ニコラ=シャルル・ボクサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボクサ、1842年

ロベール・ニコラ=シャルル・ボクサ(Robert Nicolas-Charles Bochsa, 1789年8月9日 - 1856年1月6日)は、19世紀フランス作曲家ハープ奏者。波瀾万丈の生涯を送り、世界各地を転々とした。

生涯[編集]

1789年にモンメディで生まれる。神童ハープ奏者として活躍した後、1813年ナポレオン1世の宮廷楽団のハープ奏者に任命され、オペラの作曲に着手する。しかしながら1817年通貨偽造結婚詐欺(または重婚)、文書偽造への連坐により、告訴を免れるためにイングランドに逃亡。欠席裁判によって懲役刑が課された。

フランス法から無事に逃れてロンドンに上陸、1821年王立音楽アカデミー開設に協力して学長を務めるが、1826年に前歴が発覚したため、辞職せざるを得なくなる。その後はロンドン王立劇場の音楽監督に就任している。

1839年に再びスキャンダルに関与、今度はオペラ作曲家ヘンリー・ビショップの夫人でオペラ歌手アンナ・リヴィエラと駆け落ちして、海外に逃亡したのである。ふたりは(フランス以外の)ヨーロッパアメリカ合衆国で演奏活動を行い、1855年12月にゴールドラッシュに沸くシドニーに上陸した。しかし、オーストラリアでは1回しか演奏旅行を行うことができなかった。シドニーでボクサが急死したからである。アンナ・ビショップはシドニーのキャンパーダウン墓地に、彫刻をあしらったボクサの墓碑銘を贈っている。

外部リンク[編集]