狂詩曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

狂詩曲(きょうしきょく)またはラプソディー: rhapsody: Rhapsodie: rhapsodie: rapsodia)は、自由奔放な形式で民族的または叙事的な内容を表現した楽曲[1]。異なる曲調をメドレーのようにつなげたり、既成のメロディーを引用したりすることが多い。

19世紀半ばにフランツ・リストが作曲した『ハンガリー狂詩曲』(全19曲)がおそらく最も大規模かつ有名な作品であり、後年の作品はそれに何らかの影響を受けたものと考えられる。

またガーシュウィンの『ラプソディ・イン・ブルー』は知名度が大変高く、ポピュラー音楽の分野にも影響を与えている。

代表的な作品[編集]

クラシック音楽[編集]

生年順。

ポピュラー音楽[編集]

出典[編集]

  1. ^ 狂詩曲とは”. コトバンク. 2014年5月16日閲覧。

関連項目[編集]