オペラ・コミック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュール・マスネのオペラ・コミック『サッフォー』のポスター

オペラ・コミックOpéra comique, 複数形:Opéra comiques)は、フランスの、歌以外の台詞を含むオペラの一形態。「オペラ・コミーク」という表記もある。サン・ジェルマン、サン・ローレン市場の劇場(さらに限定するとコメディ・イタリアン)の人気ヴォードヴィルから誕生した。最初にこの名前が使われたのはアラン=ルネ・ルサージュの『Télémaque(テレマック)』(1715年)だが、その伝統は20世紀まで続いた。

パリにあった劇場オペラ=コミック座と関係していて、元来は名前通りに滑稽で軽いものが主であったが、18世紀終盤のフランス革命期からは英雄的で真面目な内容のものが増え、伝統的なオペラとの違いはレチタティーヴォではなく台詞を用いること程度になってゆく。事実、おそらく最も有名なオペラ・コミックであろう『カルメン』は悲劇である。

代表的なオペラ台本作家[編集]

代表的な作曲家[編集]