パウル・コハンスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パウル・コハンスキ
Paul Kochanski
ユリアン・ファワトによる肖像画(1911)}
ユリアン・ファワトによる肖像画(1911)
基本情報
出生名 パウル・コハンスキ
Paul Kochanski
出生 1887年9月14日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国オデッサ
死没 1934年1月12日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
職業 作曲家

{{{Influences}}}

パヴェウ・コハィンスキPaweł Kochański, 1887年9月14日1934年1月12日)は、ポーランド出身のヴァイオリニスト・音楽教師・作曲家編曲家[1]ドイツ語風に「パウル・コハンスキPaul Kochanski)」もしくはロシア語風に「パーヴェル・コハンスキー」として知られており、本稿でもそれに従う。弟は日本亡命したピアニスト・音楽教師のレオニード・コハンスキ

生涯[編集]

生い立ちと音楽活動の開始[編集]

ロシア帝国オリョーリに生まれる。父親にヴァイオリンの手解きを受け、その後7歳のときオデッサで、レオポルト・アウアー門下のエミル・ムウィナルスキに学ぶ。1898年にムウィナルスキはワルシャワに行き、1901年ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団を創設すると、14歳のコハンスキをコンサートマスターに任命した。またムウィナルスキは、コハンスキ少年を我が子同然に扱い、責任を持って養育し、世界一流の演奏家に育て上げた[2]1903年、コハンスキは、ムウィナルスキの奔走でワルシャワの上流階級から援助を受け、王立ブリュッセル音楽院に留学してセザール・トムソンに師事することができた[1]。4年後には、最優秀賞と首席に輝いた[3]

旅するヴィルトゥオーゾとして活動に取り掛かり、ユリウシュ・ヴェルトヘイム英語版の招きでアルトゥール・ルービンシュタインと出逢ったのがこの頃である[4]。二人は音楽面では意気投合したが、若々しい情熱あふれる友情が本当の意味で始まるのは1907年になってからだった。二人は同年、ワルシャワ・フィルハーモニー協会のために、チェリストのJ. サベリークと共演して、ベートーヴェンの《クロイツェル・ソナタ》とチャイコフスキーの《ピアノ三重奏曲》を演奏した[5]1908年には、パトロンの一人であったユーゼフ・ヤロシィニスキとともに、ベルリンパリロンドンカールスバートといったヨーロッパの主要な都市で凱旋公演を行ない、1908年から1909年までルービンシュタインと、チェリストになった兄弟エリと共演して、ワルシャワ・フィルハーモニー協会のために《クロイツェル》やフランクの《ヴァイオリンソナタ》、ブラームスのピアノ三重奏曲を演奏した。

第1次世界大戦まで[編集]

1909年から1911年までワルシャワ音楽院ヴァイオリンの教授に就任する。1909年にルービンシュタインと、カロル・シマノフスキの《ヴァイオリンソナタ ニ短調》の初演を行なう。この三者の出逢いが「若きポーランド英語版」として知られる芸術運動への参加につながり、ワルシャワに進歩主義的な音楽姿勢を鼓舞することになった。1911年に、ヴェルトヘイムとの報われぬ恋に敗れたばかりのゾシア・コーンと結婚し、弁護士であったコーンの父親から、結婚祝いにストラディヴァリウスのヴァイオリンを贈られた。

1913年から1914年までロンドンに行き、シマノフスキとともに、ルービンシュタインからドレーパー夫妻の音楽サロンを紹介され、そこでイーゴリ・ストラヴィンスキーと出逢う。このサークルには、パブロ・カザルスジャック・ティボーライオネル・ターティスピエール・モントゥーらの常連がいた。ストラヴィンスキーから《「火の鳥」からの3曲》の編曲を献呈される。1914年に、ベヒシュタインホールにおいてルービンシュタインのリサイタルに何度か出演し、そのうち一つは同時代の音楽のみを演奏した[6]

1916年にシマノフスキから《ヴァイオリン協奏曲第1番》を献呈され、この作品のためにカデンツァを創っている。同年アウアーの後任教授として1918年までペテルブルク音楽院に赴任。1919年から1920年まではキエフ音楽院の教壇に立った[1]

ロンドンとニューヨークへ[編集]

1920年に短期間ロンドンに定住し、ルービンシュタインと共同してウィグモア・ホールでリサイタルを開く。ロンドンではシマノフスキとも再会し、妻ゾシアも加わりブライトンに集った。シマノフスキとは1921年1月にウィグモア・ホールで共同リサイタルを開き[7]、数週間後に4人でニューヨークに向けて出発した。ポール・ドレーパーと(コハンスキのアメリカでのマネージャー)ジョージ・エンジェルスが待ち受けており、コハンスキとルービンシュタインは直ちに現地の音楽界に巻き込まれ、間もなくエルネスト・ブロッホの《ヴァイオリンソナタ第1番英語版》の世界初演を行なった。コハンスキーはカーネギー・ホールでのデビューでブラームスの《ヴァイオリン協奏曲》を演奏して大旋風を捲き起こし、すぐさま引く手あまたの演奏家となった。4人はイギリスに引き返したが、秋にはニューヨークに戻った。コハンスキーは1922年4月にブエノスアイレスでも演奏した[8]。この頃から活動拠点をニューヨークに移し、1924年から没年までジュリアード音楽学校で教鞭を執った[1]

1933年、すでにに蝕まれていたにもかかわらず、シマノフスキの《ヴァイオリン協奏曲 第2番》の完成を助けて、その初演を行なった。

1934年に逝去。47歳であった。

ジュリアード音楽学校で無宗教による学校葬が行われ、1,500人が列席した。その中に、フリッツ・クライスラーエフレム・ジンバリストヤッシャ・ハイフェッツといったヴァイオリニストばかりでなく、フランク・ダムロッシュウォルター・ダムロッシュセルゲイ・クーセヴィツキーアルトゥーロ・トスカニーニウラディミール・ホロヴィッツといった錚々たる顔触れの音楽家が集まった[9]

シマノフスキの《ヴァイオリン協奏曲 第2番》がコハンスキーの死後になって出版された時、故人を偲ぶ感動的な献辞が出版譜に掲げられた。

ルービンシュタインはコハンスキーを最愛の親友と呼んで慕っていた。ルービンシュタインによるとコハンスキーは真っ正直な人間を好み、トランプ遊びが好きで、時々大胆なことを口走ったという。

評価[編集]

ジュリアード音楽学校のジョン・アースキン博士は次のように述懐する。

(コハンスキーの)演奏や指導がどんなに素晴らしかったことか。思うに、彼は、我々が理解している以上の巨人だったのだ。彼が生きていたなら、興味を注いでいた作曲で名を揚げただろう。[1]

草稿[編集]

ワルシャワのポーランド国会図書館の音楽部門では、コハンスキーの自筆原稿が蒐集されている。ポーランド文化省と国家遺産局は、1988年12月に、ニューヨークのサザビーズからコハンスキーの手書きの作品を買い取り、国会図書館に収蔵した[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Kochański's Collaborative Work from the Polish Music Journal
  2. ^ H. Sachs, Arthur Rubinstein - A Life (Phoenix paperbacks, London 1997, 64).
  3. ^ A. Eaglefield-Hull, A Dictionary of Modern Music and Musicians (Dent, London 1924).
  4. ^ Sachs, ibid.
  5. ^ Sachs 1997, 103.
  6. ^ Sachs 1997, 133, 140, 142.
  7. ^ Sachs 1997, 197.
  8. ^ Sachs, ibid., 200-212.
  9. ^ Sachs, ibid., 250.