フィンガルの洞窟 (メンデルスゾーン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Musopenより

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

フィンガルの洞窟』(フィンガルのどうくつ)作品26は、フェリックス・メンデルスゾーン1830年に作曲した演奏会用序曲である。原題は『ヘブリディーズ諸島』(ドイツ語: Die Hebriden )であるが、日本語では通称の『フィンガルの洞窟』の方が多く用いられる。ロ短調の序奏なしのソナタ形式で作曲されている。現在に至るまで、オーケストラの標準的なレパートリーとして盛んに演奏されている。

概要[編集]

メンデルスゾーンが初めてイングランドを訪れたのは、20歳の誕生日を祝ってドイツ人貴族の招待にあずかった時だった。イングランド旅行に続いて、メンデルスゾーンはスコットランドに進み、その地で交響曲『スコットランド』を着想する。だがスコットランド旅行中にメンデルスゾーンは、嵐の夜のヘブリディーズ諸島を訪ねてスタファ島に辿り着き、観光客に人気のフィンガルの洞窟で霊感を受けたのである。当時フィンガルの洞窟は35フィートの高さと200フィートの水深があり、玄武岩の色とりどりの石柱からなっていた[1]。メンデルスゾーンはその後直ちに序曲の開始主題を書き下ろし、それを姉ファニーに書き送って次のように書き添えた。「僕がヘブリディーズ諸島にどんなにひどく感銘を受けたか分かってもらえるように、頭に思い浮かんだものを姉さんに届けようと思います」[1]

メンデルスゾーンを嫌っていたリヒャルト・ワーグナーさえもこの作品を「一流の風景画のような作品」として絶賛していた。

作品は1830年12月16日に完成され[2]、当初は『孤島』(独語:Die einsame Insel )と題されていた[3]。しかしながらメンデルスゾーンは後に譜面に手を入れ、1832年6月20日に改訂作業を終えると[2]、『ヘブリディーズ諸島』と改名したのである[3]。にもかかわらず、『フィンガルの洞窟』という通称も使われた。パート譜には『ヘブリディーズ諸島』と題されていたが、総譜には作曲者自身によって『フィンガルの洞窟』と題されていたためである[1]。初演は1832年5月14日ロンドンで行われ、演奏会用序曲『夏の夜の夢』も併せて上演された[2]

自筆譜はオックスフォード大学ボドリー図書館に保存されている。

内容[編集]

この作品は、序曲と題されているが、単独で完結した作品として意図されている。物語性はなく、標題音楽に分類することはできない。この作品ではむしろ、気分やいくつかの光景を描き出しており、いわば描写的な標題音楽の先駆けに位置付けることはできよう[4]

作品は2つの主題で構成されている。冒頭の主題は、メンデルスゾーンが洞窟を訪れた後に書き付けた主題で、主にヴィオラチェロファゴットによって呈示される[5]。この情緒的な主題は、洞窟の力強さと心打つ美景を想起させつつ、侘しさや孤独感を表出することが意図されている。一方の第2主題は、海の動きや「逆巻く波」が描写されている[1]。標準的なソナタ形式で作曲されており、コーダにおいて最初の主題が戻ってきて結びとなる[5]

演奏時間は9分程度である。

楽器編成[編集]

フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、ティンパニ弦五部

脚注[編集]

  1. ^ a b c d David R. Glerum (2006年9月30日). “Orlando Philharmonic Orchestra Program Notes (PDF)”. pp. 4-5. 2006年11月8日閲覧。
  2. ^ a b c Geoff Kuenning. “Program Notes: Mendelssohn: "Hebrides" Overture”. 2006年11月3日閲覧。
  3. ^ a b Galveston Symphony Program Notes: Mendelssohn
  4. ^ Dr. Richard E. Rodda. “Program Notes: Overture, "The Hebrides" ("Fingal's Cave"), Op. 26”. Hartford Symphony Orchestra. 2006年11月3日閲覧。
  5. ^ a b Overture to "Fingal's Cave"”. Music With Ease. 2006年11月3日閲覧。

外部リンク[編集]