが、ノルウェー政府により1880年から定期的な奨励金を、1910年からは年金を支給されていた[2]。1921年には数か月間ニューヨーク州ロチェスターイーストマン音楽学校の作曲の客員教授となった[3]。1924年には彼の栄誉を称えてノルウェー政府からヘンリック・ヴェルゲラン英語版の邸宅であった「グロッテン英語版」が住居として提供された[2]

作品[編集]

ドイツ・ロマン派、特にリストワーグナーシュトラウスの影響が色濃い[1][2]。作品の中で特に有名なのはピアノ曲『春のささやき』である[4]。彼が生涯ドイツ・ロマン派の語法を固守したことや、死の直前にナチスのプロパガンダに利用されたことが原因となり[5]、『春のささやき』以外の作品はレパートリーから消えてしまっていたが、ロマン派の音楽への興味の復活英語版に伴い、他の作品が演奏されることも次第に増えてきている[4]

以下、括弧内は作曲年を表す。

交響曲[編集]

  • 交響曲第1番 ニ短調 op.21(1880-1890年[1]、1892年改稿[2]
  • 交響曲第2番 ニ長調 op.83(1903-1904年[1]
  • 交響曲第3番 ヘ長調 op.121 (1920年[1])
  • 交響曲第4番 『冬と春』 op.129(1921-1936年[1]

協奏曲[編集]

  • ピアノ協奏曲ニ長調 op.6 (1889年[1])
  • ヴァイオリン協奏曲第1番イ長調 op.45 (1898年[1])
  • 伝説 op.46 (1900年[1])
  • ヴァイオリン協奏曲第2番ニ長調 op.60 (1901年[1])
  • ロマンス ニ長調 op.100 (1910年[1])
  • ヴァイオリン協奏曲第3番イ短調 op.119 (1917年[1])

室内楽曲[編集]

  • ピアノ五重奏曲ホ短調 op.5 (1882-1884年[1])
  • 組曲イ短調 op.10『古い様式で』 (1889年[1])
  • ピアノ三重奏曲第1番ニ長調 op.23 (1893年[1])
  • ピアノ三重奏曲第2番イ短調 op.64a (1902年[1])
  • ピアノ三重奏曲第3番ハ長調 op.87 (1908年[1])

ピアノ曲[編集]

合唱曲[編集]

  • 波の歌 (Wogensang) 女声三部合唱、ピアノ伴奏、ノルウェー語またはドイツ語

歌劇[編集]

  • 聖なる山 op.111 (1912年[1])

参考文献[編集]

  • Per Vollestad. (2005) Christian Sinding. Oslo: Solum Forlag.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s Kari Michelsen. “Sinding, Christian.” Grove Music Online. Oxford Music Online”. Oxford University Press. 2013年8月14日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Nils Grinde. (1991) A History of Norwegian Music. Lincoln, NE: University of Nebraska Press, pp.252-257.
  3. ^ Grinde (1991)とVollestad (2005)による。Michelsenには1920-21年と記載されているが、おそらく1921-22年の誤記である。Vollestad(その中の“Professor Sinding”と題された節 (pp.181-184) にシンディングのアメリカ行きに関して詳細な記述がある)によると、シンディングがイーストマンの招請を承諾したのが1921年5月、アメリカに向けて発ったのが同年9月であり、1922年6月に帰国した。
  4. ^ a b John H. Yoell. (1974) The Nordic Sound: Explorations into the Music of Denmark, Norway, Sweden. Boston, MA: Crescendo Publishing, pp.206-208.
  5. ^ Per Vollestad. (2005) Christian Sinding. Oslo: Solum Forlag, pp.211-241. 英語では、次の解説ページに簡単な記述がある:Christian Ihle Hadland. ‘About this Recording. Sinding, C.: Violin and Piano Music, Vol. 2 (Kraggerud, Hadland)’”. Naxos. 2013年8月14日閲覧。

外部リンク[編集]