アルトゥール・ルービンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルトゥール・ルービンシュタイン
Arthur Rubinstein
1937年11月30日、カール・ヴァン・ヴェクテンにより撮影
1937年11月30日、カール・ヴァン・ヴェクテンにより撮影
基本情報
出生名 Artur Rubinstein
出生 1887年1月28日
ポーランドの旗 ポーランド ウッチ
死没 1982年12月20日
スイスの旗 スイス ジュネーヴ
職業 ピアニスト

アルトゥール・ルービンシュタイン(Arthur Rubinstein, 1887年1月28日 - 1982年12月20日)は、ポーランド出身のピアニスト。様々な作曲家の作品の演奏で国際的な名声を博し、特にショパンの演奏では同時代の最も優れたピアニストであるとみなされている.[1][2]。また、20世紀の代表的なピアニストの1人である[1] 。彼の演奏家としてのキャリアは80年にも及んだ[3]

前半生はヨーロッパで、後半生はアメリカ合衆国で活躍した。ショパン以外では、ブラームススペインのピアノ音楽も得意とした。

経歴[編集]

ウッチの街角にあるルービンシュタインの彫刻

出生名Artur Rubinstein(Arthurではない)としてウッチユダヤ人の家庭に生まれる。8人きょうだいの末子で、父は富裕な工場主であった[4]。2歳の時、姉のピアノのレッスンを聴いて、即座にその演奏を魅惑的に再現してみせ、絶対音感とともにピアニストとしても並ならぬ才能の持ち主であることを証明した。彼自身も4歳の頃までには、既に自らが神童であることを自覚していた。ハンガリーの著名なヴァイオリニストであったヨーゼフ・ヨアヒムは、4歳の彼の演奏を聴いて強い印象を受け、家族に次のように話したという。「この少年はとても偉大な音楽家になるかも知れない ― 確かに彼には才能がある・・・本格的に勉強する年齢になったら私の所に連れて来なさい。私は彼の音楽教育を監督することに喜びを感じることになるだろう」。1894年12月14日、7歳のルービンシュタインは、モーツァルトシューベルトメンデルスゾーンの作品でデビューを飾る[5][6]

10歳の時、ベルリンに移って音楽の勉強を続け、1900年、13歳の時に、初めてベルリン交響楽団と共演を果たす[1]。ヨアヒムはルービンシュタインのピアノの師として、カール・ハインリヒ・バルトを推薦した。

1904年パリに行き、フランス作曲家サン=サーンスポール・デュカスラヴェルらや、ヴァイオリニストのジャック・ティボーと面会する。彼はサン=サーンスの前で、《ピアノ協奏曲第2番》を演奏した。さらにユリウシュ・ヴェルトハイメル一家を通して、ヴァイオリニストのパウル・コハンスキ、作曲家のカロル・シマノフスキと親交を結んだ[7]

1906年ニューヨークカーネギー・ホールで行なったリサイタルは聴衆に支持されたようだが、評論家から批判が相次いだため4年間、演奏活動を中止して自らの技巧・表現に磨きをかけた。その後、アメリカ合衆国やオーストリアイタリアロシアで演奏旅行を行なった。1908年、困窮と絶望と借金取りの厳しい取立てに加え、ベルリンのホテルの部屋の立退きも迫られたルービンシュタインは、首吊り自殺を図るが失敗する。だがその直後、自らが生まれ変わり、人生の無限の愛が授けられたように感じた、と彼は後に語っている。1910年、第5回アントン・ルービンシュタイン国際ピアノコンクールで優勝するが、ユダヤ人だったために審査員や聴衆から人種差別を受けたという[6]1912年にはロンドンデビューを果たし、その後同市南西部のチェルシーに定住する。同地のドレイパー兄弟のサロンで、コハンスキ、イーゴリ・ストラヴィンスキー、ジャック・ティボー、パブロ・カザルスピエール・モントゥー、などと親しく交わった[7]

第一次世界大戦中は主にロンドンに暮らし、ウジェーヌ・イザイの伴奏者を務めた。1916年から1917年まで、スペインや南米を旅行し、同地で熱烈な歓迎を受ける。また、彼自身も同時代のスペインや南米の作曲家に熱狂して多くの新作を初演する。1932年にしばらく演奏生活から隠退して、数年のあいだ演奏技巧やレパートリーの改善に取り組んだ。この年に指揮者エミル・ムイナルスキの娘アニエラと結婚し、4人の子供をもうけた。娘エヴァは神学者・聖職者・反戦運動家のウィリアム・スローン・コフィン師と結婚し、息子ジョンは俳優となった。第二次世界大戦中はアメリカ合衆国に暮らし、1946年に米国籍を取得[8]

ルービンシュタインはそのレパートリーの中で、とりわけロマン派の作品を数多く録音した。彼が死んだときのニューヨーク・タイムズの記事には、「ショパンは彼にとって特別の存在だった。多くの人々によって、彼が比類の無い存在として考えられているのは、ショパン弾きとしてのそれである[1]。彼はエチュードの一部の作品を除く、ショパンの全作品を録音している。また、ルービンシュタインは、スペインや南米の作曲家、さらにラヴェルやドビュッシーといった、20世紀初頭のフランスの作曲家の最も早い紹介者の一人であった。さらに彼の同胞である、シマノフスキの最初の擁護者でもあった。ルービンシュタインは、スクリャービンとの対話の中で、最も好きな作曲家としてブラームスの名前を挙げ、スクリャービンを激怒させたことがある[9]

1960年ショパン国際ピアノコンクールの審査委員長を務めた。このときの優勝者がマウリツィオ・ポリーニであり、ルービンシュタインのコメント「我々の誰よりも上手い」により大変有名となった。1976年飛蚊症」が原因による視力低下により引退。彼の最後のコンサートは、ロンドンのウィグモア・ホールで開かれた。

ルービンシュタインは8ヶ国語を流暢に話した[8]。また、彼は恐るべき記憶力の持ち主で、ピアノ曲だけではなく、膨大な数のレパートリーを持っていた[8] 。自伝によると、彼はフランクの《交響的変奏曲》を、コンサートへ向かう列車の中で、ピアノ無しで暗譜した。また、彼は自らの思い出を、まるで写真のように、例えば楽譜について語る時は、本題とは関係のない譜面に付いたコーヒーのしみについてまで克明に記述した[10]

ルービンシュタインは聴覚も非常に発達しており、それは彼の心の中で全ての交響曲を演奏させることを可能にした。彼は自伝の中で、「朝食の時、私は頭の中でブラームスの交響曲を演奏していた。その時電話が鳴ったので、受話器を取った。30分後、私は電話で話している間も演奏が続いており、今は第3楽章が演奏されていることに気づいた」と述べている。この能力はルービンシュタインの友人達によってしばしば試された。彼らはオペラや交響曲の楽譜から適当なものを抜き出し、彼の記憶力によって演奏させようとした[1]

1973年、自伝「華麗なる旋律」を執筆。1982年、ジュネーヴで就寝中に死去[1] 。遺体は火葬され、その遺灰は本人の遺志により、1年後にエルサレムに埋葬された。

ルービンシュタインと室内楽[編集]

特にソリストとして有名ではあるものの、卓越した室内楽演奏家でもあり、シェリングや、フルニエグァルネリ弦楽四重奏団などと組んでモーツァルトベートーヴェンシューベルトシューマンブラームスドヴォルザークの作品を録音した。

ハイフェッツ及びエマーヌエル・フォイアーマン(のちにピアティゴルスキー)とのピアノ・トリオは有名で、ラヴィニアの音楽祭で共演した際に、宣伝担当者が「百万ドルトリオ」と名づけた(ただし、ルービンシュタインはこの呼び名をひどく嫌っていた)。しかし、ハイフェッツとは作品の解釈や、どちらの名が先にレコードのジャケットに表記されるべきかをめぐって常に揉め、芸術的にも人間的にも対立点が多く、1950年を境に2度と共演はおこなわなかった。

「百万ドル・トリオ」の華麗な演奏マナーを反省し、シェリングやフルニエと組んで録音したブラームスのピアノ三重奏曲全集と同じ顔ぶれによるシューベルトのピアノ三重奏曲集で、1975年1976年グラミー賞を授与されている。そのほかにも2度グラミー賞に輝いている。

ルービンシュタインと現代音楽[編集]

20世紀前半当時の現代音楽を奨励した彼へ大作曲家が多数献呈しており、ストラヴィンスキー「ペトルーシュカ」の3つの断章ピアノ・ラグ・ミュージック》、ヴィラ=ロボス《赤ちゃんの一族、野生の詩》、チャベス《ルビンシュタインの為の練習曲》、シマノフスキ第二ソナタ、マズルカ》、モンポウ《歌と踊り第6番》、ファリャアンダルシア幻想曲》、プーランク《組曲》、タンスマン《ルービンシュタインに寄せるオマージュ》、といった具合にピアニズムの粋を追求した作品が書かれた。

「結婚前のルービンシュタインはミスタッチや度忘れもあって、めちゃくちゃだ!」とスヴャトスラフ・リヒテルが批判したが、その彼はほとんど現代音楽に関らずにいた。結局、後のリヒテルがシマノフスキの第二ソナタを譜めくりつきで演奏したのは、明らかにルービンシュタインを攻撃する為であったと伝えられる。しかし、リヒテルは自身の手帳に、晩年のルービンシュタインの自宅で楽しい時間を過ごしたことを書き留めている。また、ルービンシュタインも評論家ベルナール・ガヴォティに宛てた手紙の中で、「今日、私が最も尊敬するのはリヒテルです。物の考え方も姿勢も私とは全く異なりますが、我々全ての中で、最も偉大な音楽家であるという理由からです」と述べている。

戦後は読譜力の低下から現代音楽を手がけることはほとんどなく、専らロマン派以前のレパートリーに回帰したが、カーネギー・ホールで初めてシマノフスキを取り上げるなど、かつての作曲家との恩は忘れなかった。

ルービンシュタインと録音[編集]

  • ルービンシュタインのレパートリーは古典派から現代音楽に及ぶ。当時ようやく広がってきたレコード録音にも興味があり、SP期から約50年近くにわたって数多い。中心はショパンでありマズルカポロネーズノクターンなど、録音技術の進歩に伴い複数回残している。
  • アコースティック録音の時代には、「ピアノがバンジョーのように聴こえる」とのことから、録音についてはあまり興味が持てなかったようである。しかし、電気録音が考案されて後1928年に、HMVのアーティスティック・ディレクター、フレッド・ガイスバーグがルービンシュタインを説得してテスト録音を行い、そのプレイバックを聴いたルービンシュタインが音質に感激したことから、積極的に録音に取り組むようになったといわれる。
  • 1929年にブラームスのピアノ協奏曲第2番を世界で初めて録音している。
  • 非常に雄大ながら大味。技術的に高度な曲目をいかにも難しい曲のように演奏するので、若い時分には支持が少なかった。しかし後年の記録映画「カーネギー・ホール1946年)」で英雄ポロネーズを披露している。一台のピアノから轟音(ごうおん)が響き渡り、前人未踏の高山に登るような演奏をしている。
  • 同一曲の聞き比べにより、今では貴重になった「19世紀の大芸術家」の演奏様式を知ることができる。また協奏曲にもハイティンクプレヴィンらとの共演で、映像を残している。
  • スタジオ録音を好み、ルービンシュタインの生前にライブ版でリリースを許されたのは、合計僅か3時間分であった。だが彼の死後、複数のレーベルが、ラジオ番組でのライブ演奏の音源をリリースしている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f “Arthur Rubinstein Dies in Geneva at 95”. The New York Times. (1937年11月21日). http://www.nytimes.com/learning/general/onthisday/bday/0128.html 2011年11月6日閲覧。 
  2. ^ The great pianists, Harold C. Schonberg, Simon & Schuster, 1987
  3. ^ Teachout, Terry. "Whatever Happened to Arthur Rubinstein." Commentary 101, no. 2 (1996): 48-51. Index to Jewish Periodicals, EBSCOhost (accessed October 10, 2012).
  4. ^ "Intoxicated with Romance." Time 101, no. 23 (June 4, 1973): 73. Academic Search Premier, EBSCOhost (accessed October 9, 2012).
  5. ^ Rubinstein, Artur. 1973. My young years [by] Arthur Rubinstein. n.p.: New York, Knopf; [distributed by Random House] 1973., 1973. Ignacio: USF Libraries Catalog, EBSCOhost (accessed October 9, 2012).
  6. ^ a b Sachs, Harvey; with a discography by Donald Manildi (1995). Rubinstein: A Life (1. ed. ed.). New York: Grove Press. ISBN 978-0802115799. 
  7. ^ a b Sachs 1997
  8. ^ a b c Sachs, Harvey (1995). Rubinstein: A Life. New York: Grove Press. pp. 8, 265, 269, 275. ISBN 0-8021-1579-9. 
  9. ^ Artur Rubinstein, My Young Years, quoted in Norman Lebrecht, The Book of Musical Anecdotes
  10. ^ “Pianists: The Undeniable Romantic”. Time. (1966年2月25日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,835163-3,00.html 2010年4月25日閲覧。