レオポルト・アウアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レオポルト・アウアー
Leopold Auer
Leopold Auer Project Gutenberg.jpg
基本情報
出生名 アウエル・リポート(Auer Lipót)
出生 1845年6月7日
オーストリア帝国の旗 オーストリア帝国 ヴェスプレーム
死没 1930年7月15日
ドイツの旗 ドイツ国 ロシュヴィッツ
職業 ヴァイオリン奏者指揮者作曲家

レオポルト・アウアーLeopold Auer, 1845年6月7日 - 1930年7月15日)は、ハンガリー出身のユダヤ系ヴァイオリン奏者、教育者、指揮者作曲家である。ヴェスプレームに生まれ、ブダペストウィーンヴァイオリンを学び、ハノーファーヨーゼフ・ヨアヒムに師事した。マジャル語ではアウエル・リポート(Auer Lipót)。

1868年からサンクトペテルブルクに移り、1917年までペテルブルク音楽院で教鞭を執る。1918年アメリカ合衆国に移り、最後はフィラデルフィアカーティス音楽院の教壇に立った。

ドレスデン郊外のロシュヴィッツに客死し、ニューヨーク州ハーツデールのフェンクリフ墓地に埋葬された。

ジャズ・ヴィブラフォーン奏者のヴェラ・アウアーは姪。俳優のミッシャ・アウアー(本名はミッシャ・ウンスコフスキー)は孫である。

事績[編集]

アウアーは最も重要なヴァイオリン教師の一人として知られており、多くの有名なヴァイオリニストが子供時代からアウアーの指導を受けた。その中に、ボリス・シボーエフレム・ジンバリストミッシャ・エルマンナタン・ミルシテイントッシャ・ザイデルヤッシャ・ハイフェッツがいる。多くの作曲家から作品を献呈されており、チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲もその一つであったのだが、そのときにアウアーは演奏を断わっている。この曲を演奏不可能と考えたためであったが(またはチャイコフスキーが自分にではなく、別人に作曲の助言を受けていたことに立腹したためとも言われる)、後に考え直し、この曲を演奏するようになった。

アウアーは数少ないがヴァイオリン曲を作曲している。その中にはヴァイオリンとピアノのための「ハンガリー狂詩曲 Rhapsodie hongroise」がある。また、多くの作曲家のヴァイオリン協奏曲ベートーヴェンブラームスのものを含む)のためにカデンツァを作った。著書に『Violin Playing as I Teach It 』(1920)、『My Long Life in Music 』(1923)などがある。

外部リンク[編集]