クリストフ・ルセ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クリストフ・ルセ(Christophe Rousset,1961年 - )は、フランスアヴィニョン生まれのチェンバロ奏者・指揮者

1983年にブルージュ国際チェンバロコンクールに優勝、同時にオーディエンス・グランプリを獲得したのは、スコット・ロス以来の快挙である。 一時期はウィリアム・クリスティ率いるレザール・フロリサンの通奏低音奏者をつとめていた。

1991年に古楽演奏団体「レ・タラン・リリク(Les Talens Lyriques)」を創設、ラモーをはじめとする17世紀18世紀の楽曲の演奏に力を注いでいる。

古楽の奏者としてはもっとも録音の多い音楽家のひとりである。