ヴァイオリンソナタ第9番 (ベートーヴェン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴァイオリンソナタ第9番 イ長調 作品47は、ベートーヴェン1803年の作品。ヴァイオリニストルドルフ・クロイツェルに捧げられたため、『クロイツェル』と呼ばれている。ベートーヴェン自身のつけた題は『ほとんど協奏曲のように、相競って演奏されるヴァイオリン助奏つきのピアノ・ソナタ』である。

概要[編集]

ベートーヴェンの作曲したヴァイオリンソナタの中では、第5番「春」と並んで知名度が高い。

ベートーヴェンは生涯で10曲のヴァイオリンソナタを書いたが、特にこのクロイツェルは規模が大きく、王者の風格をそなえており、ヴァイオリンソナタの最高傑作であるとされる。ベートーヴェン以前の古典派のヴァイオリンソナタは、あくまでも「ヴァイオリン助奏つきのピアノソナタ」であり、ピアノが主である曲が多いが、この曲はベートーヴェン自身がつけた題の通り、ヴァイオリンとピアノが対等であることが特徴的である。技術的にも高度なテクニックが要求される。

ロシアの文豪レフ・トルストイによる小説『クロイツェル・ソナタ』は、この曲に触発されて執筆された作品である。嫉妬心にかられ妻を殺してしまった夫の悲劇が描かれている。ヤナーチェクはこの小説に刺激を受けて、弦楽四重奏曲第1番『クロイツェル・ソナタ』を作曲している。

作曲の経緯[編集]

この曲は、当時イギリスのプリンス・オブ・ウェールズ(のちのジョージ4世)に仕えていたジョージ・ブリッジタワーが、ウィーンで演奏会を行うにあたって急遽作曲された。作曲が間に合わず、初演の幕が開く寸前まで作曲が行われた。初演では、第1・第2楽章の一部は、大まかにだけ書かれた手書きの楽譜を元に即興的に演奏された。第3楽章は、自身の「ヴァイオリンソナタ第6番イ長調作品30-1」の終楽章であったものを転用した。

ベートーヴェンはこの曲を当初はブリッジタワーに捧げる予定だったが、実際にはクロイツェルに献呈されている。ブリッジタワーの証言によると、ある女性をめぐる対立から不仲となったため献呈者をクロイツェルに変えたという。また、ベートーヴェンがこの年パリへ行く予定だったので、その前に当時フランスで著名なヴァイオリニストであったクロイツェルと親交を深めておこうとしたという事情もあった。しかし、いずれにしても、クロイツェル自身は一度もこの曲を演奏することはなかった。

曲の構成[編集]

第1楽章 Adagio sostenuto - Presto - Adagio 
イ長調(実質的にはイ短調)。4分の3拍子。ソナタ形式。イ長調の重厚な和音で始まるが、すぐにイ短調に転調し緩やかな序奏が終わる。主部はイ短調のプレストでヴァイオリンの激しい動きだけでなく、ピアノにも豪華なクロマチックを求めている。展開部は第一主題の発展であるが盛り上がりを見せる。ヴァイオリンは音量が小さいのでピアノに伍するために重音を活用しているが、ピアノはユニゾンで単純抑制された役に徹している。随所にAdagioの部分を挟むことで単調さを避けている。効果的な緩急自在によって中期の傑作といわれている。
第2楽章 Andante con variazioni  
ヘ長調。4分の2拍子。変奏曲形式。穏やかな主題が提示されたあと変奏が始まる。第2変奏でヴァイオリンは高音域で存在を誇示している。
第3楽章 Presto 
イ長調。8分の6拍子。ソナタ形式。輝かしいタランテラ。終楽章にタランテラを設けるのは中期の作曲者に多く見られる技法である。ここでも適宜拍子を替えて緩徐な部分を挿入し、変化をつけてタランテラの野卑さを抑えている。

初演[編集]

初演は1803年ウィーンでブリッジタワーのヴァイオリンと作曲者自身のピアノによって行われた。

Beethoven - opus47-1 01.ogg Opus 47 — 1[ヘルプ/ファイル]

Beethoven - opus47-2 02.ogg Opus 47— 2[ヘルプ/ファイル]

Beethoven - opus47-3 03.ogg Opus 47— 3[ヘルプ/ファイル]

外部リンク[編集]