ノーフォーク狂詩曲第1番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノーフォーク狂詩曲第1番 ホ短調Norfolk Rhapsody No. 1)は、1906年レイフ・ヴォーン・ウィリアムズが作曲した管弦楽のための狂詩曲1914年に改訂されている。

概要[編集]

この曲は、ヴォーン・ウィリアムズがイングランド東部のノーフォーク、特にキングズ・リンの港町とその周辺で採集した民謡が土台となっている。1905年から1906年にかけてノーフォークの民謡に基づく管弦楽のための狂詩曲が3曲書かれており、この曲はその中の1曲である。《ノーフォーク狂詩曲第2番 ニ短調》は断片のみが現存しており、スティーヴン・ホッガー(Stephen Hogger)によって再構成されているが、第3番は失われている[1]

音楽評論家のマイケル・ケネディ[注 1]が提示する説によると、ヴォーン・ウィリアムズは3つの狂詩曲をひとつの「ノーフォーク交響曲」として演奏されるものとして構想したが、これは実現しなかったのだという。第1番の初演は1906年8月に、ロンドンにおいてヘンリー・ウッド指揮で行われたが、その後1914年5月のボーンマスでの演奏に際して曲は大きな改訂を施された。第2番と第3番はともに1907年9月のカーディフ音楽祭で作曲者自身の指揮により初演され、後に1912年4月のロンドンでも演奏されたが、その後しまわれてしまった[1]。第3番は破棄され、また第2番も出版されることはなく、ヴォーン・ウィリアムズが1914年に第1番の大改訂を行った時に引っ込めてしまったようである。そして、その素材の一部は1926年の《イングランド民謡による6つの習作》に転用されている。にもかかわらず、最後の2ページを除いて草稿譜が遺されていたのである。リチャード・ヒコックス指揮、ロンドン交響楽団2002年の録音では、失われた終結部がスティーヴン・ホッガーによって補完されている。この録音は「1度限りの蘇演」にするということでレイフ・ヴォーン・ウィリアムズ協会から許可されたものだったが、2004年バービカン・センターで行われた音楽家慈善基金[注 2]のロイヤル・コンサートでは同じ指揮者とオーケストラが修正譜によって公開演奏を行った[2]

演奏時間[編集]

約11分半[3][4]

楽曲構成[編集]

3つの狂詩曲を交響曲に見立てた場合、第1番は第1楽章に相当する。まず「The Captain's Apprentice」と「The Bold Young Sailor」という2つの歌による導入部で始まり、アレグロの主部がそれに続くが、これは「A Basket of Eggs」、「On Board a Ninety-eight」、「Ward, the Pirate」という3つの歌を下敷きにしている。第2番は交響曲の第2、第3楽章を束ねたものとみなすことができ、緩徐楽章の中間にスケルツォが挿入された形式をとっている。ここでは3つの民謡が用いられており、既に第1番で登場した「Ward, the Pirate」が再び現れる。第3番は終楽章にあたっており、急速な行進曲とトリオが4つの民謡から成り立っていた。しかし、1920年に完全に破棄されてしまった[5]

楽器編成[編集]

脚注[編集]

注釈

  1. ^ 訳注:1926年生まれ、ヴォーン・ウィリアムズとは親しい仲だった。大英帝国勲章を受けている。(Michael Kennedy
  2. ^ 訳注:英国で音楽家や音楽に関わる企業の支援を行う団体。(Musicians' Benevolent Fund

出典

  1. ^ a b Michael Kennedy, Notes to Pastoral Symphony, Chandos Records 2002, 5-6
  2. ^ Mark Doran, "London, Barbican: Vaughan Williams Rarities", Tempo 58, no. 228 (April 2004): 70–73, citation on 72–73.
  3. ^ CHANDOS Vaughan Williams”. 2013年7月8日閲覧。
  4. ^ NAXOS Vaughan Williams”. 2013年7月8日閲覧。
  5. ^ Anon. "Cardiff Music Festival", The Musical Times 48, no. 777 (1 November 1907): 726–28, citation on 728. Edwin Evans, "Modern British Composers X: Ralph Vaughan Williams (Contd.)", The Musical Times 61, no. 927 (1 May 1920): 302–305, citation on 305.

外部リンク[編集]