ヴァイオリンソナタ第8番 (ベートーヴェン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンヴァイオリンソナタ第8番ト長調作品30-3は第7番同様にロシア皇帝アレクサンドル1世に献呈された「アレキサンダー・ソナタ」の一つ。

曲の構成[編集]

第6番以来の連作として、深刻な前作と調整をとっており明るく簡潔な曲想。室内楽の華やかさが特徴で、技術上の負担が少ないことから演奏機会は多い。

第1楽章 Allegro assai
原調ソナタ形式。8分の6拍子。主題がピアノとのユニゾンで力強く登場。初期の作者らしく主和音のアルペジョで理解しやすいもの。第二主題は穏やかなC-H-E-D-C-H-H-Gis-A-A-H-Cの跳躍のない音型。展開部は遠隔調イ短調
第2楽章 Tempo di minuetto ma molto moderato e grazioso
静かな緩徐楽章。変ホ長調。4分の3拍子。付点リズムが特徴的な複合三部形式。ピアノとヴァイオリンが交互にG-As-F-B-D-Esの主題を奏でる。
第3楽章 Allegro vivace
活気に満ちた律動的な楽章。時に「熊のダンス」と呼ばれる。4分の2拍子。原調。ロンド形式

外部リンク[編集]