ハインツ・ティーティエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1936年バイロイト音楽祭、『パルジファル』のリハーサルで(右)

ハインツ・ティーティエンHeinz Tietjen, 1881年6月24日 - 1967年11月30日)はドイツ指揮者音楽監督

モロッコタンジール出身。アルトゥル・ニキシュに師事。23歳でトリーア歌劇場の指揮者に就任し、1907年には芸術監督に任命され、両職を1922年まで務めた。また並行して1919年から1922年までザールブリュッケンとブレスラウ(現在のポーランド領ヴロツワフ)でも芸術監督を務めた。1925年から1927年にかけてベルリン市立歌劇場(現在のベルリン・ドイツ・オペラ)の音楽監督を務めた後、ベルリン国立歌劇場に移った。ヴァイマル共和国が崩壊してナチス政権が成立した後もヘルマン・ゲーリングの庇護を受けて国立歌劇場での職務を継続した。またヴィニフレート・ワーグナーに招かれ、1931年から1944年にかけてバイロイト音楽祭の芸術監督を務めた。

1948年、ベルリン・ドイツ・オペラに戻り、1955年まで勤務した。また1959年までハンブルクの国立歌劇場の監督も務めた。1967年、バーデン=バーデンで死去。

参考文献[編集]

  • Hannes Heer und Boris von Haken: Der Überläufer Heinz Tietjen. Der Generalintendant der Preußischen Staatstheater im Dritten Reich. In: Zeitschrift für Geschichtswissenschaft 58(2010) H. 1, S. 28