ロドルフ・クレゼール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロドルフ・クレゼール

ロドルフ・クレゼールまたはロドルフ・クロイツェルRodolphe Kreutzer, 1766年11月16日 ヴェルサイユ - 1831年1月6日 ジュネーヴ)は、フランスヴァイオリニスト作曲家指揮者

フランス宮廷礼拝堂の楽団員であった、シュレージエン出身のドイツ人の父親から音楽の手ほどきを受け、後にアントン・シュターミッツに師事した。当時としては最も進歩的なヴァイオリンヴィルトゥオーゾで、1810年まで独奏者として活躍した。ウィーンでその演奏に接したベートーヴェンから、1803年のヴァイオリン・ソナタ(いわゆるクロイツェル・ソナタ)を献呈されている[1]。一時期パリ・オペラ座管弦楽団のコンサートマスターを務めた後、1817年からその指揮者に転向した。

1795年から1826年まで、パリ音楽院の設立以来のヴァイオリン科教授を務める。ピエール・ロードピエール・バイヨらと共に、ヴァイオリン奏法の教則本を執筆。この3人は、フランス・ヴァイオリン楽派の基礎を作った“聖三位一体”と見なされている。

弟ジャン・ニコラ・オギュスト(Jean Nicolas Auguste Kreutzer, 1778年 - 1832年)はヴァイオリニスト・作曲家、甥レオン・シャルル・フランソワ(Léon Charles François Kreutzer, 1817年 - 1868年)はフランスの音楽評論家である。

作品[編集]

  • 42の奇想曲もしくは練習曲 42 Études ou Caprices (1796年)--- 教育用の作品
  • 19 のヴァイオリン協奏曲
  • 室内楽曲
  • 40のオペラ
    • オルレアンのジャンヌ・ダルク Jeanne d'Arc à Orléans (1790)
    • ポールとヴィルジニー Paul et Virginie (1791)
    • ロドイスカ、または韃靼人 Lodoïska ou Les Tartares (1791)

脚注[編集]

  1. ^ 本来はイギリスの黒人ヴァイオリン奏者ジョージ・ブリッジタワーのために作曲された作品だったが、ベートーヴェンとブリッジタワーの不和から、クロイツェルに変更された。だがクロイツェルは一度もこの作品を演奏しなかったと言われる。

外部リンク[編集]