エフレム・ジンバリスト・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エフレム・ジンバリスト・ジュニア
Efrem Zimbalist, Jr.
Efrem Zimbalist, Jr.
生年月日 1918年11月30日
没年月日 2014年5月2日(満95歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国カリフォルニア州ソルバング
身長 183 cm
職業 俳優・声優
ジャンル テレビ
活動期間 1946年 - 2008年
著名な家族 エフレム・ジンバリスト(父)
アルマ・グルック(母)
ステファニー・ジンバリスト(娘)

エフレム・ジンバリスト・ジュニアEfrem Zimbalist, Jr.1918年11月30日 - 2014年5月2日[1])は、アメリカ合衆国俳優声優

経歴[編集]

ニューヨーク生まれ。父エフレム・ジンバリストは有名なヴァイオリニスト。母アルマ・グルックオペラ歌手という家庭に育った。イェール大学出身。ネイバーフッド・プレイハウスで演技を学び、アメリカン・レパートリー劇団で『ヘンリー5世』『ヘッダ・ガブラー』などの舞台に立った。1957年に映画会社ワーナー・ブラザーズと専属契約を結び、翌1958年から1964年までTV映画『サンセット77』シリーズで主役の私立探偵スチュアート・ベイリーを演じ、1965年から1974年まで『FBIアメリカ連邦警察』シリーズで同じく主役の捜査官ルイス・アースキンを演じた。[2]

その間には、同じワーナーのTVシリーズ『マーベリック』『シュガーフット』『ブロンコ』『ハワイアン・アイ』、その他にも『ローハイド』『ヒッチコック劇場』にもゲスト出演して、その後も『Hotel』『Zorro』に出演し、晩年には『Batman』『Spiderman』『Superman』などのTVシリーズで声優として2008年までテレビで長く活躍した。

娘のステファニー・ジンバリストも女優で、彼女が主演したTVシリーズ『探偵レミントン・スティール』(1982年 - 1987年)で、父親の彼がゲスト出演したこともある。

映画でもオードリー・ヘプバーン主演の『暗くなるまで待って』で夫を演じ、『エアポート'75』では機長を演じている。2014年5月2日に95歳で死去。

出演作品[編集]

  • ザ・バットマン・スーパーマン・ムービー~ヒーロー頂上対決~(1998)TVアニメ※声の出演
  • バットマン(1992)TVアニメ※声の出演
  • ホット・ショット(1991)
  • フィービー・ケイツのトライアングル・ラブ(1983)TVムービー
  • 絆/死を見つめて(1979)TVムービー
  • 戦慄の毒蜂軍団(1978)TVムービー
  • エアポート’75(1974)
  • 暗くなるまで待って(1967)
  • FBIの敵No.1(1967)
  • FBIアメリカ連邦警察(1965~1974)TV映画※9シーズン241話出演
  • メキシコで死ね(1965)
  • チャップマン報告(1962)
  • 愛するゆえに(1961)※日本未公開
  • 翼の男(1960)
  • サンセット77(1958~1965)TV映画※7シーズン150話出演
  • 黄昏に帰れ(1959)
  • マーベリック(1957)TV映画※1シーズンのみ
  • B52爆撃隊(1957)
  • 南部の反逆者(1957)
  • 他人の家(1949)

出典[編集]

  1. ^ エフレム・ジンバリスト・Jrさんが死去 95歳 テレビドラマ「FBI」で日本でも人気 シネマトゥデイ 2014年5月3日
  2. ^ 「キネマ旬報」臨時増刊 「テレビの黄金伝説~外国テレビドラマの50年~」197p 1997年7月発行 参照

外部リンク[編集]