サンドリーヌ・ピオー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サンドリーヌ・ピオーまたはピオSandrine Piau, 1965年6月5日 イシー=レ=ムリノー – )は、フランス声楽家ソプラノの声域を持つオペラ歌手である。

略歴[編集]

ハープ奏者としての訓練を受けたが、コレージュ・ラマルティーヌとパリ音楽院において声楽を学んだ。

ウィリアム・クリスティエクサンプロヴァンス音楽祭において共演するなど、バロック・オペラのレパートリーでとりわけ名高い。その後もヨーロッパにおける古楽復興の立役者たち、たとえばマルク・ミンコフスキフィリップ・ヘレヴェッヘフランス・ブリュッヘンポール・マクリーシュアラン・カーティストン・コープマンクリストフ・ルセルネ・ヤーコプスファビオ・ビオンディらと共演してきた。

近年では、ヨハン・ゼバスティアン・バッハクリストフ・ヴィリバルト・グルックヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトといった18世紀の音楽だけでなく、カール・マリア・フォン・ウェーバーのような19世紀ロマン派音楽クロード・ドビュッシーベンジャミン・ブリテンのような20世紀の音楽にまでレパートリーを拡げている。大きな舞台でオペラやコンサートを行い、これまでにロンドンボローニャボルドーで活動したほか、ザルツブルクモントルードロットニングホルムドレスデン音楽祭にも出演している。また、フライブルク・バロック管弦楽団ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団といったオーケストラや、クルト・マズアディエゴ・ファソリスといった指揮者とも共演した。

2006年にフランス政府より芸術文化勲章を受勲した。

外部リンク[編集]