エド・デ・ワールト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エド・デ・ワールトEdo de Waart, 1941年6月1日 - )は、オランダ指揮者。管弦楽曲とオペラの両面で活躍しており、とりわけオーケストラ・ビルダーとして傑出した能力で知られており、それまで二流の地位に甘んじてきた数々のオーケストラを、超一流のアンサンブルへと育ててきた。

アムステルダムスウェーリンク音楽院オーボエピアノを学び、1962年に卒業する。翌年、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の次席オーボエ奏者に任命される。1964年に23歳で、ニューヨークの国際ディミトリー・ミトロプーロス指揮コンクールで優勝。賞の一部として、ニューヨーク・フィルハーモニックレナード・バーンスタインの助手を1年間経験する。オランダに帰国後、ベルナルト・ハイティンクのもとコンセルトヘボウ管弦楽団の指揮者助手に任命される。

1967年オランダ管楽合奏団ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の二つの団体の指揮者に任命され、1973年から1985年までロッテルダム・フィルの音楽監督に就任する。1975年サンフランシスコ交響楽団におけるデビューを果たし、翌年から首席客演指揮者に、1977年から1985年まで音楽監督に就任する。1986年から1995年までミネソタ管弦楽団の首席指揮者を務める。1989年オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任。1995年から2004年までシドニー交響楽団の首席指揮者ならびに芸術顧問を務める。2004年より香港フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督を(2012年に退任)、さらに2009年よりミルウォーキー交響楽団の音楽監督に就任した。また2011年よりロイヤル・フランダース・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者に就任した。


これまでに、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団フィルハーモニア管弦楽団ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団スイス・ロマンド管弦楽団ボストン交響楽団クリーヴランド管弦楽団ロサンジェルス・フィルハーモニックシカゴ交響楽団などの、世界各地の主要なオーケストラを指揮している。

20世紀音楽の熱心な擁護者として、サンフランシスコ時代にジョン・アダムズスティーヴ・ライヒらの作品を初演・録音した。オペラ指揮者としても頻繁に活躍、1971年にサンタフェ・オペラでデビューして以来、1975年ヒューストン・グランド・オペラ1976年コヴェント・ガーデン王立歌劇場1979年バイロイト音楽祭に出演。1980年には《ニーベルングの指環》4部作をサンフランシスコ・オペラで上演した。近年は、バスティーユ歌劇場で《薔薇の騎士》を、メトロポリタン歌劇場で《フィガロの結婚》を上演したほか、アムステルダムで《フィデリオ》、《トロイアの人々》、《ウェルテル》、《蝶々夫人》、《カーチャ・カバノヴァー》、《マクロプーロス事件》、《ピーター・グライムズ》を制作した。そのほかにも最近では、ジュネーブ大劇場で《ボリス・ゴドゥノフ》を、ザルツブルク音楽祭で《フィガロの結婚》を、サンタフェ・オペラで《ベアトリスとベネディクト》を上演。シドニーでは、1995年より演奏会形式で《指環》4部作を指揮し、2000年度シドニー・オリンピック芸術祭の一部として上演された《神々の黄昏》において、このプロジェクトを頂点へと至らしめた。

2002年3月に、1999年より就任してきたネーデルラント・オペラ首席指揮者の地位を2004年に去ると宣告。辞任の理由として、家庭人として幼い2人の子供との時間を大切にしたいとの旨が述べられた。しかしながら「トロウTrouw 」紙のインタビューに応じて、ネーデルラント・オペラ支配人のピエール・オーディ(Pierre Audi)と《ローエングリン》や《蝶々夫人》の理想的な上演をめぐって不和が生じたことに触れ、「方向性において人間性や感情を」読み違えたと述べた。

サンフランシスコ交響楽団や、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団、オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団、シドニー交響楽団と共演して制作した録音は、膨大な数に残る。上記の現代音楽のほかに、グリーグリヒャルト・シュトラウスラフマニノフなどのレパートリーを得意とするが、近年はいわゆる「シンフォニック・ワーグナー」をシリーズ化し、《指環》・《トリスタンとイゾルデ》・《パルジファル》の3作の管弦楽抜粋版を録音、発表されたCDはコンセプチュアル・アート風のジャケットとあいまって音楽愛好家の目と耳を驚かせた。

先代:
ハルトムート・ヘンヒェン
ネーデルラント・オペラ首席指揮者
1999年 - 2004年
次代:
インゴ・メッツマッハー
先代:
サミュエル・ウォン(黃大德) 
香港フィルハーモニー管弦楽団音楽監督
2004年 - 2012年
次代:
ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン 
先代:
ケニス・モントゴメリー
サンタフェ・オペラ首席指揮者
2007年 - 2014年
次代:
Harry Bicket
先代:
 アンドレアス・デルフス 
ミルウォーキー交響楽団音楽監督
2009年 -
次代: