パーシー・フェイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パーシー・フェイスPercy Faith, 1908年4月7日 - 1976年2月9日)はアメリカ合衆国作曲家編曲家指揮者音楽プロデューサーカナダトロント生まれ。

概要[編集]

子供の頃から音楽に親しみ、ヴァイオリンピアノを習い、将来はクラシック・ピアニストを目指していた。しかし、1926年の18歳の時に、マッチをいじっていた妹が誤って自分の洋服に火をつけてしまい、そばにいた兄であるパーシーは両手でそれをもみ消した為に大事には至らなかったものの、この時彼は両手に大火傷をしたためにピアニストを断念し、その後方向を直ぐに作曲の方向に転換。編曲の手法と合わせて猛勉強し、間もなくこの分野で頭角を現し始める。

初めはトロントのホテルオーケストラ等の指揮を行い、1933年カナダ放送協会 (CBC) と編曲、指揮者としての専属契約を結び、担当番組「ミュージック・バイ・フェイス」が人気を呼んで、7年間も続いた。

1940年にアメリカから声が掛かり、「カーネーション・コンテンティッド・アワー」の指揮者の急死による代役を3週間務めた所大好評となり、契約延長でそのまま番組共々アメリカに留まることになった。その約2年後にはアメリカの市民権を得る。

録音活動は1944年から開始し、その後アメリカ・デッカA&Rとして活動するが、1950年に当時アメリカ・コロムビアレコード(現ソニー・ミュージックエンタテインメント)のミッチ・ミラーによってそこへ移籍し、同社の東部のミュージカル・ディレクターとして活動を始める。その中では、自身のムード・ミュージック・オーケストラとしての活動も行い、1975年までにその録音活動は続き、その間、「デリカード」「ムーラン・ルージュの歌」「夏の日の恋」の全米ヒットチャート1位を3曲も送り出した。特に「夏の日の恋」は、当時水と油の関係と言われたマントヴァーニの様なムード・ミュージックのサウンドと当時流行っていたロックンロールのサウンドを上手く見事に融合させたのが功を奏し、1960年に9週連続全米ヒットチャートの1位を記録、同年のグラミー賞を受賞した。又、ミュージカル・ディレクターとして、トニー・ベネットドリス・デイローズマリー・クルーニージョニー・マティス等の編曲、バック・オーケストラの指揮の仕事も行った。

1960年が初めての来日で、その時は単身で日本のオーケストラを指揮したという。自らのオーケストラを率いての来日公演は1966年1971年1973年1974年1975年の計5回あり、この内、1966年の来日公演は、同年6月にNHKにて総合テレビ(カラー放送)とFM放送(ステレオ)にて放送され(映像資料は残っていないが、音声資料に於いては残存が不明)、更に1974年の公演の模様はライブ録音され、アナログLPにてCBSソニーから発売された。

1976年2月9日カリフォルニア州エンシーノにて癌で死去。

日本ではソニー・ミュージックエンタテインメント、およびビクターエンタテインメントから“パーシー・フェイス”名義のCDが発売されているが、ビクターからの発売分はパーシーの死後、別の指揮者のもと新たに録音されたものである(ビクター発売分では、英語のアーティスト名の“Percy Faith Orchestra”の前に“The”が加えられている)。

ディスコグラフィ(アルバムのみ)[編集]

