エフレム・ジンバリスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1933年

エフレム・ジンバリスト(Efrem Zimbalist、1889年4月9日 - 1985年2月22日)は、ヴァイオリニスト指揮者や音楽教師も勤めたほかに、作曲や編曲も手がけた。ロシア語名はエフレム・アレクサンドロヴィチ(アロノヴィチ)・ツィンバリスト'Ефре́м Алекса́ндрович (Аро́нович) Цимбали́ст')。

ロシアロストフ・ナ・ドヌにてユダヤ系音楽家の家庭に生まれる。指揮者の父親の楽団で、8歳になるまでにヴァイオリンを弾き始める。12歳でペテルブルク音楽院に入学してレオポルト・アウアーに師事。卒業後はベルリンブラームスの協奏曲を弾いてデビュー。1907年にはロンドンで、1911年にはボストン交響楽団と共演してアメリカ合衆国でもデビューし、その後はアメリカに定住した。古い時代の音楽の演奏によって、大いに人気を博した。

夫人のアルマ・グルック1884年 - 1938年)は、ルーマニア出身のユダヤ系アメリカ人ソプラノ歌手で、ジンバリストとの間に2子をもうけた。息子のエフレム・ジンバリスト・ジュニア Efrem Zimbalist Jr.1918年11月30日 - 2014年5月2日[1])はアメリカの有名なテレビ俳優で、孫のステファニー・ジンバリスト(ジュニアの娘、1956年10月8日 - )は世界的に人気のある女優である。

1922年、訪日したジンバリスト(右)を東京駅で出迎える森律子(中央)と村田嘉久子(左)。

1922年初来日、以後四度にわたって来日した。1928年フィラデルフィアカーティス音楽院で指導を始め、1943年に同校創設者のメアリ・ルイーズ・カーティス・ボック(Mary Louise Curtis Bok)と再婚。1941年から1968年までカーティス音楽院院長に就任する。主要な門人にオスカー・シュムスキーがいるほか、日本の江藤俊哉も高弟のひとりでしばらくカーティス音楽院で教授をつとめた。

1949年にいったん演奏活動から引退するも、1952年に復帰し、ジャン・カルロ・メノッティヴァイオリン協奏曲(ジンバリストへの献呈作)の世界初演を務めた。1955年にまたも引退。1962年から1966年までチャイコフスキー・コンクールの審査員に加わった。

作曲家としては、ピアノ協奏曲ヴァイオリン協奏曲、『アメリカ狂詩曲』、交響詩ダフニスとクロエ』を遺している。

出典[編集]

[ヘルプ]