ピエール・バイヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ピエール・バイヨ

ピエール・マリー・フランソワ・ド・サレ・バイヨ(Pierre Marie François de Sales Baillot、1771年10月1日 - 1842年9月15日)は、フランスヴァイオリン奏者作曲家

フランス、パリパッシーに生まれた。ヴァイオリンをジョヴァンニ・バッティスタ・ヴィオッティに学んだ後、パリ音楽院でヴァイオリンを教え、同じくヴィオッティの弟子だったピエール・ロードロドルフ・クロイツェルとともに、パリ音楽院ヴァイオリン科のための教本『ヴァイオリン演奏の方法論』を執筆し、1802年に出版された。その他、著作として、「ヴァイオリンの芸術」(1834年)がある。

また、ソロ・リサイタルだけでなく、オペラの指揮者、室内楽の演奏者としても活躍した。パリで没した。