カール・ディッタース・フォン・ディッタースドルフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・ディッタース・フォン・ディッタースドルフ

カール・ディッタース・フォン・ディッタースドルフ男爵Carl(Karl) Ditters Baron von Dittersdorf, 1739年11月2日 - 1799年10月24日)は、ハイドンモーツァルトと同時代のウィーンに生れ、ボヘミア・ノイホーフ(チェコ)で没した作曲家ヴァイオリン演奏家。

もとカール・ディッタース(Carl Ditters)と称したが、のちに貴族となり、「ディッタースドルフ男爵」を称した。

略歴[編集]

カール・ディタースの父は神聖ローマ皇帝カール6世の下で宮廷劇場の衣装デザイナー(刺繍職人)としての地位を得ていた。息子カールの音楽への興味に対して身近な音楽家たちを教師に頼み、息子は期待通りの成長をした。更に、早くからザクセン=ヒルトブルクハウゼン公子ヨーゼフ(en, 1702年 - 1787年、神聖ローマ帝国の元帥で数々の戦果を挙げ、皇帝に優遇されていた)に見出され、特別の教育を受けた。


コントラバス協奏曲を残していることから、時にコントラバス奏者と誤解されることもあるが、実際はブルク劇場で定期演奏会が開催されていたほどのヴァイオリン演奏の巨匠であった。当然ヴァイオリン協奏曲も多数作曲している。ディッタースドルフの作品は好評に迎えられ、1760年代初期にはレオポルト・ホフマン(Leopold Hoffmann, 1730年? - 1793年)やヨセフ・ハイドンヴァンハルらと並んで、ウィーンでの楽壇の指導的な立場にあった(ハイドン、モーツァルト、ヴァンハルとは弦楽四重奏を組んだこともある)。特にオペラオペレッタジングシュピールについては、ウィーンばかりでなく広く大衆に普及した。晩年はほとんど見捨てられたようになり、出版社からは出版を断られ、自分の時代が去ったことを自覚していた。最晩年の1799年に自叙伝を書いた。

作品[編集]

など多数。

外部リンク[編集]