フィオレンツァ・コッソット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

フィオレンツァ・コッソットFiorenza Cossotto, 1935年4月22日 - )は、イタリアオペラ歌手

クレシェンティーノ出身。トリノ国立音楽学校を最優等で卒業。1955年ミラノスカラ座にデビューし、1964年アメリカ合衆国デビューを果たした。ヴェルディの歌劇『マクベス』の録音ではマクベス夫人の歌唱によってゴールド・ディスクを授与されている。

アイーダ』のアムネリス役、『仮面舞踏会』のウルリカ役、『カヴァレリア・ルスティカーナ』のサントゥッツァ役および『カルメン』のタイトル・ロールを得意とした。

2005年に生誕70周年を記念して、ベルギー東京大阪リサイタルを行なった[1]

脚注[編集]

  1. ^ [1]

外部リンク[編集]