  • The Exciting Music Of Percy Faith (1947年、Majestic M-25)
  • Fiesta Time (1948年、Decca DLP-5025)
  • Program (1951年、Decca DL-5349)
  • Your Dance Date With Percy Faith (1950年、CL-6131)
  • Football Songs (1950年、CL-6148)
  • American Waltzes (1951年、CL-6178)
  • Fascinating Rhythms (1952年、CL-6203)
  • Carnival Rhythms (1953年、CL-6214)
  • Carefree Rhythms (1953年、CL-6242)
  • Music From Hollywood (1953年、CL-6255)
  • Music From Kismet (1953年、CL-6275)
  • Percy Faith Plays Continental Music (1953年、CL-525、「ヨーロッパの名曲」)
  • Percy Faith Plays Romantic Music (1954年、CL-526、「ロマンティック・ミュージック」)
  • Music From Kismet (1954年、CL-550/CS-8642、「キスメット」)
  • Music Until Midnight (1954年、CL-551、「夜はふけて」)
  • Music From Hollywood (1954年、CL-577、「ハリウッド名曲集」)
  • Music Of Christmas (1954年、CL-588、「クリスマスの音楽」)
  • Percy Faith Plays The Broadway Production - House Of Flowers (1955年、CL-640、「ハウス・オブ・フラワーズ」)
  • Amour,Amor,Amore (1955年、CL-643、「アムール・アモール・アモーレ」)
  • Delicado (1955年、CL-681、「デリカード」)
  • Music For Her (1955年、CL-705、「女性のための音楽」)
  • It's So Peaceful In The Country (1956年、CL-779、「イッツ・ソー・ピースフル・イン・ザ・カントリー」)
  • Swing Low In Hi-Fi (1956年、CL-796、「ハイファイでぐっとスイング」)
  • Passport To Romance (1956年、CL-880、「ロマンスへのパスポート」)
  • My Fair Lady (1956年、CL-895/CS-9004、「マイ・フェア・レディ」(CS規格は、オリジナル・モノ音源からの擬似ステレオヴァージョン))
  • Percy Faith Plays Music From The Most Happy Fella (1956年、CL-905、「ザ・モスト・ハッピー・フェラ」)
  • Percy Faith Plays Music From Li'l Abner (1956年、CL-955、「リル・アブナー」)
  • Adventure In The Sun (1957年、CL-1010、「南国の冒険」)
  • Viva! - The Music Of Mexico (1957年、CL-1075/CS-8038、「情熱のメキシコ=メキシコの音楽」(恐らく、彼の楽団初のステレオ録音である))
  • The Columbia Album Of George Gershwin (1957年、CL-1081・2、「ジョージ・ガーシュイン名曲集」)
  • Music From South Pacific (1958年、CL-1105/CS-8005、「南太平洋」)
  • Touchdown! (1958年、CL-1182、「タッチダウン!」)
  • Hallelujah! (1958年、CL-1187/CS-8033、「ハレルヤ!」)
  • Jubilation! (1958年、CL-1188、「ジュビレーション!」)
  • The Columbia Album Of Victor Herbert (1958年、CL-1201・2/CS-8006・7、「ビクター・ハーバート名曲集」)
  • Malaguena - The Music Of Cuba (1959年、CL-1267/CS-8081、「マラゲーニャ=キューバの音楽」)
  • Porgy And Bess (1959年、CL-1298/CS-8105、「ポーギーとベス」)
  • A Night With Sigmund Romberg (1959年、CL-1302/CS-8108、「シグムンド・ロンバーグ名曲集」)
  • Bouquet (1959年、CL-1322/CS-8124、「美しき花束」)
  • A Night With Jerome Kern (1959年、CL-1386/CS-8181、「ジェローム・カーン名曲集」)
  • Bon Voyage! (1960年、CL-1417/CS-8214、「旅情とロマンス」)
  • The Sound Of Music (1960年、CL-1418/CS-8215、「サウンド・オブ・ミュージック」)
  • Percy Faith's Greatest Hits (1960年、CL-1493/CS-8637、「グレイテスト・ヒット」)
  • Jealousy (1960年、CL-1501/CS-8292、「ジェラシー」)
  • Carefree - The Music Of Percy Faith (1960年、CL-1560/CS-8360、「ケアフリー=パーシー自作集」)
  • Music From Lerner & Loewe's Camelot (1960年、CL-1570/CS-8370、「キャメロット」)
  • Tara's Theme From Gone With The Wind And Other Themes (1961年、CL-1627/CS-8427、「風と共に去りぬ=映画音楽名曲集」)
  • Mucho Gusto! - More Music Of Mexico (1961年、CL-1639/CS-8439、「ムーチョ・グスト=メキシコの音楽」)
  • Bouquet Of Love (1962年、CL-1681/CS-8481、「愛の花束」)
  • Subways Are For Sleeping (1962年、CL-1733、「サブウェイズ・アー・フォー・スリーピング」)
  • Hollywood's Great Themes (1962年、CL-1783/CS-8583、「ハリウッド映画主題曲集」)
  • The Music Of Brazil! (1962年、CL-1822/CS-8622、「灼熱のブラジル=ブラジルの音楽」)
  • Exotic Strings (1962年、CL-1902/CS-8702、「エキゾティック・ストリングス」)
  • American Serenade (1963年、CL-1957/CS-8757、「アメリカン・セレナーデ」)
  • A Look At Monaco (1963年、CL-2019/CS-8819、「モナコの旅情」)
  • Themes For Young Lovers (1963年、CL-2023/CS-8823、「若い恋人たちへ」)
  • Shangri-la! (1963年、CL-2024/CS-8824、「シャングリ・ラ!」)
  • Great Folk Themes (1964年、CL-2108/CS-8908、「フォーク・ヒット集」)
  • More Themes For Young Lovers (1964年、CL-2167/CS-8967、「続・若い恋人たちへ」)
  • The Love Goddesses (1964年、CL-2209/CS-9009、「愛の女神」)
  • Percy Faith Plays Latin Themes For Young Lovers (1964年、CL-2279/CS-9079、「若い恋人たちのためのラテン音楽」)
  • Do I Hear A Waltz? (1965年、CL-2317/CS-9117、「ドゥ・アイ・ヒア・ア・ワルツ」)
  • Broadway Bouquet (1965年、CL-2356/CS-9156、「ミュージカルの花束」)
  • Music Of Christmas Vol.2 (1965年、CL-2405/CS-9205、「クリスマスの音楽第2集」)
  • Themes For The “In” Crowd (1966年、CL-2441/CS-9241、「ジ・イン・クラウドのテーマ」)
  • The Oscar (1966年、OL-6550/OS-2950、「オスカー」)
  • Bim! Bam!! Boom!!! (1966年、CL-2529/CS-9329、「ビム・バン・ブーン!」)
  • Christmas is ... (1966年、CL-2577/CS-9377、「クリスマス」)
  • The Academy Winner - Born Free And Other Great Movie (1967年、CL-2650/CS-9450、「野生のエルザ=映画主題曲集」)
  • Today's Themes For Young Lovers (1967年、CL-2704/CS-9504、「若い恋人たちへ最新ヒット集」)
  • For Those In Love (1968年、CL-2810/CS-9610、「恋している人に」)
  • Angel Of The Morning - Hit Themes For Young Lovers (1968年、CL-2906/CS-9706、「朝の天使」)
  • Those Were The Days (1969年、CS-9762、「悲しき天使」)
  • The Academy Award Winning Windmills Of Your Mind (1969年、CS-9835、「風のささやき=映画主題歌集」)
  • Love Theme From Romeo And Juliet (1969年、CS-9906、「ロミオとジュリエット」)
  • Leaving On A Jet Plane (1970年、CS-9983、「悲しみのジェット・プレーン」)
  • Held Over! - Today's Great Movie Theme For Young Lovers (1970年、CS-1019、「ヘルド・オーバー!」)
  • Percy Faith Strings The Beatles Album (1970年、C-30097、「ビートルズ名曲集」)
  • Percy Faith Plays Koga Melodies (1970年、SOLX-66901、「不滅の古賀メロディー」)
  • I Think I Love You (1971年、C-30502、「悲しき初恋」)
  • Black Magic Woman (1971年、C-30800、「ブラック・マジック・ウーマン」)
  • Jesus Christ,Superstar (1971年、C-31042、「ジーザス・クライスト、スーパースター」)
  • Joy (1972年、C-31301、「ジョイ」)
  • Percy Faith's All Time Greatest Hits (1972年、PG-31588・9、「永遠のグレイテスト・ヒット」)
  • Day By Day (1972年、KC-31627、「ソング・サング・ブルー」)
  • Percy Faith Plays Ryoichi Hattori Melodies (1972年、SOLL-23、「服部良一・郷愁のメロディー」)
  • Clair (1973年、KC-32164、「パーシー・フェイスの新しい世界」)
  • My Love (1973年、KC-32380、「マイ・ラブ」)
  • Corazon (1973年、KC-32714、「コラソン(フレッシュ・サウンド)」)
  • New Thing (1974年、KC-32803、「新しい世界第2集」)
  • The Entertainer (1974年、KC-33006、「スティング」)
  • Country Bouquet (1974年、KC-33142、「緑の風のアニー」)
  • Chinatown Featuring The Entertainer (1974年、KC-33244、「チャイナタウン」)
  • Disco Party (1975年、KC-33549、「ソウルフル・ディスコ・サウンド」)
  • Summer Place '76 (1976年、KC-33915、「夏の日の恋'76」)

