ベアトリスとベネディクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ベアトリスとベネディクト』(Béatrice et Bénédict )は、エクトル・ベルリオーズが作曲した2幕からなるオペラ1860年から1862年にかけて作曲され、ベルリオーズが最後に完成した大作となった(この作品の後に書かれたのは2、3の声楽曲のみである)。「シェイクスピア風のオペラ」(Opéra imité de Shakespeare )と銘打っており、シェイクスピア戯曲空騒ぎ』を原作としてベルリオーズ自身がフランス語リブレットを書いた。

作曲と初演[編集]

1860年の夏、ベルリオーズはバーデン=バーデンの音楽祭に赴いた際、音楽祭の主催者で同地のカジノの支配人であったエドゥアール・ベナツェから、新たに建設される劇場のための短いオペラの作曲を依頼された。ベルリオーズはこの依頼を受けると、ローマ留学を終えて間もない1833年に着想したもののそれきりになっていた『空騒ぎ』のオペラ化を実現することに決め、パリへ戻るとただちに作曲に取りかかった。持病や評論の仕事、『トロイアの人々』の上演交渉などで作曲はしばしば中断したが、約1年半後の1862年2月に完成した。

初演は1862年8月9日、バーデン=バーデンの新劇場で、ベルリオーズ自身の指揮によって行われた。パリの初演はベルリオーズの死後、1890年のことになった。

編成[編集]

フルート2(ピッコロ1持ち替え)、オーボエ2(コーラングレ1持ち替え)、クラリネット2、ファゴット2、ヴァルヴホルン2、ナチュラルホルン2、ヴァルヴトランペット2、コルネット1、トロンボーン3、ティンパニ大太鼓シンバルタンブリンギターハープ2、弦五部

登場人物[編集]

  • ドン・ペドロ:シチリア軍の司令官(バス
  • クローディオ:司令官の副官(バリトン
  • ベネディクト:シチリア軍の将校、クローディオの友人(テノール
  • レオナート:メッシーナの総督(語り)
  • エロー:レオナートの娘(ソプラノ
  • ベアトリス:レオナートの姪(ソプラノ)
  • ソマローネ:楽長(バス)
  • ウルスル:エローの侍女(メゾソプラノ
  • 使者
  • 書記
  • 召使(2名)
  • 楽師たち
  • 合唱:混声6部合唱(ソプラノ2部、テノール2部、バス2部)
  • シチリアの人々、総督の宮殿の紳士淑女

演奏時間[編集]

序曲と第1幕:約64分、第2幕:約36分。計:約1時間40分。

参考文献[編集]