ピアノ協奏曲 (シューマン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロベルト・シューマンピアノ協奏曲イ短調作品54は、1845年に完成された、シューマンの遺した唯一の完成されたピアノ協奏曲である。

解説[編集]

シューマンはこの曲の前にいくつかピアノ協奏曲の作曲に取り掛かっていた。1828年に変ホ長調の協奏曲の作曲を始め、1829年から1831年にかけてはヘ長調の協奏曲に取り組み、1839年にはニ短調の協奏曲を1楽章のみ完成させた。しかし、これらの曲はいずれも完成しなかった。未完になった理由には、作曲者自身のオーケストレーションの腕前の未熟さもあると言われている。

1841年、シューマンは後にピアノ協奏曲の第1楽章となる『ピアノと管弦楽のための幻想曲』を作曲した(初稿)。1845年にそれを改作し、間奏曲とフィナーレの2楽章を加えて曲として完成させた。この曲はシューマンの作曲した唯一のピアノ協奏曲となった。

曲は3楽章からなり、第2楽章と第3楽章の間は休みなしに演奏される。

  1. Allegro affettuoso
  2. 間奏曲 (Intermezzo): Andantino grazioso
  3. フィナーレ (Finale): Allegro vivace

1846年1月1日ライプツィヒ・ゲヴァントハウスで、ロベルトの妻クララ・シューマンの独奏、献呈者フェルディナント・ヒラー指揮で初演された。

エドヴァルド・グリーグピアノ協奏曲を作曲する際に、この曲をモデルとしたのではないかという意見もある。

この曲の後に、シューマンはピアノと管弦楽のための作品として『序奏とアレグロ・アパッショナート ト長調』作品92と『序奏と演奏会用アレグロ ニ短調』作品134を作曲している[1]。ピアノ以外を独奏楽器とした協奏曲としては1850年チェロ協奏曲作品129、1853年ヴァイオリン協奏曲がある。

日本初演は1927年9月18日宝塚小劇場にて、ヨーゼフ・ラスカ指揮、宝塚交響楽協会によって行われた。独奏者が誰であったかについては不明。

楽器編成[編集]

フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、ティンパニ一対、弦5部

演奏時間[編集]

約30分(各15分、5分、10分)

曲の構成[編集]

Allegro affettuoso
冒頭はイ短調属調長調のホ長調の強奏。鋭い付点リズムでピアノが応え、主題につながる。第1主題は木管の素朴な響きが印象的。オーボエがC-H-Aの主題を印象付ける。
展開部はもともと『幻想曲』であったこともあり、非常に自由である。変イ長調夜想曲風の変奏がやはりC-H-Aの主題を印象付ける。冒頭序奏の鋭いリズムが同調で現れ、気分を変える。しかし、展開部全体は協奏曲の建前上短い。
再現部イ長調の昂揚が終わると、カデンツァが作り付けになっている。技巧的には極端なものではないが対位法的処理が多く、作曲技術としても充実した内容になっている。コーダはC-H-Aの主題を木管が執拗に繰り返す中、ピアノはオブリガートに徹している。
Intermezzo; Andante grazioso
間奏曲と題された、落ち着いたヘ長調楽章。A-B-C-Dのつぶやくような進行。木管で応答があり繰り返される。最後に前楽章主題のC-H-Aが短調長調で現れ、循環形式による楽章間の調整を図っている。当然次楽章とは切れ目がない。第1楽章の動機 (C-H-A) が管楽器で繰り返される。全楽章の統一を意識している。第3楽章との連絡に活用している点に作曲者の大家としての技術が光っている。
Finale;Allegro vivace
4分の3拍子。堂々と律動的な第1主題イ長調の華やかな曲想が作曲技術に凝りすぎだという批判を和らげている。ホ長調ヘミオラが登場する。不思議に落ち着いた演出をしている。管弦楽とピアノが時にオブリガートを互いに務めるという凝った構成である。終結はピアノのトッカータ的演奏と打楽器とが曲想を盛り上げる。

備考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ これらの他に『4本のホルンと管弦楽のためのコンツェルトシュテュック』のピアノ協奏曲版もある。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]