アンドレ・コステラネッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンドレ・コステラネッツAndré Kostelanetz, 1901年12月22日 - 1980年1月13日)は、指揮者編曲家。通俗名曲を得意とし、イージーリスニングの先駆けとなった。

ロシアサンクトペテルブルクに生まれ、当初はピアニストを目指していた。1922年アメリカ合衆国に亡命。1920年代前半にラジオ番組の指揮者を務め、1930年代CBSラジオで自身の番組「アンドレ・コステラネッツ・プレゼンツ」を持った。

大衆のためにいわゆるライト・クラシックの編曲や録音を行なったことで有名となり、オペラアリアに加えて、ポピュラー音楽ミュージカル映画音楽の名旋律も大オーケストラ用に仕立て直して演奏・録音した。その活動期間におびただしい数の録音を残し、5000万枚のレコードを売り上げた。これらの録音は、ラジオ放送の「器楽による名曲演奏」の典型といってよい。

芸術音楽の指揮者としては、同世代のアメリカ人クラシック音楽作曲家の新作を擁護したことで知られ、ジョージ・ガーシュウィンの《ヘ調のピアノ協奏曲》、アラン・ホヴァネスの《そして神は偉大なる鯨を創りたもうた》の録音を残したほか、エリナー・レミック・ウォーレンの数々の管弦楽曲を上演した。2回来日し、NHK交響楽団日本フィルハーモニー交響楽団を指揮。夫人はソプラノのリリー・ポンスであったが、後に離婚している。

関連事項[編集]