ホセ・カレーラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ホセ・カレーラス
2011年度世界経済フォーラムにて}
基本情報
出生名 Josep Carreras i Coll
出生 1946年12月5日
出身地 スペインの旗 スペインカタルーニャ州バルセロナ
学歴 リセウ音楽院
ジャンル オペラ
職業 歌手音楽監督
活動期間 1950年代-

ホセ・カレーラスカタルーニャ語表記:Josep Carreras i Coll カタルーニャ語発音:[ʒuˈzɛp kəˈreɾəs i ˈkɔʎ]、スペイン語表記:José Carreras1946年12月5日 - )は、スペインカタルーニャ州バルセロナ生まれの著名なテノール歌手で、ヴェルディプッチーニなどのオペラの名唱で知られる。ルチアーノ・パヴァロッティプラシド・ドミンゴとともに三大テノール演奏会に出演してひろく名声を得た(3人の中ではカレーラスが一番若い)。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

カレーラスはバルセロナに生まれ、幼い頃から音楽的才能を現した。8歳でスペイン国立放送に出演、『女心の歌』(ヴェルディ)を歌って初めての公開の演奏を行った。11歳でバルセロナのリセウ大劇場ファリャの『ペドロ親方の人形芝居』のボーイソプラノ役の語り手と、プッチーニの『ボエーム』第二幕の子役を歌った。

デビュー[編集]

十代でカレーラスはスペインの名門音楽院であるリセウ音楽院で学んだ。カレーラスはリセウ劇場に『ノルマ』のフラヴィオ役でデビューし、主役ノルマを歌った著名なソプラノ歌手モンセラート・カバリェに注目された。彼女はカレーラスをドニゼッティの『ルクレツィア・ボルジア』の上演に招き、これがカレーラスの最初の大きな成功のきっかけとなった。

活躍[編集]

1971年、25歳のカレーラスはロンドン・デビューをカバリェとともに『マリア・ストゥアルダ』で飾った。引き続く数年の間に2人は15曲以上のオペラで競演を重ねた。

1972年、カレーラスは『蝶々夫人』のピンカートン役でアメリカ合衆国に現れ、1973年にはNHKの招聘に応じたイタリア・オペラ公演メンバーに加わって初来日。レナータ・スコット主演『ラ・トラヴィアータ』(『椿姫』/ヴェルディ作曲)でアルフレードを歌う。また1976年にはやはりNHK招聘公演でカバリェが主演した『アドリアーナ・ルクヴルール』(チレア作曲)でマウリツィオを歌い、日本の聴衆にも新進歌手として存在を印象づけることになる。

1974年にはウィーン国立歌劇場にマントヴァ公で、またロイヤル・オペラハウスには『椿姫』のアルフレード役で、またメトロポリタン歌劇場には『トスカ』のカヴァラドッシ役で、それぞれ初舞台を踏んだ。翌年ミラノ・スカラ座に『仮面舞踏会』のリカルド役でデビューした。28歳までにカレーラスは24曲のオペラで主役テノールを歌ったのである。

世界的スター[編集]

独特の情熱的で懸命な歌唱がカレーラスの最大の武器で、高音・声量に不安定さを抱えつつも、パヴァロッティ、ドミンゴに続く世代における世界的スターの座へと駆け上がるに至った。

童顔の風貌もカレーラスの懸命な歌いぶりの魅力を引き立てるものとなった。もともとの声質は軽やかなリリコであったが、やがて重く劇的な声質を必要とするスピント系の役にも進出し高い評価を得る。

病との戦い[編集]

1987年、キャリアの頂点にあったカレーラスは白血病の診断を受け、回復の可能性は10%であると宣言されたが、故郷バルセロナの病院で化学療法を受けた後、アメリカシアトルの病院に入院。近親者に適合する骨髄提供者がいなかったため、カレーラス自身の骨髄の自己移植が行われ、奇跡的に生還。歌手のキャリアに復活することができた。

1988年、カレーラスは白血病の研究と骨髄提供者の登録の支援事業に財政的支援を行う慈善活動のため「ホセ・カレーラス国際白血病財団」を設立した。

1990年代以降[編集]

1990年、世界中の何百万人もの人々は三大テノールFIFAワールドカップイタリア大会の開会式で演奏するのを観た。これはもともとカレーラスの財団の寄金のために構想され、ドミンゴとパヴァロッティが仲間の復帰を歓迎するためでもあった。

1992年バルセロナオリンピックでは音楽監督を務め、イギリスの歌手サラ・ブライトマンとのデュエットで同オリンピックのテーマソング「AMIGOS PARA SIEMPRE」を閉会式で見事に歌い上げ、観衆からの拍手の嵐に包まれた。カレーラスにとって故郷のバルセロナで行われたオリンピックにかかわれたことは、まさに白血病克服の「快気祝い」となった。ちなみに、バルセロナオリンピックでは「Josep Carreras」と表記されたが、これはバルセロナを含むカタルーニャ地方で話されるカタルーニャ語での表記で、彼の本名である。また、バルセロナオリンピックの開会式でオペラ歌手のモンセラート・カバリェとデュエットする予定だったクイーンのボーカルフレディ・マーキュリーの急死により彼の代役を務めた。

カレーラスはオペラの舞台に加え、サルスエラのような親しみやすいジャンルの公演にも出演し、『ウェスト・サイド物語』の録音にも参加したことがある。また、坂本龍一の「オペラ」にも出演した。

来日時のテレビ出演[編集]

エピソード[編集]

  • スイスの高級宝石商のショパールより、「ホセ・カレーラス・モデル」の腕時計が発売されており、売り上げの一部が「ホセ・カレーラス国際白血病財団」に寄付される。
  • 桐野夏生の「魂萌え」に登場人物が「ホセ様」のおっかけをしていると登場する。
  • 世界各地の病院を訪問して、白血病と闘っている患者を励ましている。日本でも、少女患者にクマのぬいぐるみ(カレーラスはルチアーノと名付けた)をプレゼントして病気の克服を応援した。
  • 愛犬の名は「誰も寝てはならぬ」の歌詞にちなんで「Vincero」である。
  • 「僕が思うに、セックスは喉に良いね」と語っている。[要出典]

外部リンク[編集]