ハンガリー舞曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハンガリー舞曲集》(ハンガリーぶきょくしゅう、ドイツ語: Ungarische TänzeWoO.1 は、ヨハネス・ブラームスハンガリージプシーロマ)音楽に基づいて編曲した舞曲集。もとは四手用のピアノ曲として書かれた。全部で21曲あり、それぞれの長さは1分程度のものから4分程度のものまでとまちまちである。中でも、管弦楽用に別人によって再編曲された《第5番》がとりわけ有名である(曲自体はケーレル・ベーラチャールダーシュ"Bártfai emlék"による)。

作曲の経緯[編集]

ブラームスは1850年代の前半に、エドゥアルト・レメーニの伴奏者としてドイツの各地で演奏旅行を行い、その時にレメーニからジプシー音楽(ロマの民族音楽)を教えられて魅了された。それ以来ブラームスはそれをハンガリーの民族舞曲と信じて採譜を続け、1867年に出版社のジムロックに最初の6曲を送って拒否されている。結局それらを含む第1、2集が1869年に出版されると大好評となり、1880年に第3、4集が刊行された。

《ハンガリー舞曲集》に作品番号は付いていない。これが自作ではなく、伝統音楽の編曲にすぎないことをブラームスが慮ってのことであった(とはいえ、第11曲、第14曲、第16曲の主題は、完全にブラームスの創作であったらしい)。のちにレメーニは《ハンガリー舞曲集》の成功を知ると、これが盗作であるとして、ブラームスを相手に訴訟に持ち込んだ。結果はブラームスが「作曲」ではなく「編曲」としておいたことが幸いして、ブラームスが勝利した。

ブラームスは自分の《ハンガリー舞曲集》の成功に自信を得て、アントニン・ドヴォルザークに《スラヴ舞曲集》を作曲して収益を得るように助言している。もっともドヴォルザークは編曲ではなく、民族舞曲の性格と特徴を取り入れ、自作の主題によって曲集をまとめ上げた。なおドヴォルザークは、《ハンガリー舞曲 第4集》を管弦楽用に編曲している。

モーリッツ・モシュコフスキジョルジュ・シフラなどがピアノ独奏曲用に編曲している。

ハンガリー舞曲集の版[編集]

4手用版[編集]

第1、2集は1872年に2手用(ピアノ独奏曲)として編曲された。

ヴァイオリン版[編集]

ブラームスの親友ヨーゼフ・ヨアヒムが、ヴァイオリンとピアノのための二重奏曲に編曲した版。ちなみにフリッツ・クライスラーは第17曲のみを同様の編成のために編曲している。

管弦楽版[編集]

ブラームスは、1873年に自身の指揮で演奏会で取り上げるため第1曲、第3曲、第10曲を管弦楽用に編曲している。残りの18曲は、さまざまな音楽家が手懸けており、場合によっては移調されていることもしばしばである。主に次のような編曲者がいる。

ギター独奏版[編集]

エトヴェシュ・ヨージェフによる全曲の編曲がある。

各版の調性の違い[編集]

番号 原調 速度 ピアノ独奏版 ヴァイオリン版 管弦楽版
第1集 第1番 ト短調 Allegro molto 原調通り
第2番 ニ短調 Allegro non assai
第3番 ヘ長調 Allegretto
第4番 ヘ短調 Poco sostenutto 嬰ヘ短調 ロ短調 嬰ヘ短調
第5番 嬰ヘ短調 Allegro 原調通り ト短調 シュメリング版およびパーロウ版ではト短調
第2集 第6番 変ニ長調 Vivace 変ロ長調 シュメリング版およびパーロウ版ではニ長調
第7番 イ長調 Allegretto ヘ長調 原調通り シュメリング版ではヘ長調
第8番 イ短調 Presto 原調通り 原調通り
第9番 ホ短調 Allegro non troppo
第10番 ホ長調 Presto ト長調 ブラームス自身がヘ長調に移調
第3集 第11番 ニ短調 Poco andante - 原調通り
第12番 ニ短調 Presto
第13番 ニ長調 Andantino grazioso
第14番 ニ短調 Un poco andante
第15番 変ロ長調 Allegretto grazioso
第16番 ヘ短調 Con moto
第4集 第17番 嬰ヘ短調 Andantino
第18番 ニ長調 Molto vivace
第19番 ロ短調 Allegretto
第20番 ホ短調 Poco allegretto
第21番 ホ短調 Vivace

メディア[編集]

外部リンク[編集]