名古屋フィルハーモニー交響楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
名古屋フィルハーモニー交響楽団
愛知県芸術劇場での演奏風景}
愛知県芸術劇場での演奏風景
基本情報
出身地 日本の旗 日本
愛知県名古屋市
ジャンル クラシック音楽
活動期間 1966年 -
公式サイト 名古屋フィルハーモニー交響楽団
メンバー
常任指揮者
マーティン・ブラビンズ

公益財団法人名古屋フィルハーモニー交響楽団(こうえきざいだんほうじんなごやフィルハーモニーこうきょうがくだん、英文名称:Nagoya Philharmonic Orchestra)は、名古屋市に本拠を置くプロのオーケストラ。略称は「名フィル(めいふぃる)」。日本オーケストラ連盟正会員。

歴史[編集]

1966年7月10日、愛知県内初のプロオーケストラとして発足し、同年10月に第1回演奏会を東海高等学校で行なった。

1971年4月、岩城宏之が初代音楽総監督に就任、1973年財団法人化。

1988年、初の海外公演としてヨーロッパツアー(広上淳一指揮)を、2000年には2度目の海外公演としてアジア8ヶ国ツアー(本名徹次指揮)を行なった。

2004年には、「プラハの春」国際音楽祭から招待され、3度目の海外公演ツアーを実施した。

2006年10月から11月にかけて、2度目のアジアツアー(下野竜也指揮)を行う。

2008年ティエリー・フィッシャーが常任指揮者に就任。2008年シーズンは「ツァラトゥストラ・シリーズ」と題する挑戦的なプログラムを選択している。

歴代指揮者[編集]

コンサートマスター[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]