ヨハン・バプティスト・ヴァンハル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・バプティスト・ヴァンハル

ヤン・クシュチテル・ヴァニュハルJan Křtitel Vaňhal, 1739年5月12日 - 1813年8月20日)はウィーン古典派作曲家のひとり。ボヘミア出身だが、ヨハン・バプティスト・ヴァンハルJohann Baptist Vanhal)のドイツ語名で有名。かつてはこの姓をvan Halのように解釈して、オランダ系とする説もあった。

ネハニーツェでチェコ人の農民の家庭に生まれ、地方の音楽家から早期教育を受ける。初めはつましい暮らしをしていたが、やがて村のオルガニストや教会楽長として生計を立てることができるようになった。ヴァニュハルのヴァイオリン演奏を聴いたシャフゴーチュ(Schaffgotsch)伯爵夫人は、1760年ウィーンディッタースドルフに作曲を学ぶことができるようにとりはからってくれた。その後も伯爵夫人は、ヴァニュハルが35歳になるまで、幅広く旅して、さらに音楽修行を積むことができるように支援を続けた。ヴァニュハルは、ハイドンやディッタースドルフ、モーツァルトとともに弦楽四重奏を演奏したとも伝えられている。

ヴァニュハルはウィーンでは音楽教師として活動したが、作曲家として名声を博し、作曲だけで生計を立てることのできた、おそらく最初の作曲家だったと言い伝えられている。ヴァニュハルが交響曲を作曲すると2・3年のうちに、ヨーロッパばかりでなく遥かアメリカ合衆国でも演奏されるほど、作曲家として成功を収めた。需要に応じて大量に作曲しなければならず、100曲の弦楽四重奏曲と、少なくとも73の交響曲、95の宗教曲、膨大な数の器楽曲や声楽曲を遺している。これほどの成功と活躍にもかかわらず、ヴァニュハルは後に(おそらくうつ病のため)、ウィーンを離れて生活した。

外部リンク[編集]