代表曲[編集]

  • 「夏の日の恋」The Theme From "A Summer Place" - 9週連続全米ヒットチャート1位を記録[1]。グラミー賞受賞。文句なしの彼の代表曲。1960年
  • 「ムーラン・ルージュの歌」The Song From Moulin Rouge - 10週連続全米ヒットチャート1位を記録。オリジナル・モノ録音のヴォーカルフェリシア・サンダース1953年
  • 「デリカード」Delicado - 全米ヒットチャート1位を記録。ハープシコードソロスタン・フリーマン1952年
  • 「シンシアのワルツ」 A Waltz for Cynthia - ソロミッチ・ミラー
  • 「タラのテーマ」Tara's Theme - 映画『風と共に去りぬ』より。
  • 「若い恋人たちのテーマ」Theme for Young Lovers - 彼自身の作曲。
  • 「美しき花束」Bouquet - 彼自身の作曲。
  • 「ツァラトゥストラはかく語りき」2001(Also Speech Zarathustra)
  • 「恋をして」In Love - ラジオ東京の「L盤アワーテーマ曲。アルバム"Percy Faith Plays Continental Music"(CL-525)に収録。
  • 「夏の日の恋'76」Summer Place '76 - 「夏の日の恋」のディスコヴァージョン。米Billboard誌のeasy listening chartで最高13位。彼の最後のアルバムに収録された。1976年
  • 「ピチカート・ポルカ」Pizzicato Polka - ラジオ関西の長寿番組「歌声は風に乗って」初代テーマ曲[1]。アルバム『Carefree』に収録。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ビルボード誌にて。初の1位は1960年2月22日付にて。google検索の同誌のバック・ナンバーにて閲覧可能。

外部リンク[編集]